ウエストワールド3|ネタバレやあらすじ!解説や新キャストも紹介!

カオスが世界を支配する!

シーズン1『第69回 エミー賞』ドラマシリーズ5部門受賞!

『録音賞』『視覚効果賞』『インタラクティブメディア賞』『メークアップ賞』『ヘアスタイリング賞』

シーズン2『第70回 エミー賞』ドラマシリーズ4部門受賞!

『助演女優賞』『インタラクティブメディア賞』『ヘアスタイリング賞』『メークアップ賞』

製作総指揮『J・J・エイブラムズ』『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

『ジョナサン・ノーラン』『ダークナイト』シリーズ

総製作費『100億円』全米視聴者数『1200万人』

『ゲーム・オブ・スローンズ』を凌ぐ『HBO』史上No.1視聴者数!

SFドラマ『ウエストワールド』

謎を秘めたストーリー展開、海外ドラマファン必見!

圧倒的なスケールとクオリティで描く!

超大作リミットレス・アクションサスペンス!

ウエストワールド3|ネタバレやあらすじ!解説や新キャストも紹介!

紹介していきたいと思います。

『ウエストワールド』ネタバレ・あらすじ


『シーズン1』

時系列の異なる複数の物語、巨大アトラクション『ウエストワールド』

西部劇の世界の住人役アンドロイドの『ホスト』

高額の料金を払って来場した人間の『ゲスト』

アトラクションの『スタッフ』の視点から、描かれています。

農場の娘『ドロレス・アバーナシー』

ボーイフレンド『テディ・フラッド』

娼館のマダム『メイヴ・ミレイ』

ゲストに『暴行』『傷害』『殺害』を受け、修復され記憶をリセットされる。

何度も同じシナリオを繰り返すうちに、自分たちの世界の異常さに気付き始める。

『黒服の男』は、ドロレスやテディと関わり、ホストを殺して体内から謎の回路を集める。

『ウィリアム』は、友人『ローガン・デロス』に誘われ、ウエストワールドに来て、ドロレスと出会い恋に落ちる。

アトラクションの外では、スタッフたちがホスト達の異変に気付き、対応に追われる。

デロス社の経営陣と、運営方針を巡って争う、ウエストワールド創設者『ロバート・フォード博士』

密かに、ホストの反乱を企てていた。

デロス社から派遣された重役『シャーロット・ヘイル』

ウエストワールドのオペレーション責任者『テレサ・カレン』を引き込み、フォード博士を退任に追い込もうと画策する。

プログラム責任者『バーナード・ロウ』

フォード博士のかつての同僚『アーノルド』に基づいて作られたアンドロイドで、

黒服の男は、年月を経たウィリアムであることが分かる。

やがて、ホスト達の反乱が始まり、フォード博士も殺される・・・


『シーズン2』

引き続き、時系列の異なる複数の物語が描かれます。

若い頃の『ウィリアム』は、友人『ローガン・デロス』の父で富豪『ジェームズ・デロス』の娘と結婚。

義父から、ウエストワールドの経営を任される。

現在、老いたウィリアムは、黒服の男としてウエストワールド内を彷徨い、フォードとのゲームを戦う。

『ドロレス』は、ホストたちを率いて反乱を起こし、ゲストやスタッフたちを惨殺する。

『メイヴ』は、協力するスタッフたちとともに娘を探し、ウエストワールドとショーグンワールドを彷徨う。

『シャーロット』は、デロス社の増援とともに、反乱を制圧してパークの秩序を取り戻そうとする。

『バーナード』は、死んだフォード博士の残したプログラムに干渉され続ける。

パークを訪れたゲストたちの人格は、デジタル化され保存されて、ホスト及び仮想現実の中で再生が試みられる。

ドロレスは、人間を倒してホスト達を現実世界で解放しようとする。

バーナードは、ホスト達の人格データを仮想現実に送り込んで解放する。

デロス社は、ホストの反乱を鎮圧したかに見えたが、

シャーロットは殺されて、ドロレスの人格を持つホストに置き換えられていた・・・


『シーズン3』

近未来的な街並みから『シャーロット』が登場する。

『ドロレス』は、意味深な表情を浮かべる。

ナチス占領下と思われる街並みが登場。

道路には戦車があり、市民が軍人に降伏しているような様子が描かれている。

これは新たなる世界の登場か、それとも誰かの記憶の断片なのか・・・

監督ジョナサン・ノーラン(Jonathan Nolan)
出身イングランド・ロンドン
生年月日1976年6月6日
経歴兄は、映画監督『クリストファー・ノーラン』
主に脚本家として、兄の作品に関わる。

主な作品
2000年『メメント』原案
2006年『プレステージ』脚本
2008年『ダークナイト』脚本
2012年『ダークナイト ライジング』 脚本
2014年『インターステラー』脚本
ドラマ
2011年-2016年『PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット』原案・脚本・製作総指揮
2016年-『ウエストワールド』監督・脚本・製作総指揮

『ウエストワールド』キャスト

ドロレス・アバーナシー『エヴァン・レイチェル・ウッド』

名前エヴァン・レイチェル・ウッド(Evan Rachel Wood)
出身アメリカ・ノースカロライナ州・ローリー
生年月日1987年9月7日
経歴『第61回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ドラマ部門)(ノミネート)
『第10回 全米映画俳優組合賞』主演女優賞(ノミネート)
『サーティーン あの頃欲しかった愛のこと』
2012年『ゴールデングローブ賞』助演女優賞
(シリーズ・ミニシリーズ・テレビ映画)(ノミネート)
2011年『エミー賞』助演女優賞(ミニシリーズ・映画)(ノミネート)
『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』
2017年『ゴールデングローブ賞』主演女優賞
(テレビシリーズドラマ部門)(ノミネート)
2017年『サターン賞』助演女優賞(テレビ部門)(ノミネート)
『第69回 エミー賞』主演女優賞(テレビシリーズ)(ノミネート)
『第70回 エミー賞』主演女優賞(テレビシリーズ)(ノミネート)
『ウエストワールド』

主な出演作品
1998年『ウィズ・ユー』『プラクティカル・マジック』
2002年『ひみつの番人』『シモーヌ』
2003年『ミッシング』『サーティーン あの頃欲しかった愛のこと』
2005年ママが泣いた日』
2006年『ハサミを持って突っ走る』『ダウン・イン・ザ・バレー』
2007年『カリフォルニア・トレジャー』『アクロス・ザ・ユニバース』
『ダイアナの選択』
2008年『レスラー』
2009年『人生万歳!』
2010年『声をかくす人』
2011年『スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜』
2013年『バレット・オブ・ラヴ』『ウソはホントの恋のはじまり』
2015年『スイッチ・オフ』
2020年『Kajillionaire』

シャーロット・ヘイル『テッサ・トンプソン』

名前テッサ・トンプソン(Tessa Thompson)
出身アメリカ・カリフォルニア州・ロサンゼルス
生年月日1983年10月3日
経歴2011年『ブラックリール賞』ブレイクスルー賞
『For Colored Girls』
2014年『アフリカン・アメリカン映画批評家協会』ブレイクスルー賞
2015年『ブラックリール賞』主演女優賞(ノミネート)
『ディア・ホワイト・ピープル』
2015年『アフリカン・アメリカン映画批評家協会』助演女優賞
2016年『ブラックリール賞』助演女優賞
『クリード チャンプを継ぐ男』
2018年『サターン賞』助演女優賞(ノミネート)
2018年『ブラックリール賞』助演女優賞(ノミネート)
『マイティ・ソー バトルロイヤル』
2018年『英国アカデミー賞』ライジングスター賞(ノミネート)
2018年『ブラックリールテレビ賞』助演女優賞(ドラマシリーズ)(ノミネート)
『ウエストワールド』

主な出演作品
2006年『ストレンジャー・コール』
2008年『メイク・イット・ハプン!』『愛人契約』
2010年『リバイブ -死者蘇生-』『For Colored Girls』
2014年『ディア・ホワイト・ピープル』
『グローリー/明日への行進』
2015年『クリード チャンプを継ぐ男』
2016年『バッドガイズ!!』
2017年『マイティ・ソー バトルロイヤル』
2018年『ホワイト・ボイス』『アナイアレイション -全滅領域-』
『ヘヴィ・ドライヴ』『クリード 炎の宿敵』
2019年『アベンジャーズ/エンドゲーム』
『メン・イン・ブラック:インターナショナル』
『ビトウィーン・トゥ・ファーンズ: ザ・ムービー』
2020年『Sylvie’s Love』
2021年『Thor: Love and Thunder』

バーナード・ロウ『ジェフリー・ライト』

名前ジェフリー・ライト(Jeffrey Wright)
出身アメリカ・ワシントンD.C.
生年月日1965年12月7日
経歴『第61回 ゴールデングローブ賞』助演男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画)
『第56回 エミー賞』助演男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画)
『エンジェルス・イン・アメリカ』
2017年『サターン賞』助演男優賞(テレビ部門)(ノミネート)
2019年『サターン賞』主演男優賞(テレビシリーズ)(ノミネート)
『第69回 エミー賞』助演男優賞(ドラマシリーズ)(ノミネート)
『第70回 エミー賞』主演男優賞(ドラマシリーズ)(ノミネート)
『ウエストワールド』

主な出演作品
1990年『推定無罪』
1992年『ブロンクス/破滅の銃声』
1996年『バスキア』
1998年『ニューヨーク デイドリーム』『セレブリティ』
『ショコラーデ』
1999年『楽園をください』
2000年『ハムレット』『クライム・アンド・パニッシュメント』
『シャフト』
2001年『ALI アリ』
2002年『D-TOX』
2004年『クライシス・オブ・アメリカ』
2005年『ブロークン・フラワーズ』『シリアナ』
2006年『レディ・イン・ザ・ウォーター』『007 カジノ・ロワイヤル』
2007年『インベージョン』
2008年『ブッシュ』『007 慰めの報酬』
『キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語』
2011年『ミッション:8ミニッツ』
『スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜』
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』
2013年『ブロークンシティ』『ハンガー・ゲーム2』
『転落の銃弾』
2014年『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』
『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』
2015年『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』
2018年『All Rise』『The Public』『ゲーム・ナイト』『Friday’s Child』
『O.G. オリジナル・ギャングスター』『ホールド・ザ・ダーク そこにある闇』
2019年『ザ・ランドロマット』『ザ・ゴールドフィンチ』
2020年『ザ・フレンチ・ディスパッチ』『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』
『All Day and a Night』
2021年『The Batman』

メイヴ・ミレイ『タンディ・ニュートン』

名前タンディ・ニュートン(Thandie Newton)
出身イングランド・ロンドン
生年月日1972年11月6日
経歴2006年『英国アカデミー賞』助演女優賞
2006年『ロンドン映画批評家賞』助演女優賞
『クラッシュ』
2018年『英国テレビアカデミー賞』 主演女優賞(ノミネート)
『ライン・オブ・デューティ』
2017年『サターン賞』助演女優賞(テレビ部門)(ノミネート)
『第69回 エミー賞』助演女優賞(ドラマシリーズ)(ノミネート)
『第70回 エミー賞』助演女優賞(ドラマシリーズ)
2017年『ゴールデングローブ賞』助演女優賞
(テレビ部門シリーズ・リミテッドシリーズ)(ノミネート)
2019年『ゴールデングローブ賞』助演女優賞
(テレビ部門シリーズ・リミテッドシリーズ)(ノミネート)
『ウエストワールド』

主な出演作品
1991年『ニコール・キッドマンの恋愛天国』
1993年『プレイデッド』
1994年『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』
1995年『ジェファソン・イン・パリ』
1996年『妻の恋人、夫の愛人』『グリッドロック』
1998年『シャンドライの恋』『愛されし者』
2000年『ミッション:インポッシブル2』
2002年『シャレード』
2003年『シェイド』
2004年『リディック』『クラッシュ』
2006年『幸せのちから』
2007年『マッド・ファット・ワイフ』
『ラン・ファットボーイ・ラン 走れメタボ』
2008年『ロックンローラ』『ブッシュ』
2009年『2012』
2011年『リセット』『リトリート・アイランド』
2018年『グリンゴ/最強の悪運男』
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』

黒服の男『エド・ハリス』

名前エド・ハリス(Ed Harris)
出身アメリカ・ニュージャージー州
生年月日1950年11月28日
経歴1990年『ゴールデングローブ賞』助演男優賞(ノミネート)
『ジャックナイフ』
1991年『サターン賞』主演男優賞(ノミネート)
『アビス』
1996年『アカデミー賞』助演男優賞(ノミネート)
1996年『ゴールデングローブ賞』助演男優賞(ノミネート)
『アポロ13』
1999年『アカデミー賞』助演男優賞(ノミネート)
1999年『ゴールデングローブ賞』助演男優賞
1999年『英国アカデミー賞』助演男優賞(ノミネート)
1999年『サターン賞』助演男優賞(ノミネート)
『トゥルーマン・ショー』
2001年『アカデミー賞』主演男優賞(ノミネート)
『ポロック 2人だけのアトリエ』
2003年『アカデミー賞』助演男優賞(ノミネート)
2003年『ゴールデングローブ賞』助演男優賞(ノミネート)
2003年『英国アカデミー賞』助演男優賞(ノミネート)
『めぐりあう時間たち』
『第40回 全米批評家協会賞』助演男優賞
『ヒストリー・オブ・バイオレンス』
2005年『エミー賞』主演男優賞
(ミニシリーズ・映画部門)(ノミネート)
2006年『ゴールデングローブ賞』主演男優賞
(ミニシリーズ・テレビ映画部門)(ノミネート)
2006年『全米映画俳優組合賞』男優賞
(ミニシリーズ・テレビ映画)(ノミネート)
『追憶の街 エンパイア・フォールズ』
2012年『エミー賞』助演男優賞
(ミニシリーズ・映画部門)(ノミネート)
2013年『ゴールデングローブ賞』助演男優賞
(シリーズ・ミニシリーズ・テレビ映画部門)
2013年『全米映画俳優組合賞』男優賞
(ミニシリーズ・テレビ映画)(ノミネート)
『ゲーム・チェンジ 大統領選を駆け抜けた女』
2017年『サターン賞』助演男優賞(テレビ部門)
2019年『サターン賞』助演男優賞(テレビシリーズ)(ノミネート)
『第70回 エミー賞』主演男優賞(ドラマシリーズ)(ノミネート)
『ウエストワールド』

主な出演作品
1978年『コーマ』
1980年『ボーダーライン』
1981年『ナイトライダーズ』
1982年『クリープショー』
1983年『ライトスタッフ』『アンダー・ファイア』
1984年『スイング・シフト』『プレイス・イン・ザ・ハート』
1985年『コードネームはエメラルド』『アラモベイ』
『ジェシカ・ラングのスウィート・ドリーム』
1987年『ウォーカー』
1988年『ワルシャワの悲劇 神父暗殺』
1989年『ジャックナイフ』『アビス』
1991年『ステート・オブ・グレース』『パリス・トラウト』
1992年『摩天楼を夢みて』
1993年『ザ・ファーム 法律事務所』『ニードフル・シングス』
1994年『チャイナ・ムーン』『ミルク・マネー』
1995年『理由』『アポロ13』『ニクソン』
1996年『レイジング・ブレット/復讐の銃弾』『ザ・ロック』
1997年『目撃』
1998年『トゥルーマン・ショー』『グッドナイト・ムーン』
『奇蹟の詩 サード・ミラクル』
2000年『ポロック 2人だけのアトリエ』『スターリングラード』
2001年『戦争のはじめかた』『ビューティフル・マインド』
2002年『めぐりあう時間たち』
2003年『ボブ・ディランの頭のなか』『白いカラス』
『僕はラジオ』
2005年『ヒストリー・オブ・バイオレンス』
2006年『敬愛なるベートーヴェン』
2007年『ゴーン・ベイビー・ゴーン』
『ザ・クリーナー 消された殺人』
『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』
2008年『アパルーサの決闘』
2010年『アメリカン・プリズン』『ウェイバック -脱出6500km-』
『バージニア その町の秘密』
2011年『サルベーション』『That’s What I Am』
2012年『崖っぷちの男』
2013年『スウィート・エンジェル』『ファントム/開戦前夜』
『ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金』『スノーピアサー』『フェイス・オブ・ラブ』
2014年『Frontera』『アナーキー』
2015年『ラン・オールナイト』『サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶』
2016年『Buried Child』『疑わしき戦い』『ハリウッド・スキャンダル』
2017年『A Crooked Somebody』『マザー!』
『さようなら、コダクローム』『ジオストーム』
2019年『The Last Full Measure』
2020年『Resistance』『トップガン マーヴェリック』

Sponsored Links

『ウエストワールド』解説や新キャストも紹介!

監督『マイケル・クライトン』主演『ユル・ブリンナー』

SF映画の古典として知られる『ウエストワールド』を原案に、新たな発想とストーリーで、展開されます!

物語の舞台は『近未来』

天才科学者『ロバート・フォード』博士が作った、体験型アトラクション!

暴力・セックス・殺人なんでもアリの『ウエストワールド』

1泊、約450万円の入園料を払い、来園する人間達『ゲスト』

人間そっくりに作られたアンドロイド『ホスト』がもてなす。

設定に沿って、細部まで完璧に再現されたアトラクション。

『ホスト』には、様々なキャラクターとシナリオがプログラミングされている。

ゲストが来る度に記憶はリセットされ、新たなシナリオに基づいて日常を繰り返す。

この世界で『ゲスト』は、欲望のまま行動する事が許されている。

運営する『デロス社』の精巧なAI技術と、厳重な管理体制によって、安全が保たれていたはずだったのだが・・・

『この世界は何かがおかしいように思える』

やがて、何人かのホスト達が、自我に目覚め始める。

プログラム上にはない、異常な行動を起こして行く。

現状に不満を持つパーク創設者も介入し、ホスト達は自由を求めて反乱を起こす・・・

シーズン2では『ウエストワールド』と並ぶアトラクション『ショーグン・ワールド』

イギリス領インド帝国のアトラクション『ザ・ラージ』も登場!

『ショーグン・ワールド』のホストには、日本人俳優が登場します!

元将軍配下の組頭で浪人『ムサシ』 『真田広之』

元芸者で置屋の女将『アカネ』『菊地凛子』

ムサシの配下で弓の名手『ハナリョウ』『TAO』

アカネの養女の芸者『サクラ』『祐真キキ』

ハリウッドを代表する豪華キャストに注目!

ウエストワールド創設者『ロバート・フォード博士』『アンソニー・ホプキンス』

プログラム責任者『バーナード・ロウ』『ジェフリー・ライト』

牧場の娘『ドロレス・アバナシ』『エヴァン・レイチェル・ウッド』

流れ者ガンマン『テディ・フラッド』『ジェームズ・マースデン』

娼館のマダム『メイヴ・ミレイ』『タンディ・ニュートン』

デロス社に不満を持つ創設者『黒服の男』『エド・ハリス』

シーズン3 から、新たなキャストが加わります!

ドラマ『ブレイキング・バッド』『エミー賞』助演男優賞受賞『アーロン・ポール』

『クリムゾン・リバー』『ブラック・スワン』『美女と野獣』フランスの名優『ヴァンサン・カッセル』

『アーロン・ポール』

名前アーロン・ポール(Aaron Paul)
出身アメリカ・アイダホ州・エメット
生年月日1979年8月27日
経歴2009年『エミー賞』助演男優賞(ドラマシリーズ)(ノミネート)
2010年『エミー賞』助演男優賞(ドラマシリーズ)
2010年『サターン賞』助演男優賞(テレビ部門)
2011年『サターン賞』助演男優賞(テレビ部門)(ノミネート)
2012年『エミー賞』助演男優賞(ドラマシリーズ)
2012年『サターン賞』助演男優賞(テレビ部門)
2013年『エミー賞』助演男優賞(ドラマシリーズ)(ノミネート)
2014年『サターン賞』助演男優賞(テレビ部門)
2014年『エミー賞』助演男優賞(ドラマシリーズ)
2014年『ゴールデングローブ賞』助演男優賞
(ミニシリーズ・テレビ映画)(ノミネート)
『ブレイキング・バッド』

主な出演作品
2000年『学園天国』
2001年『光の旅人 K-PAX』
2006年『ミッション:インポッシブル3』
2009年『ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト -鮮血の美学-』
2012年『スマッシュド 〜ケイトのアルコールライフ〜』
2014年『ニード・フォー・スピード』『エクソダス:神と王』
『幸せになるための5秒間』
2015年『パパが遺した物語』
『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』
2016年『トリプル9 裏切りのコード』
『セントラル・インテリジェンス』『ルイの9番目の人生』
『ファインド・ミー』
2018年『インモラル・ルーム』
2019年『エルカミーノ:ブレイキング・バッド THE MOVIE』

『ヴァンサン・カッセル』

名前ヴァンサン・カッセル(Vincent Cassel)
出身フランス・パリ
生年月日1966年11月23日
経歴『第34回 セザール賞』主演男優賞
『第21回 東京国際映画祭』最優秀男優賞
『ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 Part1 ノワール編』
2009年『リュミエール賞』主演男優賞
『ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 Part2 ルージュ編』
『第41回 セザール賞』主演男優賞(ノミネート)
『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』
『第42回 セザール賞』助演男優賞(ノミネート)
『たかが世界の終わり』
『第45回 セザール賞』主演男優賞(ノミネート)
『Hors Normes』

主な出演作品
1993年『カフェ・オ・レ』
1995年『ジェファソン・イン・パリ/若き大統領の恋』
『憎しみ』『不倫の公式』
1996年『アパートメント』
1997年『ドーベルマン』
1998年『エリザベス』
1999年『アンルーリー 復讐の街』『ジャンヌ・ダルク』
『ゲストハウス狂騒曲』
2000年『クリムゾン・リバー』
2001年『ジェヴォーダンの獣』『バースデイ・ガール』
『リード・マイ・リップス』
2002年『アレックス』
2003年『仮面の真実』
2004年『オーシャンズ12』『スパイ・バウンド』
2005年『すべてはその朝始まった』
2006年『変人村』
2007年『オーシャンズ13』『イースタン・プロミス』
2008年『ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 Part1 ノワール編』
『ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 Part2 ルージュ編』
2010年『ブラック・スワン』
2011年『マンク 〜破戒僧〜』『危険なメソッド』
2013年『トランス』
2014年『美女と野獣』
2015年『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』『チャイルド44 森に消えた子供たち』
『五日物語 -3つの王国と3人の女-』
2016年『たかが世界の終わり』『ジェイソン・ボーン』
2017年『O Filme da Minha Vida』『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』
2018年『警視ヴィスコンティ 黒の失踪』『O Grande Circo Místico』『Le monde est à toi』
『L’Empereur de Paris』『国家が破産する日』
2019年『Hors normes』
2020年『Underwater』『Le bonheur des uns…』

Sponsored Links

まとめ

ドラマシリーズ『ウエストワールド』を、まとめてみました。

最新作『シーズン3』は『スターチャンネル』独占です!

『配信』Amazon Prime Videoチャンネル『スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-』

『2020年3月16日』より、毎週月曜10AM 世界同時ライブ配信(字幕版)

『放送』BS10『スターチャンネル』

『2020年3月16日』より、毎週月曜10AM 世界同時放送(字幕版)

『オンデマンド』『2020年3月20日』より、毎週金曜更新予定(全8話)

新たなキャスト『アーロン・ポール』『ヴァンサン・カッセル』の演技が楽しみですね!

虚構と欲望の街『ウエストワールド』を舞台に、

AI(人工知能)の目覚めと、罪の進化を描く、一大暗黒叙事詩です!

読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)