ハワイファイブオーシーズン2(16話)あらすじとネタバレ!血まみれのスティーヴと復讐をした姉!

15話のダニーの緊迫感は、見てるこっちまでドキドキハラハラ!

普段ダニーがグレイスのことを大切にしているのも伝わっているので、めちゃくちゃ焦りましたね~!

そして今回再びスティーヴに危機が!

危ない捜査を知っているのはわかっているけど、みんな病院沙汰になりすぎじゃない?

16話始まります!

Sponsored Links

ハワイファイブオーシーズン2(16話)あらすじとネタバレ!

被害者は誰?

病院で焦るロリーのもとに知事がきて、詰め寄る。

「何があったんだ!

だから細かく連絡しろと言ったじゃないか!」

ロリーは謝りながら、

「犯人が逃亡を図ったので、連絡をする時間もなく」

と弁解をするが、知事は

「こういう事態にならないよう、君をファイブオーにいれているんだ。

全てが終わったら、ハワイ州か、ファイブオーか君自身が選べ!」

とさらにロリーに告げた。

するとそこへ病院の館内放送でコードブルーが。

患者は、スティーヴだ。

事件は数日前にさかのぼる。

Sponsored Links

動機は何?

知事に呼ばれたチャリティー現場で、女性の遺体が見つかる。

当日は、チャリティー現場のほかに、結婚式も2つ行われており、被害者の身元も判明しない。

だが知事はチャリティーの参加者を報道したくない、といって現場の確保をしないようスティーヴに指示。

犯人が自由に出入りできる環境を許可してしまう。

被害者は、タオルとシーツにくるまれた状態で、ランドリーシュートから落とされており、それはどの階からも落とすことは可能。

防犯カメラには、被害者女性と一緒に映る男性の姿が。

 

それからデニスという宿泊客が浮かび上がり、彼の客室を訪れる。

部屋には血痕が残されており、その血痕は屋上につながっており、デニスは屋上から飛び降りた。

だがそれをスティーヴが止め、デニスから話を聞く。

殺されていたのはデニスの妻エイプリルで、その日は結婚式を挙げるはずだった。

しかしエイプリルは新郎の付添人と、浮気をした。

デニスは泣いていたが、死体の写真を見せると、それはエイプリルではないと言い張った。

その女性は、酔っぱらったデニスを部屋まで送り届けてくれただけだ。

 

死体が投げ込まれたであろう12階の部屋を当たると、チャリティー用にとられた部屋の1室が不自然だった。

きっと彼女はここで殺されたのだろう。

被害者の着ていたドレスから、チャリティー参加者のヴィクトリアが被害者だと分かる。

痛い目に会わせたい?

12階の指紋を調べると、ヴィクトリアが働いているレストランの用心棒・ファーマンの指紋が。

ヴィクトリアは参加費だけでも高額なチャリティーになぜ、参加したのだろうか。

ホテルの部屋を予約していた企業の誰かに、会いにきたのではないか。

そこで、まずファーマンを追うことに。

ファーマンの自宅を訪ねると彼は逃走。

ファーマンはヴィクトリアに「痛い目に会わせたい人間がいるから手伝ってほしい」と言っていて、それはヴィクトリアの妹・アマンダに関係している人だった。

 

アマンダは以前その企業に勤めていて、不倫だと知らず外交官のひとりに惹かれてしまった。

そして、レイプされて子供を身ごもり、その後出産。

ヴィクトリアはそれが許せなくて、その外交官・ヴォナコフに復讐をしに行ったのだろう。

ロシアの領事館に赴くが、ヴォナコフは出てこないし、他の外交官も匿う。

そこで、チンはトランクの荷台に危険物を載せ、領事館に乗り込むことに。

爆発物を見た領事館のスタッフたちに混ざり、ヴォナコフも避難を始める。

そこで敷地を出たヴォナコフを追うと、ちょうどきた車にスティーヴもろとも轢かれてしまう。

スティーヴは手術室に入る前に、

「ヴォナコフの血をどうにかして入手し、ヴィクトリアの爪に残った血液と鑑定するんだ」

という。

そして冒頭のシーンへ。

Sponsored Links

鑑定の結果

コノはヴォナコフの病室に入り、血液を採取し、マックスに鑑定を頼む。

そのころチンは器物損壊や危険物持ち込みによりロシアの領事館に捕らえられていた。

そこに知事が到着し、ロシアの外交官に謝る。

すると、知事の携帯に連絡が。

電話を終えた知事は外交官に対し、

「お詫びします。

とんでもない誤解があったようで。

チンの車に乗っていたのは空だった。

ブレーキがきかなくなったのも、チンは早く言えばよかったのに。」

それを聞いた外交官は

「ロシア国民を誘拐しようとしたんだ」

と言い返すが、知事は

「あなたのご友人が犯人だという証拠が出ました。

あなたはご友人をかくまおうとした。

共犯ということですね。」

と畳みかけた。

こうして事件が終わった。

スティーヴのバレンタイン

その日はバレンタインだった。

ロリーはアメフトのシーズンチケットをスティーヴに渡して、さらに辞表を渡した。

「知事にどちらかを選べっていわれたの。

あなたへの気持ちから大目に見てたことは本当。

他のメンバーへの気持ちも。」

スティーヴはそんなロリーを、じっと見つめた。

「寂しくなる。」

そういうとロリーにハグを求めた。

スティーヴはハワイにきていたキャサリンにチョコを渡しに行った。

「トレーニングを受けるよう指示を受けていて、空母で受けることにした」

という報告をもって。

キャサリンはそれを嬉しそうに聞いて、スティーヴも笑顔を見せた。

 

Sponsored Links

まとめ

くぅ~~~~~~スティーヴ罪なヤツ~~~~!

ロリーの気持ちを気付いていながら、キャサリンへの一途な愛を貫くなんて…!

冒頭のシーン、コードブルーが発令されたことで、スティーヴまじで大丈夫?って思ったけど、

車に轢かれて血まみれになったシーンを見たら

「いやいや、スティーヴ今までもっとハデなことして無事だったから、あんな車に轢かれたぐらいじゃ余裕っしょ」

って思ってしまったwww

無敵のスティーヴ…!

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)