リコカツ|10話(最終回)ネタバレ考察あらすじ!紘一が航空自衛隊を辞める?婚姻届け提出のカウントダウンカレンダー!

パリ研修か?再婚か?再び紘一(永山瑛太)と交際を始めた咲(北川景子)はどうする?

咲の事を思いうあまりに紘一は自衛隊を辞める決意。そんな紘一を怒る咲。そして再び喧嘩が始まる。

やっぱり別れるのか、それとも結ばれるのか、はたまた別の道を選ぶのか、2人の幸せの形に注目です!

リコカツ10話ネタバレ

紘一がフランス語にフランスパン?

紘一(永山瑛太)と咲(北川景子)が交際1日目を始めます。

咲が貴也(高橋光臣)と結婚して、紘一が純(田辺桃子)と結婚するとお互い嘘をついていたことを打ち明けると、喧嘩が始まります。

しかし、家を売る契約をしていた事を思い出して貴也を呼ぶと、契約者の山田幸男と会うことになります。

家に山田が来るとマスクをして鼻をつまんで声を変えていますが、マスクを取ると咲が担当している小説家の水無月連(白洲迅)でした。

連は山田幸男と呼ばれるのが嫌なのですが、紘一はあえてそう呼びます。

咲は紘一とやり直すことになって、家を買い戻したいと話しますが、連は賃貸で月30万円でどうかと高額な値段を提案します。

紘一は隊で元妻と交際2日目だと話すと、隊のみんなに祝福されます。また、咲はパリ研修についての返事を大崎編集長(松永天馬)に迫られますが、まだ返事が出来ない。

夜、紘一が家を売ることを頼みに連に会いにいくと、咲に3年間のパリ研修の話が来ていることを聞きいて驚きます。

家に帰った紘一は咲にパリ研修の事を上手く話しだすことができません。紘一は咲が編集の仕事に誇りを持っていることを思い出していた。

一方、咲の実家に城木里奈(中田クルミ)が訪れて、美土里(三石琴乃)に武史(平田満)とは友達で、武史との間にやましいことは何もないと話します。

すると、美土里は武史の友達としてこれからも付き合ってほしいと里奈に頼みます。

美土里は手術のために入院し、咲が見舞いに来ます。美土里は自分が完璧な母親じゃなかったことを謝りますが、「完璧じゃなくていい、そのままでいい」と咲は返します。

正(酒向芳)と薫(宮崎美子)が働く温泉旅館に紘一がやってきます。

正は「軍人の肩書を失くした自分が無価値な人間だということが分かった。変わらなければならない」と話し、一番大切な人を守るように紘一に伝えます。

紘一は重森(菅原卓磨)隊長に退職願を提出して、家に帰えるとフランス語の勉強を始め、フランスパンを食べます。

正は薫にこれまで伝える努力をしてこなかったことを謝ると、薫は夫婦には戻れないが違った関係で2人の思い出を作りたいと優しく笑います。

紘一はこれまで乗ってきたヘリに別れを告げます。

紘一が家に帰ってくると咲が待っていた。家に上がった咲は紘一と食事をして紘一の家に泊まります。2人で布団を並べて寝るのは久しぶり。

咲が朝目を覚ますと、すでに紘一はいなく。咲は台所のゴミ箱に退職願の下書きを見つけて顔色を変えます。

咲が隊に行くと紘一の頬を叩いて怒ります。理由を聞かれた紘一は咲に一緒にいるためだと話します。紘一はパリ研修の事を咲に話して、咲についていくと話します。

咲は隊の仕事が紘一の誇りで、紘一には隊を辞めてほしくない。咲は「これからの事はきちんと話し合いたい。パリにはいかない」と涙を堪(こら)えながら紘一に伝えます。

咲は3年間パリ研修、紘一は日本で待つ!

紘一は重森隊長に頭を下げて、退職願を取り下げてもらいます。

咲の家に帰った紘一は咲が迷っていることを感じて、「3年ぐらい咲を待つ」と伝えます。

紘一は咲と過ごす幸せな未来しか見えない。そう話すと、咲はパリに行き、紘一ともやり直したいと答えます。

紘一もその言葉を待っていた。これが2人の幸せの形。咲はもう一度、紘一の妻になりたい。紘一ももう一度、咲の夫になりたい。

咲と紘一はこれからの離れて暮らすためのルールを決めます。咲の家は貴也のおかげで連から買い戻すことができた。

連の小説『愛を売る男』が完成し、咲は連に別れを告げます。

正と薫はゴルフを楽しみ、咲の実家では美土里が無事に手術を終えて帰ってきて、心配してくれていた武史とは再婚はせずに、お友達から始めることになります。

パリ研修に行った咲は晴れ晴れとした様子で仕事に励みます。

紘一は庭の植木鉢に埋めた結婚指輪を取り出して、咲とオンライン通話をします。

紘一は咲に周りの男に注意するように話すと、画面の後ろからフランス人が話しかけてきて紘一は声を荒立てます。

紘一は2人で住んでいた家に戻り、婚姻届けに自分の名前を書いて、咲が帰る日までのカウントダウンカレンダーを壁に飾ります。

隊では純が筑前煮をみんなに配るなど、咲がパリに行ってからの日々が過ぎていきます。

そして、あっという間に3年が過ぎ、待ちに待った咲が帰ってくる日になります。

紘一はスーツを着て家で待ちますが、咲から帰れなくなったと連絡が来ると、紘一は強がって大丈夫だと返事します。

すると、玄関ドアが開いて咲が帰ってきて、紘一は騙されたことに気が付き、怒って籍を入れる前から離婚発言をします。

変わらない紘一に安心した咲は笑って紘一に抱き着きます。

あらためて、2人はお互いに結婚指輪をして、口づけを交わします。婚姻届けには咲と紘一の名前が書いています。

 

リコカツ10話感想

なぜか毎回喧嘩をしてしまう咲と紘一ですが、紘一の自衛隊仕込みの規律で、ちょっと普通とは違う考え方や行動に笑いが止まらない。

私が一番好きなのは、咲に隊での仕事内容を聞かれて、「国家機密です」と答えるところ。やっぱり自衛隊の任務は国家機密レベルなのでしょうか。

忘れてはいけないのは、1話と2話で披露した紘一の階段落ち。強靭な体の紘一は階段から落ちても、ちょっと痛いぐらいで、全然平気なんですよね。

そんな紘一が毎回、咲と喧嘩しますが、いろんなことを乗り越えてようやく最終回となりました。

最終回でもフランスパンを食べる紘一に笑いましたが、咲がパリ研修を諦めてせっかくフランスパン食べたのにと、ここでも笑い。

さあ、これからどうなる?と思ったら、あっという間の3年間パリ研修が終わって再婚成立!

良かったですね。でも、さっそく再びリコカツが始まるのかな。再リコカツが見たいです!

 

リコカツ10話のネットの反応

皆さん、ハッピーエンドに満足しているようです。そんな中、やはり筑前煮女と言われた純への突っ込みは忘れてはいけません。

リコカツでは咲と紘一はもちろん注目されましたが、次に注目されたのは田辺桃子さんが演じた一ノ瀬純でまちがいありません。突っ込み甲斐のあるいいキャラでした!

リコカツ10話まとめ

咲と紘一の再婚が決まってドラマが終了。でも、婚姻届けは書いていましたが、ちゃんと役所に提出するのでしょうか?

提出するまで、何度も喧嘩しそうな咲と紘一。

この2人から喧嘩を取ると、幸せも逃げていくんじゃないかな。いつまでも幸せな喧嘩をしてください。また、いつか2人の喧嘩が見たいです。

 

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)