桜の塔(9話最終回)あらすじとネタバレ!警視総監は誰に?漣が水樹に撃たれて、続編がある?

父の死の謎を追いながら、警視総監を狙う漣を描いた『桜の塔』がついに最終回!
果たして、漣は千堂の上回り、警視総監の座を手に入れることが出来るのか。
そしてSATに撃たれた蒲生はどうなってしまうのか?
本当の黒幕は誰…??
毎回わくわくする展開に、最終回を惜しむ声も!

「桜の塔」9話最終回あらすじとネタバレ!

警視総監を狙う千堂の思惑により、刈谷殺しの疑いをかけられた蒲生が、SATに撃たれてしまう。
被疑者死亡で終わらせようとしているのでは、と感じた漣は、千堂に詰め寄るが「得意の妄想か」と言われてしまう。
それを聞いて漣は、「あなたを倒すために、5年間沈黙を続けていたが、その答えが明らかになる」と言って、その場を去った。

目の前で富樫が落ちてきたことにショックを受けていた富樫は、出勤してこなかった。
しかし富樫は、蒲生のアリバイを見つけてきたのだ。
チャーハンを作るため、コショウがなくなり、24時間営業のスーパーの防犯カメラに写っていた。
いまだ意識不明の蒲生のアリバイが証明されたことで、容疑者がいなくなる。

と、そこへ優愛が警察にやってきた。
優愛は、漣と水樹たちを前に「自首したいの、私が刈谷を刺した。」といったのだ。
すぐに警察内に情報が漏れ、漣の関与が疑われる。
漣はそれを聞いて「直接本人に聞け」と、水樹に伝えた。
すると水樹は「私は自分の正義を貫く」といって部屋を出て行ってしまう。

優愛は漣の日記を読んでいたのだ。
そこに書かれていたのは、刈谷が優愛の過去の事件を知って、漣をゆすっていたこと。
そして、千堂一家の跡をつけるようになり、優愛の身が危ない、ということだった。
それを見て、優愛は刈谷を手にかけることを決めた、と供述する。
優愛は、5年間の結婚生活で漣にマインドコントロールされ、忠誠心から犯行を決意したのだ。

しかし千堂は優愛が自首しにきたことで、焦る様子はなかった。
だがそれを見て、漣はSDカードを取り出した。

それは優愛と千堂が電話した録音データだった。
千堂が焦らなかったのは、事前に優愛から報告をうけていたからだ。
優愛が刈谷を殺したことを千堂に明かすと、千堂は
「お前を、犯罪者にはさせない」
と返し、再び事件を隠蔽しようとしたのだ。

それを聞いて、千堂は激昂するが、続けて漣が言った。
「矢上総監が、なぜあなたの肩を持つのか。
それは亡くなった父の事件を指揮していたのが、矢上総監なんじゃないですか。
なぜ、私が優愛と離婚して、優愛を家に戻したのか。
それは今回優愛が家に帰っていることで、家宅捜索されるのは、実家だ。
あなたの自慢の認証システムがないと入れない部屋に、父が殺されたときの防犯カメラのテープがあるんじゃないですか。
すでに時効ではあるが、あなたと矢上総監を引きずり下ろすには、十分な情報だ。」

千堂は机の上の書類たちを、すべてばらまくと、そこに何人かの警部が入ってくる。
「ご自宅の認証システムを解除していただきたい。」
千堂はすぐに電話を取り出し、現場にいるであろう警部に電話をかけようとした。
しかし、すでに漣の手によって、現場には権藤たちが出向いていることを知ると、千堂は悔しそうに部屋を出て行った。

家宅捜索を終えた権藤は、矢上総監を呼び出して、ビデオを見せた。
そこには、矢上総監が過去に横流しをしていたことが分かる、漣の父と千堂が映った防犯カメラの映像だった。
魂の抜けたような顔をした総監は、机に手をついてうなだれた。

漣は優愛の取り調べ室に入っていった。
すると優愛は
「あなたがわざと日記を私に読ませたことは気づいてた。
私が刈谷を殺すことで、漣が復讐心から逃れられるなら、それでよかった。
愛してたから。
だからあなたは罪悪感なんて抱かなくていい。
どうかお義父さんの意志を受け継いで、立派な警察官になってください。」
と言って、漣に笑いかけた。

そして蒲生の意識が戻った、と富樫から水樹に連絡があった。
電話越しに泣いている富樫に、水樹は
「大事なことに気づかせてくれて、ありがとう。
おかげでやるべきことが分かったよ」
と言って、電話を切った。

その夜、水樹に呼び出された漣は、水樹の実家を訪れた。
水樹は優愛が日記を読んで、漣の指示を受けたのでは、と推測したのだ。
実際に漣は「自分が刈谷をやる」というつもりで、銃のありかや、刈谷を呼び出したことを告げ、優愛に決行を決意させた。
実際に手を下してはいないが、漣が優愛を犯罪者にした、と水樹は詰め寄る。
「終わったことだ」
と言って、帰ろうとする漣の背に向かって、水樹は銃を向けた。

そして
「いつからこんなこと考えてたの」
と水樹は聞いた。
漣は5年前に蒲生の事件を手引きしたときから、悪魔に魂を売ったのだと明かす。

それを聞いて水樹は
「あんたの信じた道は間違ってる。
あんたをさばけるのは、私しかいないでしょ。」
と言って、銃の引き金を引いた。

銃弾は漣の体に当たり、漣は勢いよくその場に倒れた。
しかし漣の背広に入っていた、父の形見のスキットルに銃弾が当たり、漣は生きていた。

水樹は
「生きて償いな。
これで、薩長の悪魔は死んだ。
おかえり、漣。」
と笑いかけると、漣は床に突っ伏して泣いたのだった。

それから数日後、千堂派が改革派に寝返りはじめ、権藤が警視総監の座に就いた。
そして富樫と水樹の指には、婚約指輪がつけられていた。

 

まとめ

最後に薩長の悪魔だった漣が、水樹の手によって、再び「上條漣」に戻りましたね。
そして富樫に「お前にとっての正義は何だ」と聞いていて、含みのある終わり方。
警視総監に権藤がなったことで、漣の野望は果たされないままとなりますが、終わり方を見ると続編がありそう。
今回は千堂と矢上総監が、漣の父の事件で、退任するしかなかったことで、権藤に番が回ってきた形となりました。
しかし今度は千堂が権藤をひきずり降ろすのではなく、自分の正義を貫き、警察として着実にキャリアを積むことで、警視総監の座を狙っているように感じます。
薩長の悪魔の心をなくした漣が、警察官としての正義を貫くさまも見てみたいですね。
それにしても、毎話ごとに見事なまでの裏切りで、テンポのいいストーリーもあり、大満足のドラマとなりました。
終わってしまうのがもったいないぐらいなので、続編も期待したいです!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)