ドラゴン桜|7話ネタバレ考察あらすじ!ボソボソ英語でシャドーイングトレーニング?龍海学園売却計画が急浮上!

東大模試で東大合格の見込みがない者は東大専科を辞めてもらう!

桜木(阿部寛)が課した試練に生徒たちは困惑しますが、桜木は「東大模試6カ条」を授ける。

そして、新たに英語の特別教師・由利杏奈(ゆりやんレトリィバァ)がやってきます。

Sponsored Links

ドラゴン桜7話ネタバレ

東大模試に挑戦!菜緒の不安が爆発?

桜木(阿部寛)が東大模試で合格見込みがないと判断した者は東大専科を辞めてもらうと話すと、生徒たちは困惑します。

直美(長澤まさみ)は今の段階で合格圏内は遼(鈴鹿央士)、麻里(志田彩良)、健太(細田佳央太)の3人だと桜木に突っかかりますが、桜木は気にしません。

理事長室では桜木が東大合格者を5人出すと、久美子(江口のりこ)は理事長を辞め、高原(及川光博)が理事になる約束を龍野(木場勝己)と約束していることを桜木に話します。

しかし、桜木にとってそんなことは関係なく、7人全員合格させると言い切り、久美子も同意します。

その頃、菜緒(南沙良)と晃一郎(加藤清史郎)は東大専科を外されるかもしれないと不安を抱えていた。

晃一郎は家では弟の裕太(深田竜生)が東大A判定であることを見せつけられます。

次の日、東大専科では英語の特別教師・由利杏奈(ゆりやんレトリィバァ)が音楽をかけ、踊りながら生徒たちに英語の授業をします。

東大模試に向けてシャドーイングトレーニングで生徒たちの耳を鍛えます。杏奈は小さな声で歌っていたがこれには理由があった。

まずは、ぼそぼそ英語をしゃべること。日本人は完璧主義を目指すが、外国人は日本語をしゃべれなくてもできると答える。

桜木はそのことを生徒たちに伝えます。杏奈も英語が上手くなるコツは「適当と物まねやで」と話します。

以外にも晃一郎は日ごろの動画発信のおかげでいつの間にか英語のレベルが上達していた。そんな中、菜緒が不安をみんなの前で爆発させると、桜木はすでに諦めている菜緒に喝をいれます。

落ち込んでいる菜緒が海辺にいると健太が励ましに来ますが、菜緒ももっと頑張らないといけないと分かっています。

また、晃一郎は自分の動画を見て自分に自信を持つように言い聞かせます。そこへ遼がやってきて、晃一郎の優秀な弟のことを話しますが、晃一郎は不機嫌になって話の途中で去ります。

東大専科で桜木は東大模試6カ条を伝えます。

  1. 東大模試は年6回うける
  2. 国語は必ず古文から始める
  3. 数学は言葉で方針を書く
  4. 必ずおやつを持っていく
  5. 社会は既習範囲しか出題されない
  6. リスニング試験でメモをとるな

桜木は事細かにそれぞれを説明します。⑥を説明すると杏奈が入ってきて、メモを取ることで大事な要点を聞きそびれると説明します。

輝(高橋海斗)はいい事を聞いたと、やる気を出して東大模試に向き合います。

授業が終わると楓(平手友梨奈)と輝は晃一郎と菜緒のことを気にしますが、麻里(志田彩良)は試合経験が豊富な楓に本番前の心構えを教えてもらいます。

東大模試当日、晃一郎と菜緒は心配な顔で会場に向かいます。遼は晃一郎を心配して冗談を言って声をかけますが、晃一郎はその冗談を受け入れる余裕がない。

菜緒は会場に入ると、自分が一番頭が悪いじゃないかと不安に駆られます。

1科目目の国語が始まります。問題を見た菜緒は気後れしますが、周りの人たちを見てさらに焦ります。

2科目目の数学でも菜緒は苦戦しますが、それは輝と楓も同じ。昼休み、麻里たちはたくさん食べますが、菜緒は食べる気が起きない。

晃一郎も緊張からお腹を壊してトイレにこもります。その時、晃一郎の動画の話をしている他の学校の生徒たちがトイレに入ってきます。

晃一郎は試験会場に戻ってスマホを見ると、自分の動画のアクセス数が急激に増えていて驚きます。応援コメントをると自信を持ち、3科目目の英語のリスニングを受けます。

思わず、いつものラップ動画の癖で、試験中に「yoo~」と声も出てしまい、驚いた周りの生徒たちはビクッと動きます。

東大専科の脱落者はなし!桜木の真意は?

楓と輝はリスニングの時にメモを取ろうとしますが、杏奈の助言を思い出してメモを取るのを辞めて聞くことに集中しますが、菜緒は一心不乱にメモを取ってしまう。

試験が終わると晃一郎が遼に声をかけますが、遼の表情は浮かない。

夜、IT企業の坂本(林遣都)が「龍海学園 売却に関する調査資料」を手にしていた。

翌日、桜木が生徒たちに東大模試の感触を聞きます。輝、楓、晃一郎、健太はできなかったが前向きに話して、麻里は楽しかったと答えます。

遼は笑いながら余裕だと答え、菜緒は全然ダメだったと苦し紛れの笑顔で後ろ向きな反応をします。

桜木が「東大受験を辞めたいと言いたいのか」と菜緒に聞くと、菜緒は教室を出ていきます。

菜緒が海辺のベンチでふさぎ込んでいると、岩井(西垣匠)と小橋(西山潤)が励ましに来ます。2人は桜木を信じて頑張るように菜緒に伝えます。

夜、直美(長澤まさみ)は家に帰らない菜緒を心配して、桜木を連れて探しに行きます。

菜緒のスマホには東大専科ならの仲間から心配メール来て、直美から”瀬戸屋に集合”とメッセージが来ます。

菜緒が瀬戸屋に行くと、輝と直美と、桜木がいます。桜木は菜緒に家庭環境が恵まれているが、習い事はすぐ諦めてしまうと話します。

桜木は菜緒が幸運だと話しますが、菜緒はそれに気づいていない。桜木は幸運を続けるためには覚悟が必要だと話しを続けます。

菜緒は東大模試の結果を気にしますが、桜木は「菜緒には幸運がある。幸運をつかむのはお前次第だ。人生無駄にしたくなければ運に乗れ」と励まします。

 

数日後、東大模試の結果が届いて、桜木がみんなに配ります。

麻里はA判定で盤石。健太はC判定、教科によってばらつきが多い。遼はD判定、苦手教科の克服が課題。そして、他の4人はE判定。

菜緒が東大専科を辞めないといけないのか桜木に問うと、桜木は笑い、生徒たちにも笑わせます。生徒たちは訳も分からず、笑いはじめ、桜木は「失敗した時は笑え」と笑います。

大事なのは次。4人は東大を諦めない。菜緒も桜木に言われた事を思い出して、自分の幸運を信じて東大合格に挑戦することを決意します。

直美は自分もこの時期の判定はEだったと話すと、菜緒も笑顔になります。勝負はここからだ。

みんな笑顔でやる気を出す中、遼は予想外のD判定にがっかりしていた。桜木はその悔しさを忘れない様に寮に話して、晃一郎も遼を励まします。

瀬戸屋でラーメンを食べる桜木に龍海学園売却計画についてのメールが来ます。その頃、龍野は坂本たちと売却計画についての打ち合わせを進めていました。

Sponsored Links

ドラゴン桜7話感想

今回は東大模試と特別教師・由利杏奈の登場でした。

生徒を甘やかすだけではなく、ふるいにかけるのも桜木の役目。しかし、生徒たちがふるいに落とされないようにするのも桜木の役目。

ちょっと勘違いしてしまいそうですが、桜木は先生じゃないですよね。なのに、先生より生徒の事を考えて、生徒の能力を伸ばしている。

もう、教員免許をあげてもいいんじゃないでしょうか。5人の東大合格者を出したらゴールド教員免許をあげましょう!

どこに提案すればいいのかな。教育委員会かな。文科省かな。ゴールド教員免許ってあったかな。

東大模試の裏側で動いている龍海学園売却計画が気になります。龍野たちは何を企んでいるのか。桜木がどう立ち向かうのか楽しみです。

Sponsored Links

ドラゴン桜7話のネットの反応

そうですね。キャラ変ぶりにハマっている人が多いようです。今では輝が専科のムードメーカになって、悪ガキの小橋、石井が励まし役になっている!

そして、麻里があんなに昼ご飯を食べるとは・・・。菜緒がフードファイターか!って突っ込んでいたところで、私は笑いました。

Sponsored Links

ドラゴン桜7話まとめ

東大模試でE判定となった輝、楓、晃一郎、菜緒の4人ですが、桜木の言葉でさらに頑張ることを決意した!遼も自分の実力がないことを知り、悔し涙を流した。

自分たちの心と闘った後の生徒たちの輝く目が印象的だったのに対して、龍海学園売却計画を話す大人たちの目がドス黒い。

桜木のこれからの立ち回りが楽しみです。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)