リコカツ|8話ネタバレ考察あらすじ!紘一が器用に古畑任三郎に?不器用に嘘をついて咲が結婚しない宣言!

別々の道を進み始めた咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)。2人をめぐって周りの人たちも動き出す!

咲の幸せを願う紘一は咲にふさわしいのがどっちなのか貴也(高橋光臣)と連(白洲迅)に会いに行きます。

新しい道を迷いながら歩み始めた咲と紘一がたどり着くのはどこなのか?不器用な紘一の古畑任三郎の物まねが尊い。

リコカツ8話ネタバレ

紘一が咲の相手に選んだのは貴也?

紘一(永山瑛太)は連(白洲迅)から咲をもらうと言われ、咲(北川景子)は貴也(高橋光臣)から結婚を前提に付き合いたいと言われます。

紘一は連を家に入れると、連の髪型や仕事にケチをつけて、咲を任せることができないと言い切ります。

しかし、連も負けずに言い返します。紘一は咲が幸せになることを見守る責任があると答えます。

咲は会社にいくと連の新作が評判になっています。そこへ連がやってくると、小松原(濱田マリ)部長が連にあいさつします。

連は昨日、紘一に会ったことを咲に話すと、咲は慌てて連を別の場所に連れていきます。咲は連と屋上に行くと、連は親に捨てられたことを話し始めます。

連は愛なんていらないと思っていたが咲に出会って変われたことを感謝して、咲のために小説を書きたいと話します。

夜、貴也(高橋光臣)が紘一の家に来て、咲に結婚を前提に付き合うと言ったことを話すと、お茶を飲みかけた紘一はお茶を飲めずに口元から垂れ流します。

紘一は貴也が結婚しない主義だったことを話すと、貴也はあっさり結婚しない主義をやめていた。

次の日、紘一は貴也を尾行しますが、貴也がいい人であることしかわからない。

翌朝、紘一が連の家に行き、咲に近づかない様に頼んでいると、咲がやってきます。紘一は咲には貴也がふさわしいと話します。

連は貴也の事を紘一に聞くと、紘一は自分が調べた貴也のいいところを話して、古畑任三郎になって「う~ん、どうでしょう。これ以上の人は~、いないでしょう」と言って指を額に当てます。

紘一の勝手な話を聞いて咲が文句を言うと痴話(ちわ)喧嘩が始まります。

夜、純(田辺桃子)が咲の家に来ていきなり土下座して、今までの嫌がらせを謝り、紘一の事を好きだった事を話します。

純は自分は紘一にふさわしくないと咲に伝えます。紘一は咲に電話して今日のことを謝ります。電話を切った紘一は咲にある場所に来てほしいとメールします。

咲が料理屋・よし邑に行くと貴也がいて、お店の人が2人に紘一からの”デイト楽しんで下さい”と巻物のメッセージを渡します。

 

その頃、紘一はいつもの食堂で純とから揚げ定食を食べていると、純が突然告白したことを謝ります。

紘一も返事が出来なくて謝ると、純は「これからも仕事仲間として接してください」と頭を下げます。

よし邑では咲が紘一の悪口を言いながら貴也と食事をします。すると、貴也は紘一とのことをもっと教えてほしくて、咲はさらに紘一との不満だらけの思い出を話します。

貴也は咲が本当に紘一の事が好きだったんだと感じます。

咲が家に帰ると、咲の母・美土里(三石琴乃)と紘一の母・薫(宮崎美子)がカラオケをして、楓(平岩紙)と梓(夏野琴子)もいます。

咲は梓が寝た後、楓(平手友梨奈)に離婚するのか聞くと、梓の事を考えると決断ができないと楓は答えます。

薫は美土里の生き方に憧れ、美土里は薫を婚活に誘いますが、薫は今は1人を楽しみたいと丁寧に断ります。

咲の実家では武史(平田満)が正(酒向芳)と里奈(中田クルミ)とお酒を呑んで盛り上がっていて、紘一が迎えに来ます。

正と武史が後ろ向きなことをグダグダ言っていると紘一が2人に喝を入れます。

連の自宅に行った咲は連から小説が書き終わったときに咲が誰とも付き合っていなければ自分と付き合えと言われます。

楓が実家に帰ると武士に美土里が立川(中山麻聖)に2000万円だまし取られたことを話します。

紘一の嘘と咲の結婚しない宣言!

朝、正は朝食を食べる前に紘一に「別の人との結婚を考えてはどうか、俺のようになるな」と話します。

咲が純に会いに行き、パイロットになった理由を聞くと、純はパイロットだった父に憧れていたことを話します。

咲はもし結婚したら仕事をどうするのか純に聞くと、古い考えだが夫のために仕事を辞めると純は答えます。咲は紘一の事で自分に気を使わない様にと純に話します。

紘一は咲の事を一番わかっているのは貴也だと話し、咲をよろしくお願いしますと頭を下げます。

また、紘一は純を神社に呼び、誰ともお付き合いするつもりはないと言って、走ってその場を去ります。

紘一が咲の家にやってきて、自分は突っ走ってしまって、これまで何度も咲を傷付けたこと謝り、「暖かで穏やかないつも微笑んでいられる場所を見つけてほしい」と咲に話します。

咲が紘一に純の事を話すと、紘一は純と付き合うことにしたと嘘をつきます。すると、咲は俯(うつむ)いて「よかった」と返します。

 

紘一が家を出ると咲は紘一を追いかけて、貴也とやり直すと伝えます。紘一は「そうか、よかった」と俯いて答えます。

咲は「一ノ瀬さん(純)と仲良くね」と言葉をかけて、振り向いて泣きながら家に戻り、紘一も暗い表情になって歩いていきます。

武史はSNSで立川をみつけ、正は”探すな”と書置きを残して家を出ます。

紘一は「よかった、よかった」とつぶやきながらも、壁に映った自分に「お前、嘘ついたな、なにやってんだよ」と壁を叩き続けます。

貴也が咲に会いに来ると、咲は貴也にもう一度やり直そうと言おうとしますが言葉が出ず、「ごめん」と謝り、「貴也とやり直せない」と言い直します。

咲は誰とも結婚しないと決意します。

リコカツ8話感想

離婚するなら結婚しなくてよかったのに!離婚してまで相手の事を心配するなら離婚しなればよかったのに!

というと、身も蓋もない話となるこのドラマ。男と女の関係はそう簡単には語れないもの。そういうドギマギを楽しめるのがこのドラマの醍醐味かな。

咲と紘一の周りの人も自分の事を棚に上げて、幸せになるように咲と紘一に話してました。

ほんと、皆さん完全に自分の事を棚に上げていました。上げ過ぎて天に召されているんじゃないかな。って思うぐらい上げて、笑いの域です。

それと、紘一の古畑任三郎が見れました。4月3日に亡くなった田村正和さんの代表作です。ちょっと、笑って、涙がこぼれそうでした。

リコカツ見ててよかったです。あとは、もう一度、紘一の階段落ちが見たいです!

 

リコカツ8話のネットの反応

咲と紘一が似た者同士で、互いの幸せを願うあまりにすれ違う。こんな状態を気にする中で、筑前煮女ネタがあるのがいいですね。

田辺桃子さんと言えばゆるキャン△のあの子って感じで言われます。ゆるキャン△人気が凄いんですね。

また、楓の夫のキャスティングも気になりますね。いったい誰なのか楽しみです。

リコカツ8話まとめ

咲の幸せを願って紘一が嘘をついて、紘一の不器用さが全開でした。いや紘一は全壊していたのではないでしょうか。

お互いの事を好きなのにどうしてもうまく構わない咲と紘一。とうとう咲は結婚しない宣言をしてしまった。

このまま2人は離れ離れになってしまうのでしょうか。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)