桜の塔|8話あらすじとネタバレ!漣が撃たれる?本当の黒幕は誰?次回はついに最終回!

物語も終盤になり、ラストスパートのごとく怒涛の展開を見せる『桜の塔』

オリジナルストーリーということもあり、どういう結末になるのか、わからないまま刈谷が千堂を刺す事件が!

漣の復讐劇の結末はどうなってしまうのだろうか?

Sponsored Links

桜の塔|8話あらすじとネタバレ!

千堂が刺されたという報告を、優愛から聞いた漣は、急いで駆けつける。

すると千堂は刈谷から刺されたことを漣に伝え、黒幕が漣なのではないか、と推測していた。

その場で話を聞いていた優愛だったが、以前漣の日記を読んだことで、漣が刈谷を恨んでいることを知っていた。

実は、漣は5年前から、刈谷を遠ざけていた。

それは、漣の父が亡くなった夜、本当は刈谷も出勤予定だったが、薩摩派の上層部に頼まれて、お金を積まれて欠勤したことを明かしていたのだ。

酔っぱらった刈谷が、5年前に明かしたことで、漣は刈谷と距離を置いていた。

逃走した刈谷は、一度はクラブSにかくまわれていたが、その後路上で射殺された。

そのころ富樫は、千堂に盾ついたことで、同僚たちから距離を置かれていた。

終いには、千堂から「漣の足元にも及ばない。汚名返上の機会をやろう。」と言われ、ある封筒を指定した場所に埋めてくるよう指示されてしまう。

一方、漣はクラブSで志歩と話をしているときに、刈谷が吉永とつながっていることを明かした。

すると志歩は、刈谷が置いていった、というテディベアを持ってくる。

生き別れた娘にあげるためだ、といって持ってきた刈谷のことを、「憎めない人だ
」と言って、思い出にふける志歩だったが、漣はそのテディベアにはさみを突き付けた。

すると、中からSDカードが出てきたのだ。

後日、漣は吉永・権藤・千堂を集める。

「刈谷の自宅に、キャリア組が先に家宅捜索をしていた、と聞きました。

探していたのは、このSDカードですね。

あなたと刈谷の電話の音声データです。」

というと、吉永に突き付けた。

5年前の拳銃の横流しは、吉永が裏で手を引いており、千堂を尾行したのも、襲えと指示したのも吉永だった。

それを聞いた千堂は、

「辞表を出すんだな、立件は見送ってやる。あきらめろ。」

と言って、吉永の肩に手を置いた。

すると吉永は

「私はここで身を引く。

だが刈谷を殺したのは私じゃない、このなかの誰かだ。

人殺しが警察のトップなんて、滑稽だな」

と言って笑って部屋を出て行った。


優愛に呼び出された漣は、優愛から離婚届を突き付けられる。

漣の日記を読んでしまってから、優愛は漣と父を天秤にかけて、父を選んだのだった。

優愛は最後に

「あなたのこと、これからもずっと愛してる」

と言って、手を握ると、実家に帰っていった。

そのころ、河川敷で刈谷を撃った拳銃が発見され、そこには5年前強盗事件で逮捕され、現在は水樹の家で働く蒲生の指紋が残されていた。

すぐに蒲生が容疑者として、警察に任意同行を求められるが、蒲生は

「俺じゃない」

と繰り返しながら、その場から逃げてしまう。

居合わせた水樹の父は、「あいつはもう更生した」と言って、水樹に「助けてやってくれ」と頭を下げる。

その拳銃は、千堂に頼まれて、富樫が河川敷に埋めた、はずだった。

しかし富樫は拳銃を埋めることが出来ず、そのまま千堂に返却。

だが「黙っていたから同罪だ」と言って、富樫は自分を責めていた。

富樫は蒲生が漏らしていた、一人になりたいときに行く場所を思い出すと、水樹に連絡をした。

蒲生はサバゲ―で使っていた廃校にたどり着き、屋上に上がった。

後ろを水樹が追いかけると、蒲生は

「銃はここにも隠してあったけど、持てませんでした。

あのころに戻りたくなくて。

僕本当にやってません。」

と叫ぶ。

水樹はそれを聞いて、

「わかってる」

と泣きそうな声で答えた。

続けて

「毎晩練習してお店のチャーハン作れるようになったやつが、やるわけないってお父さんが言ってた。

だから、いまは私を信じて。」

とまっすぐ目を見ながら伝えた。

すると蒲生は

「わかりました」

と答え、水樹のもとに歩み寄ろうとした。

しかし、横の校舎にSATが待機しており、それに気がついた蒲生は、屋上から足を踏み外す。

下で待機していた警察官の前に屋上から落ちてきた蒲生は、富樫の前で倒れると、そのまま意識不明の重体で、搬送されてしまう。

被疑者死亡で事件を解決しようとしたのでは、と千堂に聞いた漣だったが、ごまかされてしまう。

ついに警察頂点への戦いが、結末を迎えようとしていた。

 

Sponsored Links

まとめ

ついに次回は最終回を迎える『桜の塔』

次回予告では、漣が何者かに撃たれるシーンも…!

今のところ漣を撃ちそうなのは、千堂か富樫ですよね…。

千堂に「どれだけ非道になれるかだ」と言われていた富樫ですが、実はすでに千堂の上を行く非道さを持ち、水樹に肩入れしているのだとしたら…。

もしくは現在の警視総監・矢上の手下として、富樫が動いていることも…。

次回が最終回となっていますが、まだ本当の黒幕は誰なのか、そして千堂が本当に警視総監になりたい、という野望だけで、ここまで悪事を働いているのか、という点も疑問が残るところです。

また、このタイミングで優愛が離婚届けを漣に突き付けたことも、実は何か関係があるのでは?

ホテルから「パパに話したいことがあるの」と言っていましたし、漣の心をつかむために、優愛が独断で動いているのだとしたら、実は1番すべてを牛耳っているのは優愛だったりして…。

どちらにせよオリジナルストーリーでありながら、ここまで毎回、視聴者に「そうきたか~!」と思わせてくれる脚本は少ないので、最終回が楽しみです!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)