ハワイファイブオーシーズン2(11話)あらすじとネタバレ!ジョー少佐の引退と麻薬カルテルのボス!

スティーヴが助かって本当によかった~!

さすがファイブオー!!!

スティーヴやダニーはジェナの裏切りと死を乗り越えて

新たな任務に就かなければいけない。

次はどんな任務が!?

11話始まります!

ハワイファイブオーシーズン2(11話)あらすじとネタバレ!

ジョー少佐の処分

あの事件から数日後、ファイブオーは任務で大量のコカインを押収した。

知事は「ファイブオーのおかげで治安が良くなっている」と記者会見を開く。

一方、ジョー少佐はシールズのメンバーを連れて、スティーヴ奪還のために北朝鮮へ渡ったことを、査問会議で問い詰められる。

「スティーヴを助けるためにやった。

私は何度でもやるでしょう。」

と誇らしげに言うが、認められず、早期退職処分となってしまう。

それを聞いてスティーヴは落ち着かないが、ジョー少佐は晴れやかな顔をしていた。

 

そこへ電話が。

子供たちを乗せたスクールバスがカージャックされた!

運転手は撃たれ、残されたのは多くの子供と、ついていた教師が3人。

犯人は夫婦になりすまし、事故と見せかけて、カージャックしたのだ。

事故していた車は、昨夜盗難されたもので、事故も故意的に行っていた。

犯人の狙いはファイブオー?

捜査を進めていると、犯人からスティーヴあてに電話がかかってくる。

「私たちから押収したコカインを2時間以内に用意して」

と犯人の女性は言うと、電話が切れた。

知事は交渉をしない、といったので、コカインを押収したときの逮捕者に話を聞きに行く。

しかし彼は誘拐については何も知らないという。

カルテルのボスについても話したくない、という逮捕者だったが、家族を保護すると約束したら、ヒューゴという男性の名を挙げた。

刑務所を帰ろうとすると、ジョー少佐が出てくる。

「引退するといっていたはずじゃ!?」

と声をかけるスティーヴに、ジョー少佐は

「ウォーが追っていたシェルバーンが何か突き止める為、ヒロ・ノシムリに会いに来た。

しかし腕利きの弁護士によって、すでに保釈され日本へ送還されるはずだ。

何か分かったら連絡する」

と言うと、足早に刑務所を去っていった。

犯人を知っている?

バスの行方は分からないままだが、バスを隠せるような大きな倉庫にいるのではないか、と推測したファイブオー。

ちょうどそこへ、誘拐された子供の両親が、代表として1人やってきた。

「どうか子供を助けてほしい」

と懇願した顔を、じっとスティーヴは見た。

すると再び犯人たちから連絡がきた。

「1時間以内にコカインをもってこい」と。

そこへコノとチンが逮捕者の話から、ある程度の場所を推測してきたので、そこへ向かう。

だが、目的地にスクールバスはあっても、子供や人質たちはいない。

スクールバスをよく捜索すると、教師の座っていた席からメモが見つかる。

「シェイファーという生徒が

【父の知り合いだ】と言っている」と。

それは保護者を代表して会いにきた、あの父のことだ。

急いで、保護者・シェイファーに話を聞きに行くが、電話がかかってきていなくなってしまった、といって姿が見えない。

子供たちはどこに?

スティーヴは子供を助ける為、コカインをもって高速を走る。

すると電話がかかってきて、指定されたバンにコカインを乗せろと指示が。

いわれた場所に到着し、バンの荷台をあけるスティーヴ。

そこにチンが

「追跡装置がおかしい、今すぐ逃げろ!」

と声がかかる。

次の瞬間、コカインを載せたバンが爆発し、燃え上がった。

コカインは証拠品として押収されていたため、コカインが燃えて、証拠がなくなる人物はただ一人。

既に逮捕されていて、供述をした、あの男だ。

ただの下っ端だと思っていた、あの男、実は麻薬カルテルのボス・ヒューゴだった。

そこへコノがやってきた。

数日前、コカインが押収されるきっかけとなったのは、密告の電話があったからだった。

その電話の声は、シェイファーだった。

シェイファーは不動産業をやっており、その物件を麻薬カルテルに貸していた。

そこでコカインが大量に密輸されることが分かり、密告したのだ。

シェイファーは協力者?

シェイファーの携帯を探知すると、犯人から何度も電話がかかっていたことを知る。

そして、待ち合わせ場所も。

「倉庫を貸したが、コカイン置き場にするなんて聞いてない」

とシェイファーが言うと、犯人の女はシェイファーを連れて逃げ出す。

だがスティーヴが追い詰め、犯人を撃つ。

果たして子供たちはどこに!?

と焦っていると、かすかに声が。

何と子供たちは車ごと生き埋めにさせられそうになっていた。

ファイブオーの連携プレーにより、子供たちは車から救出され、両親のもとに戻れることに。

学校にバスで到着すると、両親たちは子供を強く抱きしめた。

その姿を見て、ファイブオーは笑顔になる。

ヒューゴは証拠のコカインがなくなったことで、無実放免になるはずだったが、シェイファーがコカインについて供述したため、再び刑務所へ入ることに。

シェルバーンは人?

するとそこへ、ジョー少佐からスティーヴ宛に呼び出しのメールが。

急いで駆けつけたスティーヴに、ジョーはトランクのなかを見せた。

そこには拘束された、ヒロ・ノシムリが。

「シェルバーンは物や場所じゃない、人だ。

ウォーが酷く恐れている人だ。」

そうヒロが言うと、ジョーはトランクを再び閉め、

「シェルバーンを探す」

と言って、走っていった。

しかし、スティーヴが見えなくなるとジョーは携帯を取り出し、

「スティーヴがシェルバーンを知りすぎた。

移ってもらうよ、」

と誰かに連絡を取った。

 

まとめ

ほーら、やっぱりジョー少佐、なんか怪しいと思ってた!!!

10話でスティーヴのことを助けてくれた時、「バチクソかっこいいおっさんじゃん…」って思ったけど、

やっぱり悪い事してますよね!

ウォーと繋がっているのでは、と思う反面、実はスティーヴの父が生きている、とかそういう事だったりしないかな…?

ファイブオーはまだまだシリーズとして長いので、さらに謎が出てきそうですね!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)