ドラゴン桜|6話ネタバレ考察あらすじ!東大専科の3日間勉強合宿!麻里の父・繁に桜木が吠える!

東大専科の勉強合宿!前回、東大専科に負けた藤井遼(鈴鹿央士)と原健太(細田佳央太)の付き添いで小杉麻里(志田彩良)も参加します。

桜木が吠え、仲間想いの東大専科の瀬戸輝(高橋海斗)たちが麻里の受験に反対する麻里の父を説得します。

Sponsored Links

ドラゴン桜6話ネタバレ

東大専科の3日間勉強合宿

朝、桜木(阿部寛)が自転車で学校にいくとパンクして、その様子を小杉麻里(志田彩良)が笑って見ていた。

東大専科の教室を見に来た遼(鈴鹿央士)は桜木からこの前の勝負の約束もあって合宿に誘われます。

理事長室では高原(及川光博)は理事長の久美子(江口のりこ)に麻里と遼を東大専科に入れるつもりだと話します。

東大専科では桜木が輝(高橋海斗)たちに”走れメロス”を10分で100字以内にまとめるように指示し、直美(長澤まさみ)もやらされます。

桜木がみんなの解答を集めるとひどい回答に驚きます。さすがに直美はうまくまとめています。桜木は楓(平手友梨奈)たちに読解力のなさを説明します。

桜木は生徒たちに明日朝6時にドラゴン桜に二泊三日分の荷物を持って集まるように伝えます。桜木は麻里にも声をかけると、麻里は「考えておく」と返答します。

次の日の朝6時、全員がドラゴン桜に集まると麻里も来ていた。桜木は生徒たちにドラゴン桜の周りを歩かせ軽く運動させてから教室に入れます。

輝(高橋海斗)たちが教室に入ると先日勝負に負けた遼(鈴鹿央士)がいます。

桜木は今日の予定は”自由”と黒板に書きます。生徒たちは驚きますが、桜木は教室を出ていき、驚いた直美は桜木を追いかけて教室を出ていきます。

時間割をしっかり組んできた直美は桜木にどういうつもりか聞くと、桜木は昔とはやり方が違うと直美を強引に納得させます。

教室では遼と麻里は勉強を続けますが、菜緒(南沙良)たちは座っていられなくなって、外に行って勉強をします。

屋上で楓は輝に勉強ができる人とできない人の違いを聞き、校庭のベンチでは菜緒が晃一郎(加藤清史郎)に教室に戻らないかとこぼします。

教室に戻った菜緒たちは勉強を続ける麻里たちを見てもう一度教室で勉強することを決意します。教室で勉強をする菜緒たちの姿を見て直美は驚きます。

夕食は桜木が考えた栄養メニューを岩井(西垣匠)と小橋(西山潤)が用意します。脳と体を鍛えるために食事が必要だ。

夕食が終わると生徒たちは血糖値が急激に上がって眠くなります。桜木は食べ方についても急いで食べない様に指導します。

今日のところはこれで終わりとなり、生徒たちは解散しますが、勉強を続ける麻里や遼をみて晃一郎たちは驚きます。

 

翌朝6時、桜木が金盥(かなだらい)を棒でバンバン叩いて生徒たちを起こします。生徒たちはドラゴン桜の前で学生服でラジオ体操をします。

桜木は日常的に試験日と同じ行動をさせ、服装も本番を想定しての学生服を着させていた。

国語の特別講師・大宰府治(安田顕)を紹介するが、大宰府は気が重くて教室に入ってきません。

しかし、直美が強引に教室に入れ、小テストをすると、生徒たちのだめな解答を見て大宰府はテンションが急激に上がります。

読解とは頭の中で構造化すること、同等関係、対比関係、因果関係のパターンを大宰府が説明しますが、難しくて生徒たちは理解できません。

そこで、大宰府はそれぞれ二つの例文を使って説明すると、生徒たちも徐々に理解していきます。この三つの中で一番重要なのは同等関係、つまり言い換えになる。

すべての教科において”言い換える力”が必要であることを桜木と直美が説明します。東大合格のカギは読解力である。

大宰府の授業が終わり、生徒たちは英単語のしりとりをしながら校庭を歩き、負けた人はバカはちまきを巻きます。そこへ麻里の両親がやってきます。

麻里の家庭事情に桜木がひと肌脱ぐ?

麻里の父・繁(迫田孝也)は会議室に入り桜木に麻里が受験勉強していることを抗議します。繁は麻里が大学に行くことを反対しています。

繁は女のくせにと麻里を大学に行かせないどころか龍海学園を退学をさせると言って、麻里の腕をつかんで連れて帰ります。

東大専科の生徒たちは麻里の父の考えに怒りますが、楓は麻里の気持ちが分かる。

夜、麻里の家では繁が妻にイラつき、麻里にも学校を辞めるようにいいますが、麻里が繁に反抗すると繁は麻里の頬を叩きます。

その頃、桜木は理事長室で久美子(江口のりこ)に頼みごとをします。

翌日、桜木は生徒たちに再び走れメロスの要約する問題を出します。しかし、今度は黒板に内容を時系列に並べさせ、次に主語述語法で書かせてから、解答を作るように指示します。

すると、生徒たちは的を得た回答を作り、麻里の事を思い出します。桜木は生徒たちに特別に、ある課題を出します。

桜木が高原に呼ばれて会議室にいくと、麻里の退学手続きをしようとする繁がいます。麻里の頬には叩かれた跡があります。それを見た直美はムッとします。

繁は女が東大にいっても人を見下す直美のようになるだけだと笑います。繁は頑(かたく)なに女に学歴は必要ないと言い切りますが、桜木は怒り繁の考えを否定します。

昨夜、直美は麻里に電話したとき、麻里は父が変わった理由を話していて、警察には言わないでほしいと泣きながら頼んでいました。

桜木が繁を説得し続けると、繁はさらにイラ立ちますが、桜木が麻里が繁を信じてきたことを話すと繁は我に返って言葉が詰まります。

すると、健太たちが課題が出来たと会議室に入ってきます。

健太たちは麻里のいいところ、東大に行くべき理由をきれいにまとめて繁に伝えます。それを聞いた麻里は「東大を目指したい」と言って、繁に頼みます。

すると繁は「すまなかった」と謝り、麻里が東大専科に入ることを了承して会議室を出ていきます。

その様子を見ていた遼は笑顔になります。また、久美子は麻里の母が繁と離婚して麻里と一緒に住む場所を手配していた。

遼は麻里の家庭環境が大変だったことを知り、自分の家庭環境についても話します。専科に戻った生徒たちは桜木からもっと勘違いしていけと鼓舞されます。

すると、遼は「バカはすぐ調子乗るからな」と憎まれ口をたたくと、桜木から合宿にいてくれて助かったと感謝しされます。

すると遼は笑顔になり、桜木は合宿を終えた遼を見送ろうとします。すると、遼は出ていくのをためらいます。

上手く自分の気持つを言えない遼は桜木に促されて東大専科に入ることになります。健太が遼の手を取ると2人は握手して、遼がこれまで健太を馬鹿にしてきたことを謝ります。

Sponsored Links

ドラゴン桜6話感想

前作にもあった勉強合宿ですが、チームで受験を乗り切るためには欠かせない行事のようです。今回は仲間が増えました。

遼が東大専科に加わり、麻里は父・繁の承諾を得ることが出来ました。

すべて上手くまとまったので、繁がいい父親に見えましたが、娘の頬を叩いた悪い親であることを私は絶対に忘れません(笑)。

さて、前作との違いについてここまでご覧になった方はどう感じているのでしょうか。

前作では長谷川京子さんが演じる体当たり新米教師・井野がいたのですが、今回の龍海学園では桜木に協力する教師がいません。

龍海学園では理事長・久美子に逆らってまで桜木に協力しようとする先生はいないのでしょうか。それとも、相当理事長の睨みがきついのでしょうか?

井野は今頃何をしているのだろう。龍海学園に呼んでくれないかな~。

生徒には自由な教育をさせる久美子なのですが、先生には自由にさせないようです。理事長の違いは大きいかも。前作の理事長は龍野百合子(野際陽子)さんでした。

見た目的にも柔らかさが違いますね。

Sponsored Links

ドラゴン桜6話のネットの反応

感動、安心感、もしかしたら東大行けるかも、勉強したくなると、と皆さんのコメントは納得することばかり。

ドラゴン桜は前向きになれるすごくドラマですよね。

Sponsored Links

ドラゴン桜6話まとめ

勉強合宿が終わって、東大専科の生徒が7人になりました。しかも、東大合格が濃厚な遼と麻里が加わったことで、5人合格まで急速に近づいた感じがします。

しかし、ここで油断させないのが桜木のやり方。次回は生徒たちをフルイにかけるようです。落とされる人がいるのかな?

そうそう、遼はいやみな性格で落とされない様に注意しないとね。

 

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)