リコカツ|7話ネタバレ考察あらすじ!楓も離婚宣言で、全員離婚家族!紘一の結婚指輪は植木鉢の中?

紘一(永山瑛太)が離婚届を提出して咲(北川景子)との離婚が成立。お互いの両親も離婚して、姉の楓(平岩紙)も離婚をほのめかす。

さらに、咲は美土里(三石琴乃)から詐欺にあったと相談を受ける。どうなる離婚家族?紘一と咲に新しい恋も動き出す!

Sponsored Links

リコカツ7話ネタバレ

楓も離婚宣言で、全員離婚家族!

咲(北川景子)は父・武史(平田満)と母・美土里(三石琴乃)、姉・楓(平岩紙)に紘一(永山瑛太)と離婚したことを話すと、正は怒りますが、美土里は咲の考えを尊重します。

すると、武史のスマホに紘一の父・正(酒向芳)から連絡が入ります。

翌朝、咲の家に紘一(永山瑛太)と正、薫(宮崎美子)がやってきます。

紘一たち3人は家に入るなり、咲を傷ものにしたと土下座すると、咲や武史は驚きます。正は離婚を辞めるように咲と紘一に話すと、武史も2人の離婚に反対します。

しかし、両家の親も離婚したことを知ると、お互いに驚きます。すると、楓(平岩紙)も離婚しようとしていることを告白して、全員愕然(がくぜん)とします。

その場にいた楓の娘・梓(夏野琴子)は「全員離婚家族」と笑います。それでも紘一と咲はお互いに別々に生きていくと家族の前で言い切ります。

両親が帰った後、紘一は咲に惜しみながらも別れの挨拶をしようとします。しかしそこへ、咲の元カレ・貴也(高橋光臣)がやってくると、紘一は不機嫌になって別れの挨拶をして帰ります。

家に入った貴也は梓から咲と紘一が別れたことを聞きます。貴也は楓の離婚相談にのり、話の流れで楓と美土里は咲の家に住むことになります。

咲は会社で、小松原部長(濱田マリ)に離婚報告をします。紘一も隊で重森(菅原卓磨)部長たちに離婚報告をして祝い金を返します。

また、咲は水無月連(白洲迅)にも離婚報告します。すると、連は「紘一のような男を選んだ咲に見る目があったと思っていたのに」と残念がります。

 

夜、実家に帰った紘一と家に戻った咲は互いにメールを送ろうと文字を打ちますが、送ることが出来なくて削除します。

朝、紘一の家に純(田辺桃子)が煮物を持ってきます。紘一は純を家に上げると、将棋を打っていた正は純が上官だと知って丁寧にあいさつをして一緒に煮ものを食べます。

一方、咲は美土里に呼ばれてホテルのレストランに会いに行くと、貴也がやってきて美土里は2000万円取られたと2人に打ち明けます。

美土里は4、5日前に預金がなくなっていたことに気が付いた。相手は編集者・立川誠実(中山麻聖)だった。

正は純と将棋をすると、いつになく楽しそうで、純の指し方を誉めます。帰り際、純は紘一に今まで咲にやった嫌がらせを打ち明けて謝ります。

純は自分のせいで紘一が離婚することになったことを謝りますが、紘一は純には関係ないと優しく答えます。

その頃、咲は貴也と道を歩きながら元気なふりをしますが、気持ちがいっぱいになっていることを貴也に見透けられていました。貴也は咲を励まします。

咲が家に帰ると、梓が学校で喧嘩して帰ってきていた。夜、楓と咲は子供の頃の母・美土里の話をします。2人とも美土里が忙しくてあまり面倒を見てもらった記憶がありません。

楓が「嫌な思い出は時間とともに消えていく」と話すと、咲はいい思い出も消えていくのかと寂しくなります。

咲は紘一とのことを思い出します。

咲を狙う貴也と連

朝、咲のスマホに紘一からメールが来ます。”離婚する理由その6。皿の洗い方が甘い”。紘一が最後の日に言いうとした、残り95個の”離婚する理由”の続きです。

すると、咲も”離婚する理由その7 お皿の洗い方にこだわりすぎる だったら最初から自分で洗えばいいのに”と返信します。

紘一はメールを見て笑顔になって返信しようとしますが、咲のメールの速さに追いつけず、返信を送ることが出来なくて咲に電話をかけます。

電話をしながら2人の言い合いは続きますが、紘一はカッとなりかけたところで、冷静さを取り戻して落ち着いて話し始めます。

紘一は咲を一生守る約束をしたのに、咲を傷ものにしたことを謝ります。咲はやさしく「大丈夫」と答えます。

しかし、紘一が楓の離婚の話をすると、咲は貴也の名前を出してしまい、紘一は再びイラつき始めます。

咲はイラつく紘一に「男の嫉妬は見苦しい」と言ってしまい、紘一は自分が嫉妬していることに気が付いて言葉が詰まり、スマホをおいてしまいます。

咲がクリーニング屋に行くと紘一の服があることに気づいて、紘一の家に持って行きます。

玄関チャイムを鳴らすと父・正が出てきて紘一の服を預け、咲は正に自分たちの離婚について改めて謝ります。

咲は紘一に連れて行ってもらった”よしの食堂”に行きます。すると、紘一がやってきます。紘一からここにいる理由を聞かれた咲は服を届けに来たことを話し、さらに言葉を続けようとします。

すると、紘一は「ここのから揚げが気に入ったのだな」と見当違いなことを言うと咲は拍子抜けします。

「もう君の夫じゃない」と紘一が話すと、咲の表情が変わり自分の気持ちを話そうとします。その時、純がやってくると、咲は辛い表情になって店を出ます。

紘一は咲を追いかけますが、その後を純が紘一を追いかけます。紘一と咲が踏切で別れると、純は紘一に告白します。

しかし、紘一は踏切が上がると純に謝って咲を追いかけます。咲は駅に入り電車に乗り、紘一は咲を見失います。

夜、咲は家で指輪を外して箱に入れます。紘一は指輪を植木鉢に埋めます。

外を歩く咲は貴也と会い、苦しい胸の内を貴也に話すと、貴也は咲を優しく抱き咲に「やり直せないか」とささやきます。

一方、紘一のところには連が来て、連は咲からもらったライト付きペンを渡します。連は「咲は俺がもらう」と紘一に宣言します。

Sponsored Links

リコカツ7話感想

人の離婚は止めようとするのに、自分の離婚はやめようとしない。実際、そんなものかもしれないですね。

捨てる神あれば、拾う神あり。怪しいなと思っていたのですが、楓(平岩紙)も離婚するようです。楓はマザコン夫を捨てる”紙”です。

離婚四重奏となり、家族オーケストラで重い音色が奏でられています。なぜか男性陣の方が捨てられる感じが強くて人生の重い音が響いていた。

しかし、神のいたずらなのか、新たなる恋の刺客が紘一と咲に仕向けられた!離婚したのだから、次に行けばいいのに・・・、と簡単には切り替えられない紘一と咲。

離婚してからもリコカツの延長戦が待っていました。ん、これはコンカツ?いやいや、このドラマの場合はリコカツでいいんです。

紘一は”貴也アレルギー”発症中!”貴也”と聞くとイラつき反応が止まりません。次は連アレルギーにもなるかも?

Sponsored Links

リコカツ7話のネットの反応

北川景子さんや永山瑛太さんより、田辺桃子さんへのコメントが目立っています。登場回数は2人よりはるかに少ないのにこの反響はある意味凄い!

筑前煮ガールの誕生だ!

Sponsored Links

リコカツ7話まとめ

離婚が成立した紘一に純が急接近!咲が自分の気持ちを話そうとするといつも邪魔が入ります。咲の気持ちは一体どうなるのか。

ところで、純は紘一の事を諦めたと思いますか?次回も純から目が離せません!

いや、紘一と咲から目が離せません。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)