人肉村(映画)ネタバレや原作あらすじは?海外の評判やキャスト情報まとめ!

喰われるか?飼われるか?…奴らに捕まったら、そこは生き地獄!

『人肉村』は、人を食らう狂気の一家に捕らわれた若者たちが体験する、血みどろの恐怖を描いたバイオレンスホラー。

トラウマ確実!食人映画

これまで、人が人を食べるカニバリズム系の映画が沢山ありました。

罪なき人を捕らえ監禁し、殺して食べるサイコキラーの描写は悪夢を具現化したような恐怖が描かれています。

伝説のホラー映画『悪魔のいけにえ』は、ヒッチハイカーの若者たちがレザーフェイス率いる狂った一家に捕らえられ殺された後に、その肉で作ったソーセージを父親が売るというおぞましいスプラッター作品でした。

ホラー映画の職人 ウェス・クレイヴンの傑作『サランドラ』は、車が故障し砂漠で立ち往生した一家と、それに迫る食人一族との戦いを描いています。

『クライモリ』は、森に迷い込んだ男女たちが森の中に潜む食人一族に惨殺される恐怖が描かれました……森の奥深くには “食人一家”が結構住んでいるんですネ!?

“食人一家”たちの新たなる一族

鮮血と絶叫に染めてきた“食人一家”たちの映画史に、新たなる一族が加わります。

映画『人肉村』に登場する“食人一家”は森に入りこんできた人間を捕らえ、男は暖かく新鮮なうちに喰い 女は繁殖のために檻に入れ飼うのです!

人間を一匹の肉として、監禁した人間たちを冷酷非情に扱う鬼畜の所業の数々が繰り広げられる!

本作をカナダのテレビ界で演出家やカメラマンとして活躍してきたエイドリアン・ラングレー監督が製作・脚本・監督・撮影・編集を一手に手掛け、ホラー映画史に新たな悪名を刻む食人一家を描きます。

あらすじ

男女4人の若者たちが、ドライブ旅行を楽しんでいた。

緑に囲まれた郊外の一本道を走っていたとき、車の故障で立ち往生してしまう。

森の中なので、助けを呼べないし誰かが来ることを待つしかない…。

そんな彼らを森の陰から“獲物”として狙う者たちがいた。

その村に住むワトソン一家は、道に迷った者たちを拉致し、捕獲した男は食料にし、女は繁殖のための道具として利用していたのです。

やがて、一家の襲撃が始まり若者たちは次々と捕らえられ、監禁されていく。

そして、繰り広げられる凄惨な地獄の宴!

“食人一家”の楽しい?宴が、始まるのデス…。

果たして彼らはこの地獄の迷宮から、逃げ出すことができるのか!?

公開されたポスタービジュアルには、真っ赤なタイトルの下に解体された人体と部位名が記されたイラストが全面に描かれ、バラバラにされた人体が連想されます。

キャスト

「UFO 侵略」「レベル 15」など、イギリスのインディーズ・エンタテインメントで活躍する個性派俳優サイモン・フィリップスが、狂気の食人一家の長男を怪演します。

更に、「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」「ミッドウェイ」のジェームズ・ヒックスなど、アメリカ・イギリス・カナダの若手俳優たちが、血まみれで絶叫演技を競います。

原作は?

原作は、これが初のホラー作品となるカナダの若手演出家エイドリアン・ラングレーが脚本と監督を務め悪夢のような映像に仕上げています。

同監督はダークな映像と演出で知られるデヴィッド・フィンチャーを尊敬し『セブン』のような不気味なタッチを狙ったとコメントしています。

海外の評判

本作は不気味で悪夢のような映像と鋭利な演出が評価され、イギリスのフライトフェスタはじめ世界各国のファンタステック映画祭に正式出品され絶賛されました。

公開された映像では大鉈で肉をさばくような動きと切り株に残された血肉、檻に監禁され妊娠した女性など…彼らに捕まったら食われるか、飼われるかを予告しています。

まとめ

その一家に捕まったら、男は喰われ、女は飼われ繁殖の道具に利用される。

逃げ場のない地獄の迷宮で繰り広げられる凄惨な地獄の宴、人間を一匹の肉として冷酷非情に扱う鬼畜の所業の数々が繰り広げられるカナダ発のバイオレンスホラー。

映画『人肉村』2021年8月20日公開予定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)