桜の塔|6話あらすじとネタバレ!漣が同期と共に改革派を立ち上げ!悪党退治に権藤が援護?

千堂の裏切りを受けたものの、父への思いを募らせ、再び機会をうかがう漣。

あれから5年の月日が流れて、第二章が始まる!

漣はどうやって千堂の首を、狙うのか?

桜の塔|6話あらすじとネタバレ!

5年の月日が流れ、千堂は副総監で、権藤は内閣情報調査室に異動していた。

漣はいまだに、外様派の一員として、警視庁刑事部捜査二課の課長に着任していた。



そのころ、漣は国会議員・加森の収賄罪の証拠をつかんでいたが、千堂から立件許可がおりなかった。

今にも言い合いになりそうな雰囲気だったが、昇進した富樫によって止められる。

富樫は異動し、漣の部下として働く傍ら、水樹の彼氏になっていた。



それから数日後、警察で保管していた加森の証拠がすべて消えていた。

そしてその晩、5年ぶりにクラブSに呼ばれた漣は、千堂とお酒を交わす。

千堂が帰ると、ママは久しぶりに

「ちょっといい」

と言って、漣を呼び止めた。

ママは最近母を亡くし、入院代を出してもらっていた千堂への借りがなくなったため、千堂に力を貸そうとしていたのだ。

そして、ある写真を見せてくれた。

それは最近千堂が連れてきているという大臣との写真で、それは加森の収賄罪とつながるのだ。



漣は千堂にバレないように、権藤や水樹の力を借りて、再び加森の証拠を集める。

富樫はそれを見つけて、やめるよういうが、富樫が千堂の指示で最初の証拠を消したのは、漣のプロファイリングで明らかだった。

それを知った水樹も富樫を攻めようとするが、富樫は

「明日報告する」

と言って、猶予をくれた。

急いで漣は、逮捕状を請求する。



漣は千堂を無視して、加森の逮捕を成功させる。

そのニュースを聞いた大臣は、千堂に怒り狂って電話をしてきた。

漣が裏切ったことで、さらに千堂は怒って

「今日から千堂派とは名乗るな。」

と言って、漣を破門にする。

それを聞いて漣は

「今日から新しい派閥を旗揚げさせていただきます」

というと、後ろの扉から馳と新垣が入室してきた。

「今日から改革派として名乗ります。

別室に同志が10名います。」

と告げると、さらに権藤が入室してきた。

「俺が彼らの後継人だ。

薩摩ののれん分けみたいなものだ。」

と千堂に笑いかけた。



権藤は警視総監の座をあきらめたわけではなかったが、警察の膿を出す、という目的が漣と一致したのだ。

それを聞いて千堂は楽しそうに笑うと、

「束になってかかってこようと、受けて立つ」

と、椅子に座ってふんぞり返っていたのだ。

「桜の塔」まとめ

今まであった派閥ではなく、自分の派閥を立ち上げて、千堂に立ち向かうことになった漣!

5年の歳月を経ても尚、仲を深めた同期と共に、新たに立ち上げた派閥は「改革派」

そしてその後ろ盾をしてくれたのが、薩摩派の権藤。

異動などがあり、かつての勢力はないものの、今でもまだ人脈を使い、漣に有利な証拠を集めてくれていました。

こんな心強い援護あるでしょうか…。

しかしそれにまったく揺らぐことのない千堂の自信。

果たして新しい派閥を立ち上げた漣は、今後どのように千堂を攻めていくのでしょうか?

それにしても毎回毎回、スピード感もあり、満足感の高いドラマですよね!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)