リコカツ|5話ネタバレ考察あらすじ!3枚の離婚届がついに成立!紘一の異動と咲の仕事どっちが大事?

リコカツをしながらも、お互いが必要だと気づいた咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)。もう一度新婚生活をやり直そうと決意しますが、両親の離婚騒動に巻き込まれていきます。

しかし、気が付けば、再び自分たちのリコカツに火が付くことに!

関連おススメ記事

Sponsored Links

リコカツ5話ネタバレ

ようやく新婚生活がはじまるが・・・

咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)は離婚をやめると決意しますが、貴也(高橋光臣)が間違えて持って帰った離婚届を一緒にいた純(田辺桃子)が見てしまいます。

そんなことも知らずに、気持ちが急接近する咲と紘一。

すると、紘一の父・正(酒向芳)から母・薫(宮崎美子)が帰ってきたと連絡が来ます。咲と紘一が実家に戻ると、薫はみんなに給与明細を見せます。

薫は1人で生きていけると言いたかった。薫は正に正式に離婚を申し出ますが、正は即答できません。家に泊まりたくない薫を見て、咲は紘一が好きな料理を教えてほしいと薫を説得します。

翌朝、4時に起床する紘一。咲と正も起きますが、薫はいやいや起きます。紘一たちは家訓を読み上げ、トレーニングに行くきますが、薫はラジオ体操をしています。

薫は紘一たちの朝食を食卓に用意しますが、正の分は台所に置っぱなしで、正は怒って外に食べに行きます。

咲が薫と買い物から帰ってくると、咲のスマホに武史(平田満)から”紘一と来ないか”とメールが来ます。

紘一が一人で咲の実家に行くと、武史(平田満)と里奈(中田クルミ)が家にいて、紘一は驚きます。紘一は里奈に帰るように言いますが、武史は里奈をただの友達だとし言って帰しません。

すると、玄関チャイムが鳴り、紘一が出ると貴也がいてお互い驚きます。紘一たち4人はすき焼きを食べることになり、貴也は美土里(三石琴乃)から預かった離婚届を出します。

紘一の実家では咲が薫から家事を教えてもらいますが、小説家・連(白洲迅)から呼び出しを受けます。薫は咲に仕事に行くように言うと、咲は連のところに行きます。

咲の実家では帰ろうとする紘一に、貴也が間違えて持って帰った紘一が書いた離婚届を返します。紘一は驚きますが、紘一はやり直すことにしたと半喜びの貴也に告げます。

連の自宅に行った咲は途中まで出来上がった新作を見せてもらいます。内容に感動した咲に連は何万部売れると思うのか聞くと、咲は連が売り上げを気にしていることに驚きます。

しかし、連は新作を捨て、新境地の新作を作るために咲に自分の話し相手になるように求めます。

夜、連は咲に結婚生活での不満を聞くと、咲は素直に不満を話しますが、咲が連に家族について聞くと連は言葉を濁します。

咲が家に帰ると、紘一が先に帰っていて、薫は正が離婚届にサインするまで実家にいることになった事を聞いて安心します。

紘一は武史の事を報告したいが、里奈の事や貴也の事を話せず、話していい事がありません。すると、咲は紘一の方に寄りかかって寝てしまい、紘一がベッドに咲を抱えていきます。

翌日、隊に行った紘一は重森隊長(菅原卓磨)から家から1時間半かかることを理由に異動の話を聞きます。重森は隊の近くに引っ越せないか紘一に聞きます。

会社に行った咲は小松原部長(濱田マリ)に連の新作の話をすると、小松原は咲に期待します。

夜、紘一が家に帰ると咲が料理をしていて、明日から30分早く家を出ようと思うと話を切り出すと、咲のスマホに連から連絡が来ます。

咲は連から新作の相談を受けますが、相談が長くて紘一は先に食事をして、先に寝ます。

紘一と咲のリコカツ急加速!

朝、3時半、紘一が起きると、咲は疲れてソファで連の相談の途中で寝ていました。そんな様子を見ていた紘一は目覚めた咲が慌てているのが気になります。

紘一が隊に向かう途中、事故が起きて紘一は隊に着くのが遅れて、紘一の代わりに任務に就いた谷(柴田勇貴)がケガをします。

紘一は自分の責任で谷がケガしたことを重森隊長に謝ります。一方、咲は連を怒らせてしまい、落ち込みますが、紘一の声が聞きたいのに連絡がつきません。

紘一が翌朝、家に帰ると、咲は連と話中で、紘一は夜通し連の相談を受けていた咲に怒ります。しかし、咲も慣れない仕事に必死で、イラついて怒り始めます。

さらに紘一は咲と一緒に水戸の実家に引っ越そうと思っていることを切り出します。しかし、咲は家事と仕事を両立したくて水戸には行けません。

会社に出勤した咲は三十五(椿原愛)から連の新作についてプレッシャーをかけられますが、その時、純(田辺桃子)が来ます。

純は咲を喫茶店に呼び出して、紘一が通勤に1時間半かけていること、紘一の代わりに出動した谷が怪我したことを話します。

純は咲に紘一に異動の話が出ていることを伝え、家族は隊を支える義務があると咲に強く迫ります。純は離婚届の事を話して、住む世界が違う、離婚するべきだと咲に話します。

 

家に帰った咲は紘一に純から聞いたことを確認します。咲は相談してほしかったと言いますが、紘一は咲が忙しそうで話せなかったと言い返します。

咲は純が紘一に好意を持っていると感じてイラつきます。紘一は咲に促されて、「仕事を辞めて家庭に入ってもらうわけにいかないか」と話すと、咲も同じ質問を紘一に聞きます。

紘一が「それは無理だ」と答えると、咲も同じ答えを返します。咲は「水戸へは一緒に行けないと」答えると、紘一は離婚を切り出します。

紘一は別居婚を認めることができず、貴也と自分は違うことを持ち出すと、咲との喧嘩に拍車がかかり、咲は「一緒にいない方がいい」と再び咲と紘一のリコカツが始まります。

紘一は咲に貴也から返してもらった離婚届を渡します。

その頃、紘一の実家では正が薫に自分のどこが悪かったのか聞きます。薫は紘一との思いではたくさんあるが、正との思い出はないと答えます。

咲と紘一はこれまでの事を思い出しながら、咲は離婚届を書き始めます。

咲の実家では武史が離婚届に判を押して、紘一の実家では正が離婚届に判を押します。そして、咲も離婚届を書き終えると最後に判を押します。

 

Sponsored Links

リコカツ5話感想

とうとう、3枚の離婚届が成立しました。離婚が成立するには離婚届を区役所に提出しないといけませんが、3夫婦の決意は確定ですね!

今や考え直されつつあるハンコ文化ですが、離婚届にはまだ、ハンコがいるようです。やっぱりハンコってすごい威力ですね。

咲vs純が結構いいですよね。ネットの投稿では純のことを性悪女感じている人が多いようですが、本当に好きな人がいるなら死に物狂いで取りにいくものですよ。

純の純粋な紘一への愛情が好きです。純には幸せになってほしいです。でも、紘一には咲がいるので・・・。とウラハラな気持ちで純を応援しています。

Sponsored Links

リコカツ5話のネットの反応

S_JUNCOさんは「どの思い出にも貴方はいない」に恐怖を感じているようですが、私もちょっと自分の事を振り返ってしまいました。

思い出がないのではなく、パソコンのdeleteキーを押すように、妻の記憶から消去されている可能性も高い。

Sponsored Links

リコカツ5話まとめ

正と薫、武史と美土里、そして紘一と咲の離婚届に判が押されました。このまま、離婚が成立するとリコカツも終了してしまうのではないかと心配になります。

でも、まだ5話ですから、リコカツは続くのだろう。さて、抜いた刀(離婚届)をどうやって鞘に納めるのか楽しみです。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)