ドラゴン桜|2話ネタバレ考察あらすじ!桜木のテントを燃やした犯人は?楓が半月板損傷で東大専科に!

桜木(阿部寛)に惹かれて晃一郎(加藤清史郎)が東大専科に希望!さらに、飽きっぽい性格を直したい菜緒(南沙良)も東大専科に入ります。

しかし、喜ぶ直美(長澤まさみ)が2人に学力テストをしてみると驚きの結末に!

そんな中、桜木(阿部寛)は調子が上がらないバドミントン部の楓(平手友梨奈)に目をつけます。

Sponsored Links

ドラゴン桜2話ネタバレ

東大専科の桜木のテントが燃える!犯人は輝?

桜木(阿部寛)は楓(平手友梨奈)が万引きをしている防犯カメラ映像を見ています。

輝(高橋海斗)はコンビニの店長から聞いて、バドミントンの練習をしている楓に万引きをしている防犯映像を桜木が持っていることを伝えます。

学校では岩井(西垣匠)と小橋(西山潤)への桜木の強引な指導を問題視して、久美子(江口のりこ)は高原(及川光博)にこれ以上桜木が余計なことをしない様にくぎを刺します。

奥田(山崎銀之丞)は久美子から自分を裏切った理由がゲイにお金を渡したことで桜木に脅されたと話すと、久美子も怒ります。

楓は万引きした映像を桜木に返すように言うと、桜木から「バドミントンの試合で勝つのは無理だ」と言われます

バドミントンの県予選の出場メンバーが発表されると、当然のことながら楓は選ばれており、その後、楓の練習はさらに激しくなります。

その姿を見ていた菜緒(南沙良)は自分も何かに打ち込みたいと思い始め、東大専科に行って直美に相談すると、直美は2人目ゲットに喜びが隠せません。

直美は2人の学力を確認するために昨年の大学入学共通テストを2人に試します。

一方、楓は部室のロッカーに万引きをしたことを書いた紙が貼られて不安になり、桜木の仕業だと思い込みます。

東大専科ではテスト一日目で菜緒は嫌になって東大専科を辞め、夜、晃一郎も東大専科を辞めるメールを直美に送ります。

すると、直美のスマホに連絡が入り学校に行くと、学校がボヤ騒ぎになっていた。燃えたのは教室に置いていた桜木のテントで、原因はタバコとされます。

桜木は教室でタバコは吸わないが、久美子に責められてあっさり自分の責任だと認めます。直美は桜木に嘘をついた理由を聞きますが、桜木は何も言いません。

 

楓は家で元バドミントン選手の両親からオリンピック出場の期待を受けますが、楓の表情は浮かない。

次の日、高原は監視カメラの映像を直美に見せまると直美は驚きます。その頃、桜木は体育館での楓の練習を陰ながら見ます。

輝が海辺でライターを投げようとすると、直美がやってきて、防犯カメラの映像をスマホで見せます。すると、輝はライターを隠して自分じゃないと答えます。

直美はカメラにはもう一人映っていることを輝に伝えて、その場を去ります。

校庭で楓は膝を冷やしますが、親友の菜緒から話しかけられるといつもと違ってイラつきをぶつけます。

大会当日、龍海学園が会場に入ると、他のチームから楓は万引き常習犯と言われます。大会会場にも楓が万引きしたと書かれた紙が貼られていました。

試合が始まると、楓は清野利恵とのダブルスで一回戦に勝ちます。

学校では輝が火をつけた事を職員室で謝りますが、直美は不審に思います。

楓の二回戦が始まると試合は順調に進みますが、終盤で利恵と交錯し右足を傷め、楓は思うような動きが出来なくなります。

コーチの指示で試合棄権となりますが、楓にはシングルスの試合もあり、楓は出場する気でいましたが桜木が止めます。

桜木は楓に「放火したのはお前だろう」と言います。

楓は防犯カメラ映像を盗もうとして東大専科の桜木のテントの中を探したが、警備員の足音がしてテントごと燃やしていた。

楓の両親が楓の膝を心配してやってくると、桜木は楓の膝はすでに壊れていたと両親に伝えます。

楓が東大専科に!将来の希望はスポーツ医学

病院で診察を受けると、楓は半月板が損傷してかなり重症になっていた。成長過程にある楓に勧められる治療方法はなく、2年後に手術しても選手として復帰できる確証はない。

父・明人(駿河太郎)は自己管理ができてなかった楓の頬を叩きますが、それを見ていた桜木は笑い、楓に自分で決めるように言います。

大学の推薦は清野に決まり、楓は言葉が出ません。楓の両親は格下のライバルに推薦を取られて嘆きます。

学校では桜木の計らいでボヤは桜木の責任となり、輝は警察に行くことはなかった。

桜木は病院からの帰りに楓からこれからの人生を相談されると、「自分で決めろ」と答えます。そして、桜木はバイクに楓を乗せて、楓にケガさせた者のところに行きます。

桜木は清野とバドミントンのコーチを体育館に呼んでいた。コーチは清野に推薦を取らせるために楓に無理な練習をさせ、万引きのビラも貼っていた。

さらに清野は試合中わざと楓と交錯していた。楓は真相を聞いてこれまでの努力が何だったのか考えます。桜木は万引きの防犯カメラの映像は確認してすぐに消去していた。

楓は桜木が自分の膝の故障の事をいち早く気づいてくれたことで桜木を信頼します。桜木は自分が不良の道から立ち直らせてくれたのは勉強だったと楓に話します。

バドミントン予選決勝の日、楓は裏方としてチームをサポートするために大会会場に現れます。

 

スタンドには直美と直美が呼んだ菜緒と晃一郎が試合を見ています。優勝決定戦となる利恵のシングルス試合をベンチで見守る楓は試合が不利な状態になっている利恵を励まします。

楓の言葉に利恵は涙ぐみ最後の力を振り絞って試合に勝利します。その様子を輝もスタンドで見ていた。胴上げされる利恵を背に楓は会場を出ます。

楓は東大専科に来て桜木に「東大に合格させて。スポーツ医学を学びたい。」と頼むと、桜木は「無理だ!だがな、オリンピック選手になるより東大合格の方がはるかに簡単だ」と答えます。

OCEAN KITCHEN『BlacK Pearl』では小橋(西山潤)と岩井(西垣匠)が輝に「桜木の事はやめといたら」と話しかけます。

楓は家に帰って参考書を見せて、勉強しようかと思っていると両親に話すと、明人は「そんなことはしなくていい、練習だ」と参考書を投げ捨てます。

桜木は赤門の前で米山(佐野優斗)と会います。米山は二浪して東大合格していた。桜木は法律家として復帰することを米山に許してほしいと言うと、米山はあの時の事は自分が悪いと答えます。

しかし、米山はその事を坂本(林遣都)に話して、桜木を叩き潰す決意を新たにします。

Sponsored Links

ドラゴン桜2話感想

東大専科の教室にある桜木が寝泊まりしているテントが燃えた。桜木は24時間教室にいる派。ある意味、24時間働くブラック企業状態。

そんな中、楓が起こしたボヤ騒ぎをすべて自分の責任として被り、輝の気持ちも上手く尊重していた。

利恵の悪質な行動についてもすべて見抜いてたのがかっこいい。

桜木は生徒の事すべてを理解しているんだな。こんな先生となら東大目指したくなるよな。私は先生に恵まれなかったのかもしれないな~。

と他人のせいにしている自分に気づいて喝を入れてしまった。

菜緒と晃一郎は東京専科に戻ってくるとして、これで3人か~。あとは誰が入るのかな。輝も入るとして、意外と、岩井や小橋も入るのかな。でも、この2人はどうかなぁ~。

と、東大専科メンバー予想が楽しい。

Sponsored Links

ドラゴン桜2話のネットの反応

平手友梨奈さんの人気が過ごすぎて、楓の両親やバドミントンのコーチや、ペアを組んでいた利恵が悪人扱いになっている。

まあ、2話ではすごい悪人でしたけどね。楓ちゃん東大合格頑張って!

Sponsored Links

ドラゴン桜2話まとめ

楓がひざの故障を人のせいにせずにすべて自分で受け止めた。これだけしっかりしている楓なら東大合格は間違いないだろう。

桜木は嫌ごとを言いながらも「東大合格はオリンピックに行くより簡単」と上手く生徒の心をつかんでいます。

次は誰が東大専科に入るのか楽しみです!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)