桜の塔|3話あらすじとネタバレ!内通者はクラブのママ?出世レースの鍵は女性?

事件を解決して、東大派の馳を差し置いて、昇進した漣。

しかし漣の昇進に用意されるかのような事件の数々に、怪しさを感じている水樹。

漣が追いかけている、漣の父が関連していた事件とは?

そしてその黒幕は一体誰?

Sponsored Links

桜の塔|3話あらすじとネタバレ!

警視正に昇進した漣は、警務部に異動する。

そしてそこでは、警察内の不正を取り締まる監察官のポストを与えられ、より父親の事件について調べやすくなる。

異動してすぐ、水樹たちが暴力団から押収した拳銃を横流しした警察官を調べるよう指示される。

警視総監を狙っている漣は、東大派である吉永警視監に気にいられるため、この拳銃事件で成果をあげるべく奮闘する。



拳銃を押収倉庫に運んだのは水樹班の高杉と轟だと聞いた漣は、水樹に話を聞きに行く。

しかし押収された10丁の拳銃が、偽物にすり替えられていたのだ。

水樹から2人の性格を聞いた漣は、現行犯で捕まえるために、罠をしかける。

後日、タレコミで「銃がある」と聞いた水樹班は、ある倉庫で隠されている銃を見つけた。




そして高杉と轟が拳銃を、再び押収室に届けた。

しかし漣と水樹が確認しに行くと、その拳銃は、すり替えられていなかった。

ということは、この事件について知っている内通者がいるのではないか、と漣は予想する。

その話をしていたところを、富樫が付けてきていた。

富樫は水樹と漣が付き合っているのではないか、と疑ってついてきていたのだが、漣はもちろん富樫に気づく。

漣は富樫をうまく利用して、高杉と轟に、漣が疑っていることをバラしてもらった。


翌日、別の事件の容疑者に逮捕状が出たので、水樹班は容疑者宅に向かう。

すると部屋のなかから、大量の覚せい剤を見つけてしまう。

漣は横流し事件は、別の何かが隠されているのではないか、と疑う。

そこで、同期の馳に資料を再度確認してもらうが、馳は

「これで資料は以上だよ」

と言って、返してくる。



そのころ、クラブSでは、千堂・権藤・吉永の同期3人が、ママの計らいで集まってしまう。

そこで漣の父の話になる。

彼ら3人は、漣の父に「警察のイロハを教えてもらった」とママに告げ、薄ら笑った。



現場で押収した覚せい剤を、暴力団に横流ししようとしたのは、高杉だった。

ギャンブルで借金があった高杉が、横流ししようとしていたところを、漣と水樹に現場を抑えられる。

しかし偽物の拳銃が用意されていたことも考えると、裏に誰かいるのではないか、と考えた漣。

それを問いただそうとしたときに、馳から連絡があった。

「高杉警部の報告書には、実は修正された部分があった。

あともう1つ。

僕は収支報告をしているんじゃなくて、不正会計をやっている。

全部終わりにする、僕なんかいなくなっても、誰も悲しまない。」

泣きながら馳が話すと、電話をつなげたまま話し出した。

「残された人間はどうなる。」

しかし馳は漣の言葉を聞こうとせず

「僕は、誰かを助けたかったんだ。

こんなことをするために、警察になったんじゃないんだ。

ごめん、ありがとう。」

と言って、電話を切ってしまう。

そして馳はひとり薬を飲んでしまう。


漣は急いで、同期の新垣に電話をかける。

漣から事情を聴いた新垣は、倉庫室に飛び込み、倒れて動かない馳に走り寄る。

漣が警察についたときには、馳は救急車に乗って運ばれていったところだった。



漣はすぐに吉永警察監の部屋を訪ねる。

「あなたは馳を使って不正会計を行って、裏金を作らせていたんですよね。」

だが、吉永は笑って「証拠はないだろ」といったのだ。

そして、高杉を逮捕したことを責めた。

そこに千堂も、漣を責めるために入室してきた!



何と高杉は荒巻総監の甥で、その情報が隠されていたのだ。

その高杉を漣が逮捕することで、総監の機嫌を損ね、外様派が昇進する機会を失わせようと吉永は考えていたのだ。

だが、実際は漣は逮捕しておらず、高杉に退職を勧め、総監に1つ貸しを作った形になったのだ。

馳は薬を飲む前に、高杉と総監の関係と、不正会計の証拠を送ってきていた。

千堂は吉永と総監に、漣を使って貸を作る形をとり、これを収めたのだ。



しかし千堂は、不正会計を吉永にかぶせず、馳にかぶせる形をとった。

納得がいかない漣だったが、「そのほうが、馳にとってもいい」と言って、漣を納得させる。

一方、高杉は拳銃をすり替える、という知恵は、ある警察OBに聞いた話だと告げた。

漣は、馳の病院を出た後で、クラブSに行くと、ママと情報屋の刈谷に向かって告げた。

「入れ知恵をしたのは、あんただよな。」

Sponsored Links

まとめ

ここまで男性たちの派閥争いが出世レースの大きなカギだと思ってきました。

しかし、3話のラストを見ると、クラブのママ・水樹・優愛が鍵になってきそう。

特に優愛は、漣の同期である水樹のことをよく思っておらず、目の敵にかんじています。

娘の婚約者としても漣のことをよく思っている千堂ですが、漣は優愛のことを出世の道具としか思ってなさそうです。

また、今回はラストに高杉に入れ知恵をしたのは誰か、という話に。

情報屋も怪しいですが、実際に警察の方たちと話をしているのはクラブのママが多いです。

高杉に直接、とは言わずとも、警察上層部を伝って高杉に入れ知恵をすることは、ママにとっては容易でしょう。



今後、話が進むにつれて、

・仲間だと思っていたクラブのママの裏切り
(そもそも漣の父のことも知っているので、何かまだかくしてそう。)

・水樹を間に挟んだ後、優愛による婚約解消。
これによって千堂が漣を見放す可能性

・漣に忠誠するかのようだった水樹の裏切り

が考えられます。

いずれにせよ、どの選択になっても面白そうですね。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)