ハワイファイブオーシーズン2(7話)あらすじとネタバレ!聖域で起きた連続殺人に隠された謎!

今回は、ハロウィンに起きた悲劇!

ハワイの宗教を軽んじているダニーが被害に。

もうそろそろネクタイ外して、ハワイスタイルにしよう。

そして私はいなくなったジェナの行方が気になる…!

7話が始まります!

ハワイファイブオーシーズン2(7話)あらすじとネタバレ!

ハロウィンの亡霊

ハロウィンの夜、肝試しをしていたカップルが何者かに襲われて、死体が埋められた状態で見つかる。

埋められたところは、聖域とされていて、現地の人は入らなかった。

しかし、ダニーはそれを無視して足を踏み入れた。

「何か悪霊に狙われるかね~」

とおどけるダニーだったが、気にいらない現地の人によってフロントガラスを割られる。

スティーヴに

「ハワイの宗教を尊重しろ!」

と怒られた。

現場には被害者が持っていたビデオカメラが落ちており、そこには加害者のものと思われる鞄が映っていた。

 

被害者に残っていた跡から、1人の容疑者グレッグが浮かび上がるが、彼は先週恋人に殺害されていた。

しかし、遺体の顔は散弾銃で撃たれて原型はなく、精神的に不安定な恋人・ニッキーが供述したことから、グレッグが死んだ、という結論にいたっていたのだ。

ニッキーに会いに行くが、精神的な病気が進んでおり、グレッグのことについては、よくわからないままだった。

そしてグレッグの遺体を掘り起こす。

すると棺を開けると、そこに遺体は跡形もなかった。

残っていたカメラの解析が進むと、バッグの中には手が入っていた。

きっと被害者は容疑者に暴行されたとき、顔が鞄の中に入り、手がついたため、グレッグが容疑者になってしまったのだ。

その手は、グレッグのもので間違いない。

聖域に近づくな!

さらに聖域を調べていると、そこには何体もの遺体が埋まっていた。

ということは、ここに住んでいる人物が怪しい。

そこには、ホームレスが住んでおり、スティーヴとダニーは彼に会いに行く。

ホームレスの家には、あのカメラに写っていた鞄も置いてあった。

ホームレスは

「宗教を冒とくした、神聖な場所に立ち入って。

でも俺は、立ち入るなと言っただけだ。」

と言う。

するとマックスが連絡をしてきて、

埋められていた死体はすべていろんな病気で死んでいて、

体の一部が欠損していたものばかりだった。

だから、きっと犯人は医療従事者で、

亡くなった後の死体を盗み、一部を闇業者に売り、残りを聖域に埋めていたのだ。

そうなると、ホームレスは対象外となる。

関係者で、医療従事者は誰か。

それは、墓地で働いているミッチェルだった。

他の被害者たちもまた、ミッチェルの働く墓地に埋葬されていたのだ。

だがミッチェルの働く墓地に行くと、ミッチェルは亡くなっており、管理ファイルが亡くなっていた。

しかし、チンが捜査をすると遺体はすべて同じ病院からきて、同じ看護師がサインをしていた。

名前は、キャリソン。

彼の別荘までファイブオーが向かう。

ファイブオーが突入すると、キャリソンは自分に火を放った。

その日は、家に置いてあった爆薬に引火し、家は炎に包まれた。

燃え残った証拠品や、キャリソンが自分で火をつけたことから、事件は解決。

 

まとめ

今回もまた、ファイブオーの名推理で、ひとつ事件が解決したな…!

コノも再度加わり、ロリーもだいぶ、ファイブオーに慣れてきた気がしますね。

何か最近、スティーヴといい感じなのが否めない…

キャサリンを忘れないでね、スティーヴ…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)