エスター(前日譚)ネタバレやあらすじ!リーナクラマーの設定やどんな風に怖いの?

2009年公開の映画「エスター」は、ある夫婦が養子に迎え入れた孤児院の少女が、恐怖をもたらしていくさまを描いたホラー作品で世界中で大ヒットした映画です。

そんな映画「エスター」の新作「エスター(前日譚)が製作されることがわかりました。

新作の監督は前作「エスター」を手がけたジャウム・コレット=セラに代わって、2016年映画「ザ・ボーイ~人形少年の館~」のウィリアム・ブレント・ベルが務めます。

撮影は2020年の7月~9月が予定されているので、公開は2021年になると考えられます。

今回は公開が待ち遠しい「エスター(前日譚)」のネタバレやあらすじなどを調べてみました。

Sponsored Links

「エスター(前日譚)」って?

前作では、エスターが実は9歳の少女ではなく実は33歳の小柄な女性だったことがラストで分かります。

新作「エスター前日譚」では、そんなエスターの過去が描かれるということです。

ネタバレやあらすじって?

ロシアの精神科の病院から脱走した主人公の小柄なリーナは、アメリカにたどり着きます。

そして行方不明になっていた、資産家の娘のエスターに成りすまそうとします。

しかし実の母親は当然怪しいと気づきます。

エスターの成りすましを阻止し家族を守るために、実の母親は、リーナと戦います。

Sponsored Links

リーナクラマーの設定って?

まだ撮影前なので、細かい設定は分かっていません。

ただ前作と似たようなストーリーであることは分かっています。

前作では、エスターことリーナクラマーが9歳の少女と見せかけて、実は33歳の大人だったということが物語の鍵になっていました。

新作では、すでにリーナクラマーのその設定は分かった状態でスタートします。

もしかしたら新作のリーナクラマーには違う設定がプラスされているのでしょうか。

そしてそれが最後のどんでん返しになるのでしょうか。

ちなみに前作でエスター役を演じたイザベル・ファーマンは、エスターを演じたときは12歳でした。

現在は22歳になっているので、エスターを演じるの難しそうです。

新作「エスター(前日譚)」では新たなエスターが登場するのでしょうか。

エスター役/イザベル・ファーマン

名前 イザベル・ファーマン(Isabelle Fuhrman)
出身 アメリカ合衆国ワシントンD.C.
生年月日 1997年2月25日

前作「エスター」でエスター役を演じたのは、イザベル・ファーマンです。

12歳でエスターを演じ、その演技力が大きく評価されました。

どんな風に怖いの?

前作「エスター」の題名の原題は、実は「Orphan(オーファン)」で日本語の意味は「孤児」でした。

そして新作の「エスター(前日譚)」の原題こそが「Esther(エスター)」です。

この原題からしても、エスターにスポットを当てた物語になることは間違いなさそうですね。

前作では、不気味な雰囲気のエスターに追い込まれていく家族たちの様が怖すぎました。

「エスター」は幽霊やお化けより、人間が怖いサイコホラー映画でした。

今回の新作「エスター(前日譚)」もストーリーからして、同じようなサイコホラーになる気がします。

Sponsored Links

まとめ

ここまで映画「エスター(前日譚)」のネタバレやあらすじについてお送りしました。

前作「エスター」は世界中で大ヒットしました。

続編となる新作は、これから撮影が始まるということです。

あのエスター役を誰が演じるのか楽しみすぎます。

また前作でエスター役を演じたイザベル・ファーマンは登場するのでしょうか。

いまから公開が待ち遠しいですよね!

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)