ドラゴン桜|1話ネタバレ考察あらすじ!価値のある人間になるために東大へ行け!元暴走族・桜木がバイクで校舎に乗り込む!

今期最も注目を集める阿部寛さん主演のドラゴン桜がスタートしました。

2005年夏に放送された前作品では、のちに大物になった女優、俳優がたくさんいて、その中から長澤まさみさんが今回も水野直美役で出演!

さらに、今回も将来有望な若手がたくさん出演しています。偏差値32の龍海学園高等学校から東大合格を出すことができるのか。さっそく、第1話をご紹介します。

 

ドラゴン桜1話ネタバレ

価値のある人間になるために東大へ行け!

会議で高原(及川光博)が龍海学園の生徒が減り、これを打破するには東大合格者を輩出しるしかないと提案するが、偏差値32のこの学校からは無理だとの意見が大多数を占めます。

さらに、理事長の久美子(江口のりこ)は勉強重視ではなく、個性を伸ばして生き残るすべを画策したい。

高原は名門龍山高校を例に先生たちを納得させようとします。高原はすでに桜木に声をかけていたのですが、やってきたのは直美(長澤まさみ)でした。

桜木は福井県で海釣りをしていますが、消息不明となっています。高原は久美子を説得しようとしますが、桜木本人が不在では話にならない。

直美は坂本智之(林遣都)に桜木の行方を探させています。

桜木は釣り人とモメて交番で警察の厄介になっていると、弁護士の直美がやってきて桜木を助けます。

桜木を見つけた直美は2年ぶりの再会となりますが、桜木は直美のやさしさを全く感じることなく自分の持論を言い始めます。

直美は龍海学園高校の再生を桜木に頼みますが、桜木は断って上手く直美の前から逃げます。桜木がボロアパートに戻ると、直美が待っていますが、直美を追い出します。

桜木は家賃を払うこともできない貧乏生活をしています。桜木は取り分は報酬の半分、実行するのは直美ということで、直美の話を承諾します。

桜木が高原と会い、定例理事会の過半数を取ることを検討します。賛成派は龍野(木場勝己)と日比野、反対派は久美子と奥田(山崎銀之丞)と小松川であり、このままでは棄却されます。

定例理事会が開かれ、桜木、水野に東大専科クラスを作ることに賛成するのは龍野と日比野だけでしたが、遅れて、奥田も賛成の意を示し、賛成多数で議決されます。

それでも、久美子は納得いきません。高原は龍野に1年で東大合格者を5人出すと約束します。それが出来なければ高原は解雇、もしできれば久美子は退任することになります。

始業式の日、生徒の楓(平手友梨奈)がコンビニで万引きすると、そこに居合わせた輝(高橋海斗)が楓に注意します。そこに、桜木が現れますが、一声かけただけで、特に何も言わない。

始業式では直美が東大専科クラスを作ることを話しますが、誰も話を聞きません。直美は自身の偏差値30からの東大合格の話をします。

直美は「バカとブスこそ東大へ行け」と昔の桜木の真似をしますが、どうも迫力が足りない。続いて教育監修の桜木があいさつします。

すると、直美と違い「東大に絶対に行くな、東大合格のテクニックはあるがお前たちのその価値はない」と言い始め、最後に「価値のある人間になるには東大に入ることだ」と生徒たちを鼓舞します。

始業式が終わると、水野が職員室に呼ばれます。

桜木は廊下で楓たちに声をかけて、生徒を馬鹿にする言い方をします。楓はバドミントンで有名な選手だが、足を気にしており、桜木はそれを見抜いています。

職員室に呼ばれた直美は高原から成績優秀な遼(鈴鹿央士)と麻里(志田彩良)を紹介されますが、上手く2人を勧誘できません。

高原と直美は体育館に行きます。勉強はできない学校ですがバドミントンだけは全国レベルで活気があります。

楓はバドミントンで大学に行くので東大には無関係だと、直美は高原から説明を受けます。

直美が東大専科クラスに行くと桜木が寝泊まり用のテントを用意しており、小橋(西山潤)と岩井(西垣匠)が教室のドアをノックします。

廊下では健太(細田佳央太)がゆっくり歩くオオクワガタを見ています。

海行った桜木のところへ晃一郎(加藤清史郎)がやってきて、東大合格について執拗に質問します。すると、桜木はごちゃごちゃうるさい晃一郎を海に落とします。

2年前、桜木は桜木弁護士事務所にいて、鶴巻高校で8人中7人の東大合格者を出したが、米山という生徒が不合格となった。

その米山が桜木の前でナイフで首を切って自殺未遂をした。

元暴走族魂に火をつけた!恐怖にビビる小橋と岩井

桜木は米山の母親からなぜ東大を目指させたのかと責められ、週刊誌などでも桜木は猛烈に叩かれた。

桜木健二法律事務所は解散し、一緒にやっていた岸本香(早霧せいな)が岸本法律事務所を開いて顧客を引き継いだ。

桜木は輝の実家のラーメン屋でラーメンを食べます。

直美は小橋と岩井に問題集を渡して授業を始めますが、桜木は「無駄だ」と言って教室を出ていきます。

小橋と岩井は金髪を切ってくれと直美に頼むと、直美はバリカンで髪を切りますが、その動画が問題となり、桜木が晃一郎を海に落とした動画も問題となります。

直美は小橋と岩井にハメられていた。小橋と岩井は直美に頭を下げるように言うと、直美が謝る姿を動画に録られます。すると、直美は2人に罵声を浴びせますが、2人はさらに調子に乗ります。

桜木は小橋のスマホを取り上げ校庭に捨て、桜木にビビって2人は逃げ出します。

直美は小橋と岩井にハメられたことを久美子に話しても聞いてもらえず、さらに先ほど直美が謝った動画もSNSにアップされます。

桜木が海に行くとバイクに乗った岩井と小橋が桜木を海に落とします。2人は米山の事も知っていた。

小橋と岩井が喫茶店でタバコを吸っていると、パイプを持った桜木がやってきます。桜木はバイクで逃げる2人を奪ったバイクで追いかけます。

2人に猛スピードの桜木が迫ると2人はビビって学校に逃げます。すると桜木もバイクで学校に乗り込みます。

2人がバイクを捨てて階段を上りますが、桜木はバイクで駆け上がり、校舎内に乗り込みます。桜木はバイクで2人を追いかけます。桜木は2人を追い詰めたところでバイクを止めます。

 

桜木が鉄パイプを2人に向けると2人はビビり、桜木は鉄パイプを振りかざすと、桜木は寸前で止めますが、小橋と岩井はビビっておしっこを漏らします。

桜木は人を陥れることも暴力だと怒鳴りますが、駆け付けた久美子は生徒を擁護します。すると、桜木は自分を海に落とした小橋と岩井の動画を久美子に見せます。

桜木は「世の中、舐めんな!」と2人に怒鳴ると、小橋と岩井は直美と桜木に謝ります。晃一郎は自分が海に落とされた時、桜木も一緒に落ちてくれたとみんなの前で話します。

晃一郎はその時、東大を目指すことを決意して、桜木先生から学びたいとみんなの前で宣言します。

それを見ていた輝の目は輝きます。しかし、桜木たちは知りませんが、小橋と岩井に指示をしたのは輝でした。そして、、直美の協力者と思われた坂本も米山と桜木への復讐を狙っています。

ドラゴン桜1話感想

注目の若手がたくさん出演している中で、私が一番注目しているのは、南沙良さんですね。

このドラマで一気に上昇気流に乗って、第二のガッキー(新垣結衣さん)になる予感がします。

前作はちょっとだけ出演していた江口のりこさんが役どころは全然違いますが、今回は理事長として出演しています。

やっぱり前作品のキャストは凄かったんですね。みんな大成長と遂げています!


そして、今回の舞台は龍海学園高校。前作とは異なり、桜木を学校から追い出そうとする生徒や理事長、桜木に恨みを持つ米山が現れて大変なことになりそうです。

しかし、桜木のバイク姿は迫力満点!少々の敵はあっさり追い払いそうです。まずは東大専科クラスの生徒確保ですよね。さて、桜木は春に桜を咲かせることができるでしょうか。

ドラゴン桜1話のネットの反応

林遣都さんの出演に驚いた方が多かったようで、私もその一人です。導火線さんはドラマの組み合わせを楽しんでいるようですね。

まずは、皆さん第1話を十分楽しんだようです!

ドラゴン桜1話まとめ

桜木と直美の新たなる挑戦が始まりました。まずは理事会で過半数を得て東大専科クラスを作ることができましたが、まだ、生徒がいません。

まずは生徒集めとなりますが、桜木と直美へも妨害もかなりありそうです。

次回、どんな展開になるのかハラハラドキドキで楽しみです。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)