リコカツ|2話ネタバレ考察あらすじ!プレゼントは機能重視のライト付きボールペン!紘一の階段落ちはお約束?

紘一(永山瑛太)と交際ゼロ日婚した咲(北川景子)でしたがあまりの生活習慣の違いからリコカツを決意!しかし、咲はピンチを救ってくれた紘一の頼もしさを再認識して心が揺れます。

しかし、今回は2人の職場で夫婦参加のパーティーがダブルブッキングして大喧嘩!咲と紘一のリコカツはどうなるのでしょうか?咲と紘一の両親のリコカツも新たな局面に進んでいきます。

Sponsored Links

リコカツ2話ネタバレ

ダブルブッキング!さあ、どっちに行く?

階段から落ちた咲を身を挺して助けた紘一は雨の中で咲を抱きしめます。その時、父・正から連絡が来て、家に行くと、母・薫は離婚届と結婚指輪をおいて家を出た後でした。

正は紘一と一緒に駆け付けた咲に、お茶や夕飯など薫に言うように咲に指示します。その様子を見ている紘一は何も言わず、咲はイラつきいて腹を立てた咲は夕飯をウーバーイーツにします。

家に帰った咲は薫を見つけるまで紘一とは家庭内別居することに。

ソファーで寝る紘一は咲を助けるため階段から落ちたときに傷めた背中に湿布を貼ろうとしますがうまく貼れません。咲が手伝おうとしても紘一は断ります。

翌日、出社した咲はなつみ(大野いと)に結婚していることを羨ましがられます。

そして、咲は編集長の大崎(松永天馬)から、ラルフローレンの新連載の企画で、連載を依頼する吉良夫妻を招いてパーティーを開くので、咲にも夫婦で出席してほしいと頼まれます。

これは咲にとってもチャンス!離婚後の生活の支えにもなると、咲はリコカツの一環として紘一を誘っていく事にします。

パーティーに行くための服選びに行った咲は紘一の素敵なスーツ姿にうっとりしますが、値段を見て購入を嫌がる紘一と口論になります。結局、咲のお金で購入することで紘一は納得します。

紘一は谷(柴田勇貴)から奥さんへのプレゼントを聞かれますが、紘一はプレゼントをしたことがなく、隊員たちに冷やかされます。

すると、紘一は隊長・重森(菅原卓磨)から、今年のバーベキュー大会には夫婦で参加するよう頼まれます。

家に帰った紘一はライト付きボールペンを咲にプレゼントしようと、サバイバルでも使える機能性を説明しますが、咲の反応は悪く、咲が自分へのプレゼントだと知るとしらじらしく喜びます。

紘一がバーべーキューに咲を誘いますが、その日は咲のパーティーと同じ日であることに気づいて、咲と紘一は大喧嘩になります。

紘一は隊の団結を重視したいが、咲も引き下がれない。話はつかず咲は怒って一人で寝室に行きます。

一方、咲の実家では父・武史(佐野史郎)がゴルフに行き、楓(平岩紙)と梓(夏野琴子)が家にやってきます。母・美土里(三石琴乃)は武史が浮気していることを楓に話します。

その頃、家を出た薫は温泉宿で仕事をしています。

夜、咲はレストランで元カレ・貴也(高橋光臣)と偶然再会して、パワハラで仕事で企画を外されたことを相談すると、貴也はいつでも咲の見方だと言ってくれます。

そこへなつみがやってくると、貴也は去ります。咲は「結婚とは何だろうね」となつみに相談します。

武史は里奈(中田クルミ)とボーリングを楽しんでいるところへ、美土里がやってきて、武史は里奈を友達として紹介しますが、美土里は離婚調停を有利に進めるためにすべてを動画に撮ります。

紘一が実家に帰ると家は片付いておらず、正は薫が一人で生きていけるはずがないと、薫が帰ってくることを信じています。

紘一は身勝手な考え方をする正に、憤慨して甘い卵焼きの話をします。薫はしょっぱい卵焼きが好きなのに、緒原家の卵焼きは正に合わせて甘く作っていた。

紘一は正に怒りながら自分が咲に取った行動を思い返します。

階段から落ちる紘一、これで2度目!

バーべキュー&パーティーの日、紘一は1人でバーベキューに参加していると、寂しそうにしている紘一に純(田辺桃子)が話しかけます。紘一は重森から妻の事を聞かれると言葉に詰まります。

一方、パーティーに1人で行った咲は吉良夫妻に夫の紹介ができずに、うまく誤魔化そうとしますが、吉良夫妻には理解してもらえません。

その時、紘一が階段を転げ落ちながら、姿を見せ、「遅れて申し訳ありません」と吉良夫妻にあいさつします。

紘一は吉良夫妻に咲の良さを吉良夫妻に話すと、吉良夫妻は納得します。驚いた咲でしたが、今度は咲が紘一と一緒にバーベキューへと走ります!

咲と紘一が終わる直前のバーベキュー大会にやってきます。咲は紘一が重森にすごい剣幕で話して、パーティー会場に走っていった事を聞いて言葉が出ません。

すると、純が咲を誘って森の中へ入り、咲をおいてバーベキューの場所に戻ります。一人ぼっちになった咲は森の中で迷います。

咲のスマホのバッテリーが切れて、咲は連絡ができません。咲がいないことに気づいた隊員たちですが、そのことを聞いた紘一は森へ走ります。

夜になり、紘一は1人で森の中に座る咲を見つけ、抱きしめて、「二度と俺のそばから離れるな!」と怒ります。

咲が「どうして、いつも守ってくれるの?離婚するのに」と聞くと、紘一は「まだ、君の夫だ」と言って咲をおぶって森を出ます。

家に帰った咲は紘一が使っていたライト付きボールペンをもらいます。

スマホを見た咲はSNSの投稿に家を出た紘一の母・薫の姿を見つけます。そして、玄関チャイムが鳴ると、家を出てきた咲の母・美土里が部屋に入ってきます。

Sponsored Links

リコカツ2話感想

1話でも話題となった紘一の自衛官癖の強さが1週間忘れなかった。そして、いざというときに頼もしい男の紘一は病みつきになるな~。

今回は咲の会社の大事な取引先のパーティーと、紘一の隊の大事なバーベキュー大会が重なって、2人は大喧嘩。

咲と紘一のリコカツが加速するのかと思ってたら、裏では咲の両親のリコカツがスタートしてました。

緒原家の卵焼きの味は正の好みに合わせて、薫が苦手な甘い卵焼きになっていたのが、なんかよかったですね。こういう細かいことが大きなことにつながるんだよね。

そして、パーティーに階段を転げ落ちながら現れた紘一に、「きたー!また、階段から落ちながらキター!、もしかしてこれから毎回?」と私は心の中で叫びました。

咲と紘一の両親のリコカツは順調に進んでいるようで、あちこちに離婚時限爆弾があるようなドラマです。咲と紘一の爆弾のタイマーはあとどのぐらい残っているのかな。

爆破しそうになったら、リセットボタン押して、爆発せずに終わるのかな。まだまだ、2話なのでこれからが楽しみです。

Sponsored Links

リコカツ2話のネットの反応

おいどんさんの純への突っ込みは厳しいですね。確かに純は悪女になりかけています。咲はどう思っているのかな。

他にもいろんな意見があって、突っ込みどころが多くて、楽しいドラマだと分かりますね。

Sponsored Links

リコカツ2話まとめ

紘一が階段を転げ落ちるシーンが1話に続いて2話にも登場。これって、もしかしてお約束になるの?咲のピンチに必ず現れる紘一が格好いい!

咲と紘一のリコカツは一進一退ですが、ご両親のリコカツは邁進中!

咲のどんなピンチを紘一が救うのか、階段を転げ落ちるシーンはあるのか、両親のリコカツは?と、次回の楽しみがたくさんありますね。

 

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)