24JAPAN|24話(最終回)ネタバレ考察あらすじ!内通者は水石で指示を出していた組織とは?シーズン2へ続編の可能性も?

2クールにわたり放送された「24 JAPAN」もついにラスト1時間!

前回は内通者が水石だったということが分かり、どんでん返しに驚愕した方も多いのでは?

果たして、獅堂は朝倉を救い、家族も助けることが出来るのだろうか?

24JAPAN|24話・最終回ネタバレ考察あらすじ!

美有の命を救うため、朝倉が死んだというフェイクニュースを流す。

獅堂は美有と自分を人質として交換するようビクターに頼む。

ビクターは、場所を指定すると電話を切ってしまう。




ビクターと連絡をとった獅堂は、ビクターたちが朝倉の生存を知っていたことから、CTUの内部に内通者がいる、と確信する。

すぐに水石に電話をかけると、獅堂は内通者を判明させるよう水石に指示を出した。

そのころ朝倉は、生存しているのを夫にリークされてしまい、口論になる。

「獅堂の娘が亡くなったら、あなたのせいだから」

と告げると、マスコミの前で説明すべく部屋を出た。



監禁されていた場所から逃げ出した美有は、通りがかりのパトカーに保護され、CTUに向かうことになる。

だが水石はビクターからの指示で、「美有が亡くなった」と獅堂に伝えた。

美有が亡くなったのはビクターのせいだと思った獅堂は、急いでビクターのもとに向かう。

それが罠なども知らずに。




美有が亡くなったというニュースを聞いた獅堂が、ビクターのもとに来ないのではないか、と恐れたアンドレ。

しかし、ビクターの狙い通り、獅堂はトラックのまま待ち合わせ場所の倉庫につっこんできた!

激しい銃撃戦がすぐに行われるが、獅堂はアンドレやビクター・手下たちを倒す。

その件はすぐに鬼束経由でCTUのメンバーたちにも伝えられる。

水石はそれを聞くと、ひとりCTUのメインコンピューターに向かい、データをバックアップする。

すると、そこへ立花が。

「今、2人が助かったって聞いたけど、水石さんのおかげだわ、ありがとう。

最後に聞いておきたいんだけど、もうあの人に未練はない?」

そう聞かれた水石は、急いでにっこり笑うと

「これが終わったら異動する予定です。」

と言った。

安心した立花は部屋を出ていこうとするが、水石の足元にあった警備員を撃った時の血に気が付いてしまう。

部屋を出ていこうとする立花を、水石は引き止めると、頭に銃を突きつけた。



獅堂は、美有の遺体を探すために、近くの警察に向かうが、そこで遺体は上がってないといわれてしまう。

急いで鬼束に確認を取ると、鬼束も美有はCTUに向かってると言い、水石のウソだったことが分かる。

獅堂は鬼塚に「水石を急いで拘束してくれ」と頼むが、既に水石は立花を拘束していた。

鬼束は証拠がないと水石を拘束できない、というので、獅堂は監視カメラの映像を本部に探すよう指示。

送られてきた動画には、すみれの死を自殺に見せかける水石が映っていたのだ。



一方朝倉は、夫が勝手にマスコミにリークしたことで信用を無くしていた。

会見を終えると、夫を呼び出し、

「あなたは総理大臣の夫に向いていない」

と告げると、夫に何かを言わせる間もなく、部屋を勇ましく出ていった。



サーバールームに爆弾を仕掛けた水石は、警護たちを全員殺害し、CTUを出ようとする。

しかしそこに獅堂が到着。

獅堂は水石を車から降ろすと、頭に銃をつきつけた。

水石を殺そうとする獅堂だったが、鬼束と南条が駆け寄り。獅堂を止める。

「いま、美有ちゃんがついた、急いでいってやれ!」

獅堂は銃を下ろすと、にらみつける水石を横目に、去っていった。




ついに美有と再会を果たした獅堂。

しかしその部屋に立花はいない

立花を探しに部屋を出た獅堂は、サーバールームで残り1分20秒を告げている爆弾を見つける。

急いで装置をつかって爆弾を止める獅堂。

止まったのを確認し、椅子に座る立花に駆け寄ると、そこには息耐えた立花が。

胸あたりに血が滲み、撃たれた跡があった。

泣いて立花を抱きしめる獅堂だったが、背後にあった爆弾のタイマーはまた刻々と動き始めていた。

それに気がついた獅堂は、立夏を抱きかかえ、部屋を出ていく…!

すると次の瞬間、激しい爆音が美有のいる地上の部屋にも聞こえてきた。

爆撃に巻き込まれた獅堂は、がれきのなか、冷たくなりつつある立花と横たわっていた。

そして手を伸ばすと

「一緒に帰ろう」

と言って、目を閉じたのだった。


まとめ

結局、水石が何故アンドレたちに付いて、獅堂を殺そうとしていたのか分からないままでした。

それに、水石が逃げようとしていた時に、英語で指示を出していた組織はいったい誰なのかもわからないまま。

立花は胸を撃たれていたのでなくなっている可能性がありますが、強靭な獅堂のことですから、彼は生き残ってそう。

そうだとしたら今度は獅堂が、立花を殺した組織をつぶすために、再び彼らを追う続編がありそうですね。

2クールと言う長い期間でしたが、最後の5話ぐらいからはテンポもよく、目まぐるしい展開で、見ていてドキドキしました!

続編にも期待したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)