シーシュポス(Netflix)12話ネタバレあらすじや考察!ボンソンは敵なの味方なの?幼いころのシグマが怖すぎる!

11話でテスルはソヘがいる世界に行くために同じ薬を打ちます。

テスルはそこでソヘを見つけます。

しかしテスルはその世界で自分の辛い過去を見ることになります。

「シーシュポス」12話ネタバレあらすじは?

父親に会ったソヘは?

未来で砂嵐に巻き込まれたソヘは父親のドンギに助けられます。

その夜ドンギは密航して外国に行こう、どうしても行くというなら私を撃てと言います。

しかしソヘはアップローダーで過去に行きたいと答えます。

翌日ドンギは約束しろ、体だけは大事にすると、何かあったら私を尋ねて行くんだぞと言います。

その時2人を狙う男が現れます。

その男はなぜ過去に行くと尋ねます。

ソヘは戦争を阻止しにいくと答えます。

男はどうやってと尋ねます。

ソヘはある人を助ける、ハンテスルと答えます。

その男はお前かとマスクを外します。

男はテスルの警護をしていたボンソンでした。

現代、目を覚ましたソヘは父親のドンギと再会します。

戸惑うドンギにソヘは8歳の時に転んだ怪我の跡を見せます。

ソヘはドンギに戦争が起きることを話します。

そして私が変えてみせると言います。

テスルは過去でテサンと会ったことを思い出します。

そこにパク社長がやってきます。

テスルはパク社長にテサンに何をやったか尋ねます。

シグマに捕まったテサンは鍵を奪われますが、取締局にいたソジンがテサンを連れ去ります。

そのテサンを今度はパク社長が奪ったと言います。

そしてパク社長はテサンに鍵を取り戻したらテスルを守ってやると提案したと言います。

しかしパク社長から逃げたテサンはシグマに捕まります。

焦ったソジンはテサンに薬を打ったということでした。

パク社長のアップローダーを直したテスルはソヘとソンを連れて帰ろうとします。

しかしパク社長はお前たちのせいで部下のソンジェは歩けなくなったとテスルたちを撃とうとします。

そんなパク社長にソヘは決まってるから許せない?ひとつ教えてあげる撃たれて歩けなくなるのは本当は私だった、日記に書いてあった、少し変わったのと言います。

そしてソヘはパク社長に未来の薬を渡します。

パク社長の元からテスルの自宅に戻ったテスルはソヘに未来に起こることを尋ねます。

ソヘは日記帳を見つけた時にある物を触ったら夢を見るようになった、最後に見たのは教会だった、私たちの結婚式だったと思う、そこで撃たれた、シグマがあなたに選べとと話します。

シグマを追うなと言ったのはこうなるから、アップローダーを作らないでどのみち私たちは死ぬのと続けます。

その後テスルはソヘにシグマが自分を知っているようだった、でも思い出せないと話します。

そしてどうすればいいか本当にわからないんだ、戦争は止めるべきだとソヘを抱きしめます。

シグマの絵を調べるテスルは?

テスルとソヘはシグマが残した戦争で燃える街の絵を改めて見ます。

ソヘはその絵を見て未来にない建物があると気づきます。

テスルはその絵の下にある絵を見ます。

テスルはテサンが持ってきたスーツケースにその絵があったことを思い出します。

テサンのスーツケース調べるとある小学校の文集を見つけます。

そこにはテスルが未来で行うことが書いてありました。

その文集の小学校に2人は行きます。

テスルはその小学校に入学をしていましたが、卒業は別の学校でした。

そこでテスルは生活記録帳を見ます。

しかし対応した先生は取締局の人間でした。

2人はテスルがいたクラスのことを調べます。

そこでソ・ウォンジュという生徒を見つけます。

テスルはウォンジュを見てこいつだと言います。

そして幼い頃の記憶を思い出します。

いじめられていたウォンジュをテスルは水とナトリウムを混ぜた液体を爆発させて助けます。

ウォンジュはそのやり方をテスルに聞きます。

ウォンジュは父親に虐待されていました。

翌日ウォンジュの家が火事になって父親が死にます。

テスルはウォンジュがじぶんは未来がわかる、絵に描いたことは現実になると言っていた言葉を思い出します。

そして学校を休んでいるウォンジュの机に燃える家の絵を見つけます。

その帰りテスルの前にウォンジュが現れます。

テスルは自首しろと言いますが、ウォンジュはお前が焚き付けたくせにと答えます。

そんなウォンジュをテスルはあっちに行けと突き飛ばします。

ウォンジュはお前も他の奴らと同じだ、みんな殺してやると言います。

テスルはウォンジュが最初にアップローダーに乗せろと言ったことをソヘに話します。

その時先生のふりをしていた取締局の女が2人に襲いかかります。

ソヘは女を倒します。

その時テスル、遊ぼうというシグマの声が聞こえます。

その声の先を見ると校庭にシグマがいました。

「シーシュポス」12話感想は?

テスルとシグマの関係がわかりました。

小学校時代の同級生だったんですね。

子供のころのシグマはかわいそうな境遇なんですがとにかく怖すぎました。

シグマは子供のころの恨みで戦争を起こそうとしているのでしょうか。

またテスルの警護をしていたボンソンとソヘは未来で出会っていました。

ボンソンは撃たれてから姿を現さなかったので気になっていたのですが生きていたんですね。

ソジンの例もあるのでまだ敵か味方かわかりませんがこれからも登場するのでしょうか?

まとめ

ここまで「シーシュポス」12話をお送りしました。

ついにシグマのことを思い出したテスルはどうなるんでしょうか?

次回が待ちきれないです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)