天国と地獄|10話(最終回)ネタバレ考察あらすじ!東のSDカードで日高が犯行否認!再び入れ替わり?

ついに最終回!日高(高橋一生)を助けるはずだった彩子(綾瀬はるか)が河原(北村一輝)に逮捕されて、日高は連続殺人犯となるのか?

日高を犯人にしようと躍起になっている河原に彩子が挑みます。警察は真実にたどり着くことができるのか?彩子と日高はどうなる?驚愕の結末にご期待!

天国と地獄10話ネタバレ

日高主犯を覆す消えたSDカードの行方は?

彩子が河原に手錠をかけられ、彩子は河原に文句を言いながらも連れていかれ、陸(柄本裕)は船室でSDカードを拾います。

警視庁では日高のスマホの削除ファイルの復元が試みられます。

彩子は十久河一課長(吉見一豊)と五十嵐管理官(野間口徹)から事情聴取を受けますが、証拠の丸い石を見せながら、強い口調で手錠をかけられている理由を問います。

すると、彩子は犯人確保に免じて解放されます。鹿児島にいる陸から連絡が来ますが、河原が日高より、東朔也(迫田孝也)の事を気にしていたことを知ります。

日高は五十嵐から事情聴取を受けます。捜査本部では東主犯で捜査をする予定でしたが、日高が全部自分がやったと証言して、日高主犯で捜査が進められます。

彩子は日高を白だと説明しますが、河原や十久河は日高が黒との意見を強く推します。彩子は日高は自分を庇っているのかもしれないと考えます。

河原が日高を取り調べると、日高はすべての自分が殺害したことを認め、田所宅への侵入経路、田所宅で抜き取ったSDカードを捨てたことを供述します。

彩子は八巻(溝端淳平)と東を犯人と決定づける物証を探そうと躍起になっていると、新田(林泰文)も東の家の家宅捜査に協力します。

日高の事情聴取では日高が1件ずつ完璧に答えますが、河原は日高がやっていないことに気づいていて、事情聴取を中断して明日に持ち越します。

河原は幅(谷恭輔)と独自に捜査を進めており、河原は日高を警察の誰かを守っていると考えています。

東の家からは東が犯人である証拠は出てこず、彩子は焦ります。彩子は捜査書類の中に”SDカード”と書いてあることに気づきます。

彩子はSDカードについて陸に連絡しますが、陸はSDカードを手に持っていましたが、日高の事を心配する彩子に嫉妬して、見たことないと答えます。

日高の事を心配する五木(中村ゆり)が彩子に「日高をよろしくお願いします」と頼むと、彩子は日高送致を阻止するために日高に全部しゃべらせることを決意します。

彩子は拘留されている日高に会いに行き、すべて話すように頼むと、日高は「分かりました」と素直に答えます。

次の日、河原は取調室で供述調書の確認を日高に行い、彩子はその様子を隣の部屋で見ています。しかし、日高は本当の事を話すことなく、調書に間違いないと答えます。

納得いかない河原は彩子の部屋に証拠品があったことを日高に問います。すると、日高は自分が隠したと答え、他にも彩子の事を聞かれますが、うまく言い逃れします。

その時、新田が東のアパート近くの防犯カメラの映像から犯行日付近に、あるパン屋の袋を持って帰っていることに気づきます。

そのパン屋を調べると、近くにネットカフェがあり、彩子はネットカフェに走ります。

その頃、鹿児島県警の遺体保管場所に陽斗の父・満(木場勝己)が東の遺体の引受人としてやってきて、陸に感謝します。

陸は東が亡くなる前に犯行を認めていたことを思い出して、自分のやっていることの愚かさを痛感して、SDカードの事を彩子に伝える決意をします。

彩子はネットカフェの店員に東とSDカードの事を聞くと、店員は東を見たことがあり、SDカードの防犯カメラの映像は消去していたと答えます。

日高が犯行を否認!すべてが終わった?

彩子のスマホに鹿児島県警刑事課からメールが来て、そのメールには動画が添付されていて、その動画を見た彩子は動画を八巻に転送します。

日高の事情聴取が終わったとき、幅がファイルを持って取調室に入ってきます。そのファイルには日高の生い立ちなどが書かれており、河原は自分が調べた東や日高の事を話し始めます。

河原は東が不当に解雇され、父が認知症を発症し、自分が余命宣告されたことなどすべてが書いてあり、日高の前で読み上げます。

河原はこの殺人は「東の声じゃないのか!、お前に東の声を奪う正義はない」と問いかけます。

その時、彩子が取調室に入ってきて東の犯行を認める証拠が出てきたと河原に鹿児島県警からのメールを見せます。すると、河原は後を彩子に任せて取調室を出ていきます。

彩子が日高に事情聴取を始め、日高に動画を見せます。その動画で東は3人を殺害したのは自分だと自供しています。

さらに、東は事細かく殺害動機や方法を綴っていました。それでも、日高は「兄・東にこの動画を残すように頼んだ」と主犯は自分であると主張します。

彩子は日高に嘘をやめるように説得を続け、隣の部屋でみんなが見ている前で、すべてを話します。そして、再び日高に犯行を問うと、涙を流しながら日高は犯行を否認します。

陸が東京に戻ってきて、彩子はやれることはやったと陸に告げます。

彩子は「SDカードの動画を送ってきたのは陸でしょう」と尋ねると、陸は否定します。そして、陸は彩子を抱きしめたあと仕事に行きますが、その後、陸が帰ってくることはありませんでした。

事件は日高の供述と東の告白をもとに再構築され、さらに東犯行を裏付ける新たな証拠も出てきて、東は被疑者死亡で3人の殺人容疑、

日高は証拠隠滅2件、死体損壊2件の容疑で送致され、3年の実刑判決を受けました。

彩子と八巻は今回の事で警察学校の教官としての辞令が下り、嵐のような日々は過ぎ去りました。

2025年、公衆電話から彩子のスマホに連絡が入り、あの歩道橋で彩子と日高は再会します。日高は彩子に凶器の丸い石を見せます。

この石は母の形見でもあるので父が警察から返してもらっていた。日高は彩子に感謝して、彩子が石を返すと石がひかり、2人は再び入れ替わっていました。

天国と地獄10話感想

日高が彩子を守るためにすべての罪を被ろうとしていました。意地でも犯行を否認しない日高の粘り強さが見応えありました。

さらに、河原も独自の捜査ですべてを理解したことが凄い!このドラマで一番すごい刑事は河原だと思います。

陸がSDカードの存在を教えなかったのは男の嫉妬でしたね。しかし、考え直した陸がデータを送ったことで、事件は解決に向かいました。

やっとすべてが終わった。と力を抜いてエンディングを迎えようとしていた矢先、日高と彩子が再び入れ替わって微笑。

凄く自然な入れ替わりに、経験者の余裕を感じました。やっぱり二度目は違いますね。

凄く楽しめたドラマでした。もう一度、第一話から見てみます。

天国と地獄10話のネットの反応

『天国と地獄』は皆さん大絶賛!高橋一生さんの演技に見とれて今井、もう一度みたいなぁと思っていたら、最後の最後に入れ替わりが見れて、皆さんご満悦だったのではないでしょうか。

すごく楽しめたようです!制作された方々に感謝している声も多数ありました!

天国と地獄10話まとめ

日高の意地を最後に打ち砕いたのが彩子の説得でした。状況からして、皆さん日高と彩子が入れ替わっていたことは薄々わかっていたようです。

分かっていても、口には出せないですよね。入れ替わっていたなんて・・・。

最後におまけで、彩子と日高が入れ替わっていました。この2人なら入れ替わっても自然に見えてしまう。そう思うほど、凄いドラマでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)