レッドアイズ|9話ネタバレ感想あらすじ!要求はブルーブラッドリスト!小牧が青のコートの男?

由梨(松下奈緒)のカウンセリングをしていた鳥羽がKSBC(神奈川県警捜査分析センター)に現れました。

3年前に響介(亀梨和也)の恋人・美保(小野ゆり子)を殺したのは鳥羽なのか、それとも、黒幕は他にいるのか?

真弓(坂口拓)、蠣崎(忍成修吾)の動きにも注目!最終決戦が幕を開ける!

Sponsored Links

レッドアイズ9話ネタバレ

鳥羽が美保を殺した犯人?小牧が裏切り?

鳥羽が取調室に案内されKSBCには緊張が走ります。由梨は長久手(川瀬陽太)と取調室に入ります。

隣の部屋では響介が取り調べの様子を見ています。

由梨は鳥のマークの写真を見せ、このマークが複数の犯行現場で見つかり、ある共通する人物が関与していることを鳥羽に説明します。

由梨が事件の容疑者の写真を見せると、鳥羽は蠣崎の写真を手に取り、由梨の事件の犯人で、自分の患者だと答え、持ってきた蠣崎のカルテを見せます。

さらに由梨は3年前に女性を殺害した犯人には右腕に傷があると話して、鳥羽に右腕を見せてもらうと、そこに傷があります。

すると、血相を変えた響介が取調室に入ってきて、結城美保を知っているのか鳥羽に尋ねますが、鳥羽は「知らない」と答え、冷静な表情で「疑われるのは無理もありません」と話します。

鳥羽は自分には何もやましいことはないと、自宅とクリニックのカギを響介に渡します。響介は湊川(シシド・カフカ)と鳥羽の自宅に向かいます。

KSBCではさらに緊張感が高まりますが、小牧(松村北斗)が一息入れようと、コーヒーを買いに行きます。

鳥羽は右腕に傷をつけたのは35年前に無理心中を図った父親だと話します。鳥羽にとってこの傷は人の傷みが分かる証で、由梨の傷みも誰よりも分かったと由梨に話します。

由梨は鳥羽の話に入り込んでいき、鳥羽は由梨の心に蠣崎に対する憎悪を増幅させるように訴えかけていきます。

その時、蠣崎が病院で死んだと連絡が入ります。由梨は自分が蠣崎を殺したかのように思います。

山崎(木村祐一)この手法は”チャールズ・マンソン”と呼び、恨んでいる人間を想像の中で打倒させ洗脳すると横にいる長篠に説明します。洗脳された人間は残忍な方法で殺害をします。

響介と湊川が鳥羽の自宅とクリニックを調べると、湊川はパソコンのデータをコピーして、響介は窓が開いた鳥羽の部屋に入り、タオルにくるまれたナイフを見つけます。

ナイフは美保を殺したナイフに似ており、鑑定結果ではナイフの血痕は美保の血だとわかり、指紋は小牧の指紋と一致します。

KSBCで調べると2人が到着する前にある男が鳥羽の自宅に侵入していました。小牧はコーヒーを買いに行ってからまだ帰っておらず、行方が分かりません。

長篠が小牧の足取りを監視カメラで追うと、小牧は鳥羽の部屋に侵入した男と青のパーカーの男と一緒に車に乗り込んでいた。

取調室では鳥羽は誰かが自分に罪を擦り付けようとしているのではないかと話し、さらに警察が事件をもみ消したり、でっちあげることができると話すと、長久手は怒鳴って否定します。

KSBCには青のパーカーの男から動画通信が入り、総合医療センターのシステムを乗っ取ったと連絡が入り、

要求はブルーブラッドリスト(警察がもみ消した事件のリスト)を大手新聞社3社に公表すること。

病院の手術室には次期総裁候補の下関外務大臣が手術中で予備電源が1時間しか持ちません。

由梨は奥州(矢島健一)にリストの公開を求めますが、奥州はリスト公開は大臣のためにもあり得ないと拒否します。

小牧は敵か味方か?小牧にも”先生”がいる!

響介は小牧を信じていますが、KSBCではまず小牧確保に動き、小牧が乗った車の行方を追います。響介と湊川は車が最後に入った駐車場に行くと銃声が聞こえます。

小牧が男たちから逃げようとしており、響介たちは小牧を助けようと、男たちと銃撃戦をします。しかし、男たちに逃げられ、小牧にも逃げられ、湊川は撃たれます。

響介は小牧の合図で病院システムの解除パスワードに気づき、長篠に”E42W37E47″を伝えると、システムジャックが解除されます。パスワードは小牧が逃げた駐車ナンバーの順番でした。

鳥羽は釈放されますが、帰り際、由梨に妹を大切にするように伝えます。由梨がはるか(高橋ひかる)に連絡しますが、特に変わった様子はなく由梨は安心します。

響介は山崎と合流し、美保殺害の容疑が小牧にかかっていると事を確認します。

すると、小牧から山下埠頭の二番倉庫に一人で来るように響介にメールが来ます。この場所は美保が殺された場所でした。

響介は倉庫に行き、離れたところに湊川や長久手たちがスタンバイしています。

小牧が響介の前に現れて、”先生”の事は絶対だと話し始めます。小牧の左腕にも鳥の羽のマークがあり、自分が美保を殺したと話して、右腕の傷を響介に見せます。

響介はそれでも小牧を信じようとします。小牧はさらに美保が響介に渡すはずだったクリスマスプレゼントを響介に渡します。

響介は美保のクリスマスカードを見ると、怒りを抑えられず小牧に銃を向けます。小牧は「自分を解放するんだ、殺せよ!」と響介に叫びます。

その時、小牧が銃弾に倒れます。

映像を見ていたKSBCメンバーには何が起きたのか理解できず、湊川は小牧のもとに走りますが、響介は走り出します。

鳥羽は自分の部屋で響介の写真を見つめ、「記憶を楽しめ」とつぶやきます。

Sponsored Links

レッドアイズ9話感想

鳥羽がKSBCに乗り込んで、勝負を挑んできました。鳥羽には絶対に捕まらない自信があるのでしょう。

山崎が言ってた”チャールズ・マンソン”って怖いですね。人の心を操るカウンセラーならできそうです。

分かっていても鳥羽を捕まえることができない由梨は歯がゆく、しかも自分も鳥羽のコントロールににハマりかけてます。

自分にじれったいでしょうね。

鳥羽が全員の心を掌握しているとすればかなり手ごわい相手です。しかも、小牧にも鳥羽の息がかかっているようです。

鳥羽が本当の黒幕でない可能性もあって、響介がどうやって黒幕にたどり着いて、どんな結論を出すのか、最終回に向けて楽しみが膨らみます!

最後、小牧を撃ったのは誰なんだろう。響介ではないと思うんですけど。その辺りはネットでもソワソワしています。

Sponsored Links

レッドアイズ9話のネットの反応

人気者の松村北斗さんが美保を殺した犯人なのか?という絡みの意見が多いです。皆さん小牧を信じたいようです。

私も小牧が美保を犯人じゃないと信じています。なんせ、3年前、美保を殺した犯人は響介が勝てなかった相手ですからね。

小牧が相手なら、響介は十分勝てるでしょう!

Sponsored Links

レッドアイズ9話まとめ

美保を殺害したナイフから小牧の指紋が出てきて、小牧が逃走そして、銃弾に倒れる。すべては先生の計画通りなのでしょうか。

そして、すべての黒幕も先生でいいのか、それともさらに誰かが潜んでいるのか?

次回の最終回ですべての決着がつきます。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)