天国と地獄|9話ネタバレ考察あらすじ!元に戻った彩子と日高が奄美に逃走!日高のスマホが起動”HELLO”?

歩道橋の階段から落ちた日高(高橋一生)と彩子(綾瀬はるか)は元に戻るのか?

クライマックスに向けて二人の運命が加速する中、陸(柄本裕)は湯浅=東朔也(迫田孝也)と奄美に向かいます。

警察では河原刑事も一連の殺害事件の核心に迫り、日高と彩子を追いかけます。

※外見彩子で中身日高を彩子<日高>、外見日高で中身彩子を日高<彩子>としています。

天国と地獄9話ネタバレ

彩子と日高が朔也を追って奄美に逃走!

歩道橋の階段から落ちた彩子が目覚め、日高も目を開きます。河原は2人がいる歩道橋に急ぎます。

彩子と日高は元に戻り、彩子は日高に声をかけます。日高は両手を出しますが、彩子は日高を捕まえません。

彩子の目的は朔也を逮捕すること。日高と彩子が話していると河原がやってきますが日高は隙をついて逃亡します。

彩子は日高を追いますが、応援に来た警官を日高が逃げた方向とは違う方向へ誘導します。

彩子は日高に追いつくと、陸に連絡して元に戻った事を伝え、日高と朔也が捕まる前に2人を合わせたいと伝えます。

陸は今から朔也と奄美に行くと彩子に話すと、彩子は八巻(溝端淳平)を呼び出して、車に日高も乗せて奄美に行って日高と朔也を2人をまとめて逮捕する筋書きを説明します。

彩子は八巻に日高と彩子のアリバイ工作をするように指示して、八巻を車から降ろして日高とともに奄美へ向かいます。

途中検問に引っ掛かりますが彩子は警察手帳を見せ、日高は捜査一課のバッチを見せて通過します。

お互い入れ替わっていた時の大変さをねぎらいながら車を走らせて奄美へ向かいます。河原は八巻の行動を見張りますが、刑事の勘で八巻が囮(おとり)だと見破ります。

捜査一課は八巻が使っている日高のクレジットカードの履歴を追って、日高が仙台にいると見ています。

河原は幅(谷恭輔)とともに彩子のマンションを無断で物色して、証拠の革手袋と洗剤(バニッシュワンダー)、奄美の切符を見つけます。

その頃、陸は朔也と鹿児島県にいます。朔也は陸に弟がいる話をします。

日高と彩子は車を降りて外で軽く食事をとります。

日高は彩子にコ・アース社での湯浅(=朔也)との再会した時の事を話します。その時は清掃員の湯浅が朔也だとは気づかずに、日高はバニッシュワンダーの試供品を渡していた。

その後、日高は湯浅と親しくなって、湯浅の愚痴を聞いているうちに湯浅の手のほくろを見て、湯浅が兄の朔也であることに気が付きました。

湯浅も日高の話を聞いて日高が別れた弟であることに気が付いていました。そして、日高は湯浅を奄美に誘いましたが、湯浅はいけなかった。

彩子と日高が話していると地元の警官が近づいてきて、彩子と日高はその場から逃げ出します。

捜査一課では日高らしき男を熊本で見た報告が入り、日高のカードを使っていた男が日高でないことが分かります。それを知った八巻は「もうだめだ~」と天を仰ぎます。

さらに、日高の父・満(木場勝己)から日高と東朔也が兄弟で、母親が奄美出身であることが判明します。

その頃、朔也は体調が悪くなって倒れて、乗るはずだった船に乗れません。

彩子と日高は鹿児島に着いて船に乗って奄美に向かい、日高はさっきの朔也との話の続きをします。

朔也は妻が倒れて奄美に行けなくなったので、日高は仕方なく一人で奄美に行くことにして、その飛行機の機内誌で奄美の太陽と月の運命が入れ替わった話を知りました。

日高はその話を見て、朔也に入れ替わったつもりで奄美では朔也の名前を使っていました。奄美から帰ってきたら朔也は引っ越して、会社も辞めていなくなっていました。

朔也の父が亡くなっていた。朔也が結婚していたのは嘘で、認知症になった父の面倒を見ていました。

日高は隣に住んでいた人の話で、朔也の父が死んだのは朔也と父がもめているときに父が階段から落ちたと知りました。

さらに、日高は朔也のアパートに落ちていた破かれた奄美のパンフレットと切符を見て、もめた理由は奄美に行く事だったと気づきました。

その後、日高は朔也と会い、朔也が癌で余命が短いことを知ります。

日高は朔也に苦労を分かち合いたちと話すと、朔也は「クウシュウゴウになりたい」と日高にマンガ『暗闇の清掃員』を見せました。

『暗闇の清掃員』は自殺した作者の部屋から朔也が見つけていました。朔也は悪い奴をこの世から掃除してこの世を去りたいと話しました。

朔也は作者が人殺しだったことを証明する遺体の手にΦが書かれた写真も持っていました。日高はやめるように言いましたが、朔也は日高の言うことを聞きかず、走り去りました。

朔也の犯行と日高の隠ぺいの真実が明らかに!

日高は朔也が残したリストを見て朔也が狙っている人を知りました。その後、歩道橋に赤のスプレーで”2”の落書きがされ、リストから田所の事だと知ると、日高は田所の家に行きました。

しかし、田所はすでに殺されており、バニッシュワンダーの試供品が現場に置かれていて、日高はこれは朔也が自分に協力するか、裏切るかを試していると考えました。

日高は兄を逃がすために共犯になることを決意し、バニッシュワンダーで現場の血痕をふき取り、その時に証拠の一つである革手袋を使っていました。

日高は逃げ切れると思っていたが、予想外にも彩子が近づいてきて、入れ替わることにもなって、必死に彩子に犯人は自分だと思わせるように動きました。

日高は朔也を止めるために先回りしようとしたが、上手くいかなず、朔也がリストにない人間まで殺し始めて、自分の手に負えなくなりました。

日高は自分も朔也も常軌を逸していたことを認め、日高は彩子に捕まえられるためにスイッチしたのだろうと話します。

すると、そこに陸と朔也が現れます。朔也は日高になぜここにいるのか尋ねますが、彩子は朔也を殴ります。

彩子は朔也に「あんたはクウシュウゴウじゃない」と、日高の思いと彩子自身の怒りをぶつけます。

朔也は彩子が刑事だと知ると、日高は何も悪くないと懇願します。

その頃、河原は奄美空港に到着して、幅からの連絡で船の到着時間を聞いて、奄美港へ向かいます。

船上では彩子は陸に日高の事が他人事でない気がすると話します。船室では朔也が日高に最後は自分一人で殺してすべての罪をかぶろとしたと話します。

日高が歯について聞くと、朔也は焦って財布の中を見ます。朔也は殺害現場で発作が起きて薬を出そうとした時に歯も落ちたのかもしれないと答えます。

朝になり、彩子が船室に日高と朔也の様子を見に行くと、日高は船を降りる前に、彩子に捕まえてほしいと話します。

彩子は日高に「朔也がその気なら無実になる気がないか」と確認しますが、その時朔也の容態が急変します。

河原は地元の刑事とともに奄美港に到着し、船を見つめます。

陸は朔也の上に乗り心肺蘇生を行いますが、朔也の意識は戻りません。船が奄美に着くと、河原たちが船内に入っていきます。

日高は自分に手錠をかけるように言いますが、手錠をかけない彩子にナイフを突き立てて川原の前に現れます。

日高は刑事たちに下がれと指示して、小声で自分を追うように彩子に告げ、彩子を放して逃げ出します。

船上で日高は彩子に取り押さえられると、再び両手を彩子に出します。彩子は「絶対に助けるから」と告げて日高に連続殺人の容疑で手錠をかけます。

すると、河原は彩子に犯人隠匿と証拠隠滅の容疑で手錠をかけます。

その頃、警察に保管されている日高のスマホに”HELLO”の文字が表示されます。

天国と地獄9話感想

日高と朔也の過去や犯罪の成り立ち、犯行と隠ぺいの役割など、2人の関係についてすべてが明らかになりました。

驚きの連続でしたね。日高と朔也は”サイコな2人”で確定です!

日高と彩子が入れ替わったのは偶然だったにも驚きました。ネットではいろんな考察が飛び交っていましたが、スッキリしました。

このドラマが始まった頃、高橋一生さんの演技が凄い話題になりましたが、この評判を崩すことなく元に戻った日高<彩子>。一生さんの演技力が凄すぎました!

これだけ魅せられると、日高<彩子>が見れないのがとても残念です。

もう一度入れ替わってくれないかな。次は河原と日高が入れ替わったら、高橋一生さんの北村一輝風のワイルド演技が見れるかも。

でも、日高<彩子>ほど話題にはならないかな。

天国と地獄9話のネットの反応

ネットのご意見でも多かったのですが、9話の内容で最終回でないことに驚きでしたね。最終回ではもっと驚きの結末が待っているに違いありません!

そんな中、えこりしんさんのご意見の通りセク原の動きにも注目ですよね。

天国と地獄9話まとめ

日高と朔也の関係がすべて明らかになりました。そして、彩子は絶対に助けると言って日高を逮捕。しかし、奄美で待ち構えていた河原が彩子を逮捕。

これから彩子はどうなるのか?

次回が最終回。どんな結末になるのか、さらなる衝撃に期待です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)