レッドアイズ|8話ネタバレ感想あらすじ!蠣崎が青い作業着でKSBCを占拠?鳥羽は青いコート、真弓は青のパーカーで動き出す!

由梨(松下奈緒)の夫・信嗣(笠原秀幸)を殺した蠣崎(忍成修吾)が警察病院から逃走して、KSBC(神奈川県警捜査分析センター)を占拠!

蠣崎の狙いは特権階級の人たちが起こした隠ぺいされた事件ファイル「B2ファイル」。

響介(亀梨和也)たちは由梨を救い出し、KSBCを守ることができるのか。鳥羽(高嶋政伸)も動き出して最終章が幕を開ける!

レッドアイズ8話ネタバレ

蠣崎がKSBCを占拠!

由梨は鳥羽のカウンセリングを受けて、蠣崎に殺された夫の事を思い出し、「早く気が付いていれば」と後悔していた。

警察病院から逃走した蠣崎はKSBCへと向かうが、KSBCでは蠣崎がどのルートで逃走しているのかつかめていない。

響介は真弓に襲われた長久手(川瀬陽太)と姉川(長田成哉)のところに到着します。

その頃、清掃作業員の服装で蠣崎たちはKSBCに潜り込んでいました。それに気が付いた山崎(木村祐一)が清掃員を追いますが既に手遅れ。

KSBCは銃を持った蠣崎に占拠されます。その連絡を聞いた響介と湊川(シシド・カフカ)は急いでKSBCに向かいます。

阿蘇捜査官が蠣崎の手下に撃たれます。出血がひどく、もって1時間。

奥州刑事部長(矢島健一)のパソコンに占拠されたKSBCの映像が送られます。KSBCの入り口は封鎖され、山崎、小牧(松村北斗)たちも中に入れません。

このことを知っているのはKSBCメンバーと奥州のみ。

奥州はKSBCが占拠されたことを公にせずに内密に処理しようとします。奥州はこの事態を隠ぺいしようとしていた。この隠ぺい工作は蠣崎にとっては予定通りの展開。

蠣崎は鳥羽に”次の段階に進みます”とメールします。ネットにはKSBCに不利な情報が流れ、KSBCの廃止をあおります。

小牧はKSBCへのハッキングを試みると、KSBCではシステムの警告が作動します。

長篠(趣里)が小牧の偽のアラームに気がついて、蠣崎に気づかれないように小牧が入り込めるようにセキュリティーに隙間を作ります。

作業が終わると警告が止み、小牧もシステムへの侵入に成功して、KSBCの中の様子を見ることができて、その映像を奥州に送ります。

蠣崎の目的はB2ファイル、セキュリティレベル7の機密中の機密ファイルでした。

本来なら刑事部長以上の人しか開くことができませんがKSBCの由梨には特別にアクセスする権利が与えられています。

しかし、由梨はB2ファイルへのアクセス権はありますが、刑事部長の許可なく閲覧することはできず、ファイルの内容は知りません。

蠣崎にファイルの内容を聞くと、由梨が信じてきたすべてをひっくり返すデータだと答えます。その話を聞いていた響介も奥州にファイルの内容を聞きますが奥州も答えません。

蠣崎の手下がB2ファイルのUSBメモリにコピーし終えるとUSBメモリーを蠣崎に渡します。蠣崎が伸ばした腕には鳥の羽のマークがあり、由梨がマークに気づきます。

由梨は”先生”の指示であることに気づき、先生が何者か蠣崎に問いますが、蠣崎は「いずれ分かる」と答えます。

B2ファイル、通称ブルーブラッドリストとは?

蠣崎はB2ファイルについて由梨に話し始めます。

B2ファイル、通称、ブルーブラッドリスト、ブルーブラッドとは特権階級の事。アメリカではブルーは警官を意味する俗語でもある。

小牧はどこかで聞いたことがり、ネットで調べます。上流階級の人たちが犯した事件は警察内でもみ消され、その事件そのものがなかったことにされることもある都市伝説的な話です。

B2ファイルはその個人情報が入っています。蠣崎自身の復讐は由梨の夫を殺したことで終わっていたが、同じような人は他にもたくさんいると話します。

響介も美保(小野ゆり子)が殺された事件を思い浮かべ、蠣崎は正義のためにB2ファイルをネット上に流出しようとします。

蠣崎は由梨や響介たちが信じている正義は間違っていると叫び、パスワードを入力するように由梨に銃を向けます。

出血している阿蘇は由梨に蠣崎に従わないように頼みます。

由梨がパスワードを「教えない」と蠣崎に言うと、蠣崎は由梨の妹のはるか(高橋ひかる)の命を殺し屋(スナイパー)が狙っている映像を由梨に見せます。

響介ははるかと一緒にいる石津(福澤重文)に連絡してバレないようにスナイパーからはるかを隠すように指示します。はるかは石津の誘導でスナイパーの死角に入ります。

はるかのもとに向かう響介は小牧にある指示を出します。

殺し屋ははるかに近づき、邪魔する石津の足を撃ち、逃げるはるかを追いかけます。現場に到着した響介は殺し屋を追います。

殺し屋がはるかに追いつくと、殺し屋ははるかを人質に取って、響介と対峙します。

その頃、小牧は長篠のパソコンに指示を送ります。10秒経つとKSBCのパソコンから火花が出てパソコンが壊れます。

由梨は隙をついて蠣崎の銃を奪い、蠣崎に銃を向けますが、蠣崎は開き直って銃口を自分の頭に当てます。蠣崎は「自分を殺せ!」と由梨に叫びます。

その時、湊川が殺し屋に不意打ちを食らわせて、はるかを取り戻します。しかし、蠣崎に夫を殺された由梨は怒りで銃を下すことができない。

結局、由梨は思いとどまりますが、蠣崎は由梨の手をつかんで自分を撃ち、「俺を殺してくれよ!」と叫んで倒れます。

B2ファイルが入ったUSBメモリーはパソコンの故障とともに焼けて、壊れていました。由梨は壊れたUSBメモリーを奥州に渡すと、奥州は由梨のアクセス権を失くします。

奥州は由梨にカウンセリングの先生に話を聞いてもらえとアドバイスします。由梨が鳥羽メンタルクリニックのサイト予約の画面を見ると、鳥の羽のマークに気が付きます。

その頃、真弓は鳥羽のところにいます。鳥羽が内通者の事を聞くと真弓は「いつでも動かせる状態です」と答えます。

鳥羽は「いよいよ始めましょう」と青いコートを着ます。由梨は響介に鳥羽が先生かもしれないと話します。そして、鳥羽が青いコートを着て神奈川県警を訪れ、由梨と響介が鳥羽と会います。

レッドアイズ8話感想

蠣崎たちは簡単にKSBCを占拠したように見えました。パソコンのセキュリティーもハッキングされることも多い。

そして、特権階級の人たちの事件をもみ消すB2ファイルの存在も驚きましたが、結構簡単にコピーさされましたよね。ちょっと穴だらけの神奈川県警に私も警告したい!

最終章ということで一気に開戦!という雰囲気になってきました。警察内部の内通者が誰なのか、黒幕は鳥羽なのか、もう少しでわかりそうです。

美保を殺したのは誰なのか早く知りたい!

また、青のコート、青のパーカーの次は青の作業着、そしてブルーブラッドリスト。

そのうち青のSP(スクールポリス)も出てくるんじゃないかな。他局だから無理かな。出てきてほしいな。

と、ふと考えてしまった第8話でした。青だらけで面白い!

レッドアイズ8話のネットの反応

警察内部の裏切り者は誰だ!クライマックスに向けての助走に乗って皆さんいろいろ考えているようです。

そんな中、namiさんの様に亀梨和也さんのアクションに期待している人もいます。私も響介の真弓へのリベンジが見たい!

レッドアイズ8話まとめ

鳥羽が青いコートを着て神奈川県警に現れました。響介に宣戦布告をしに来たように見えました。鳥羽vs伏見・・・、やっと鳥羽伏見の戦いが始まりそうです。

蠣崎はどうなるのか?真弓の目的も気になります。いよいよクライマックスが近づいてきました。

響介の本当の戦いはこれからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)