ハワイファイブオーシーズン2(1話)あらすじとネタバレ!裏切者が続々と!ファイブオーが再結成!

まさかの終わり方をしてしまった、エピソード1!

父の死の真相を握っていたのは、まさかファイブオーを結成させた知事だった!?

そんな衝撃の事実が分かった途端、幕を下ろしてしまいました…

分解してしまったファイブオーでしたが、腑に落ちない終わり方は、もしやファイブオーの策略なのか?!

新たなシリーズが始まり、ファイブオーの行方は?

Sponsored Links

あらすじとネタバレ:知事の葬儀と真実

あの事件から1週間後、知事の葬儀が行われていた。

チンは葬儀の現場に、ウォーがいるのを見つける。

スティーヴは刑務所に収監されたが、ダニーが会いに来た。

また、シールズの隊長も、すべての原因が知事のあるのを見抜いて、面会にきてくれる。

スティーヴの上司も、捜査に加わってくれる。

その後スティーヴは刑務所内でヘスと会い、急に襲われた。

ヘスはウォーに、スティーヴを殺すよう指示を受けていたが、ヘスはスティーヴの急所を外した。

それは、スティーヴが逃げるチャンスを作るためだと、駆けつけたダニーとチンに話す。

ウォーは次の取引を終えれば、この件が片付くため邪魔なものは殺すだろう、というのがヘスの考えだった。

その邪魔なものこそがヘスだったため、スティーヴが事件をごたごたにすれば、自分が殺されるのは免れるかもしれない。

Sponsored Links

あらすじとネタバレ:スティーヴの逃走

そのころ、スティーヴは、ヘスの狙い通り救急車から逃走していた。

捜索中の警察官をひとり倒して、警察官のユニフォームを着て、逃げることに。

しかし傷を負っていたスティーヴは、検察官のマックスの自宅に逃げ込んだ。

マックスはスティーヴの傷を処置し、ダニーとチンをそこへ呼んだ。

再びマックスの家で、ダニーとチンと合流したスティーヴのもとに、シールズの上司から電話がかかってきて、ある住所に赴くよう言われる。

その道中、ダニーの様子がおかしいことに気がついたスティーヴ。

ダニーが悲しそうに話し出す。

レイチェルのおなかにいた子供は、思ったよりも月数が進んでいて、ダニーの子ではなく、スタンの子だと。

子供のためを思って、再びハワイに戻ってきて、スタンとレイチェルはやり直すことに。

幸せの絶頂から、不幸のどん底へ真っ逆さまに転落したダニー。

コノはそのころウォーの手下を尾行していて、気になった人物を発見する。

彼は、ウォーの取引相手なのかもしれない。

スティーヴは言われた住所につくと、日本軍でパイロットをしていた人物に出会う。

彼は、貰った勲章を、スティーヴの父に授けていた。

なぜなら、その人物がスティーヴの父に、知事とウォーの関係を調べてほしい、とお願いしていたからだった。

そしてスティーヴの父は、証拠を隠した、と。

Sponsored Links

あらすじとネタバレ:残されたSDカード

調べてみると、それは空港のロッカーでなかにはSDカードが入っていた。

SDカードには、知事室に隠しカメラを仕掛けるスティーヴの父が映っていた。

もし、その隠しカメラがまだ知事室にあったとしたら、知事殺しを映しているかもしれない。

チンとダニーは、それを確認しにいった。

チンとダニーが知事室に入っていくと、時計に不自然な穴が開いていて、防犯カメラが見つかる。

ちょうどそこへ、知事の後任をしていた副知事が入ってきて、彼らの動きを不審に思う。

そのころ、ウォーを調べていたコノは取引相手を突き止めたが、ウォーの手下に捕まってしまっていた。

上司と共に、チンとダニーを待ち、落ち着かない様子のスティーヴだったが、パトカーの音が鳴り響く。

手をあげて、部屋を出てくるスティーヴに、多くの警察が銃を向ける。

すると、そこへ、副知事とダニーとチンが来る。

「解放してやれ、知事殺しの犯人は違う。」

と副知事は言うと、スティーヴは解放された。

Sponsored Links

あらすじとネタバレ:父のおかげ

父が残した防犯カメラには、スティーヴの無実が映っていたが、ウォーの顔がしっかり映っていなかった。

力を認めた知事は、再びファイブオーを結成することを認めるが、コノだけはまだ全ての調査が終わった後で復帰させる、と言った。

そのころコノが危ない目にあっているとも知らず。

コノはそのころ、ウォーの手下によって渓谷に連れてこられていたが、銃を奪い、チンに電話をしてきた。

「急いで港にいって。

取引が終われば、いなくなってしまう、」

港へ着くと、取引相手がアタッシュケースをもって歩いていたため、コノと上司は彼を追い、銃を撃った。

アタッシュケースの中身は、放射線爆弾の材料が。

スティーヴ・ダニー・チンはウォーの船を追いかける。

そしてスティーヴとダニーは船に飛び移った。

あらすじとネタバレ:ウォーはどこに

船にウォーの姿はなく、お金だけが残されていた。

ウォーの手下はウォーの居場所は知らない、といったので、そのまま逃がすことに。

そうすればウォーはきっと彼を殺しに来る。

ファイブオーの再結成

こうして、ファイブオーは再び1つになった。

だがレイチェルのことが気にかかるダニーは、浮かない顔だ。

だけど、本当は違った。

残されていた防犯カメラを見たら、知事とウォー・そしてスティーヴの父が、仲良く話をしている様子が映っていたのだ。

もしかしたら父も仲間だったのでは。

急いでスティーヴはヘスに事情を聴きに行く。

しかしスティーヴの殺人を受け入れなかったヘスを、ウォーは自分の手で殺害していた。

刑務所を出て、ウォーが車に乗り込み、運転席の人物を見る。

それは、捜査を手伝っていたCIA分析官のジェナだったのだ。

まとめ

シリーズ2は1話目から、いきなりの展開が多すぎてついていけません!!!

何か怪しいとは思っていたけど、まさかジェナが協力者だったとは…。

でもそう考えると、スティーヴの上司もまた、いきなりやってきて怪しさがあるな…。

もうファイブオー以外の人物、全員疑ってかかってしまう…。

まだコノがファイブオーとして正式に戻ってきていないので、はやく調査が終わるといいんだけど…。

コノかわいいし、かっこいいし、銃の腕はいいし、言うことない…。

あと、何で悪者ってだいたい、爬虫類顔なの?

ターミネーターの敵も、ウォーの顔の感じと似てるよね・・・。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)