GIVER(ドラマ)ネタバレやあらすじ!内容がひどい、つまらないとの声もあるがどうなの?

ここでご紹介するのは、2018年にテレビ東京にて放映されており、現在YouTubeにて全話無料配信中のドラマ『GIVER』です。

ドラマ『GIVER』と言えば、吉沢亮さん主演の、新感覚リベンジ・ミステリードラマとして知られているドラマです。

ここでは、ドラマ『GIVER』について、どんな作品なのか、あらすじ・ネタバレ、どのような評価が集まっているのかなどに関して紹介していきます。

Sponsored Links

ドラマ『GIVER』とはどんな作品?

ここでは、ドラマ『GIVER』がどんな作品なのか、ご紹介していきます。

まず、キャストについてです。

主役の復讐代行業者の青年を演じるのは、今飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍を見せるイケメン俳優・吉沢亮さんです。

吉沢亮さんは、近年、日本アカデミー賞、ブルーリボン賞やTAMA映画賞など、様々な賞を獲得している実績を持っていると共に、国宝級イケメンランキングで殿堂入りしていることから国民的なイケメン俳優としても知られています。

代表作としては、映画『銀魂』シリーズ、『リバーズ・エッジ』、『キングダム』、ドラマ『仮面ライダーフォーゼ』、『なつぞら』などがあり、2021年放送の大河ドラマ『青天を衝け』では主演を務めています。

他にも、代表作として映画『恋と嘘』、『賭ケグルイ』、ドラマ『明日の君がもっと好き』などを持つ森川葵さんや、ドラマ『ごくせん』シリーズ、『特命係長 只野仁』などの田山涼成さんが脇を固めます。

メイン監督は、自身が監督を務めた映画『孤高の遠吠』がカナザワ映画祭、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭に出品されるなどの功績を収め、『全員死刑』、ドラマ『スカム』、『ホームルーム』などの監督も務めた小林勇貴さんです。

また、今作の制作に、東京国際映画祭にて日本映画スプラッシュ部門の作品賞を獲得した映画『ケンとカズ』の監督・小路紘史さんや、ブエノスアイレス・ロジョ・サングレ国際映画祭やFantasia映画祭などで評価された映画『東京残酷警察』の監督・西村喜廣さんも参加しています。

原作には、伊坂幸太郎さん、恩田陸さん、乙一さんなどのベストセラー作家たちが絶賛していると話題の、日野草さんによるリベンジ・ミステリー小説3部作『GIVER 復讐の贈与者』シリーズを起用しています。

日野草さんは、2011年に小説『ワナビー』で野性時代フロンティア文学賞を受賞しデビュー、その後、小説『そのときまでの守護神』、『死者ノ棘』シリーズ、『エターナル』、『CAGE 警察庁科学警察研究所特別捜査室』などの作品を執筆しています。

ドラマ『GIVER』のあらすじ・ネタバレ、評価などについては、後項にて紹介していきます。

では、ここから詳しくご紹介していきます。

Sponsored Links

ドラマ『GIVER』あらすじは?ネタバレも

ここでは、ドラマ『GIVER』のあらすじ、ネタバレについてご紹介していきます。

まず、第1話のあらすじを紹介します。

皆が賑わう高層ビルの展望室で伏見は、突然そこらに仕掛けた爆弾を爆破すると共に持っていたショットガンを連射し、そこにいた客全員を人質に立てこもります。

そして、伏見は高校の同級生であった岡本を呼びつけ、復讐を始めるのでした。

そこに奇妙な形で絡んでいく義波(吉沢亮)、復讐はどういう結末をたどっていくのでしょうか…。

というのが1話のあらすじです。

基本的には、1話1話で一つの物語となっているオムニバス形式で、全話を通して主人公たちのバックグラウンドなどが明かされるという形で物語が展開していきます。

ドラマ『GIVER』第1話「バベル」動画

ここでは、第1話の本編がフルサイズで見ることができます。

ぜひ、興味があれば見てみてくださいね。

ここからがネタバレです。

義波は、復讐代行を請け負う業者で、生まれつき感情のない青年です。

実は、義波は両親を10歳の頃に惨殺され、姉の春香と2人で暮らしていました。

しかし、あるときに実は姉が両親を殺したのだということを知った義波は姉を殺害します。

その後、テイカー(森川葵)の仲間となり、復讐代行業を生業とするようになり、仲間になる代わりにテイカーを姉代わりとして生きていくこととしたのでした。

あるとき、敵組織・バンクに拉致されたテイカーの元へ助けに行こうとしたところ、バンクの黒幕・志尾から実は両親を殺したのは姉ではなく、自分であるという事実を告げられます

バンクにて壮絶なバトルを繰り広げた一行は、次々と死んでいきます。

そして最後に義波は、バンクの黒幕である志尾を殺します。

最後に生き残った、志尾に仕えていた里菜子は、仲間も何もかも失ってしまった義波に対して、義波に大切なものができたとき、復讐しに行くと宣言し、物語は終幕を迎えるのでした。

というのがネタバレです。

登場人物が次々と死んでいくことからも、何だか釈然としない結末な感じもしますが、義波は最終的にテイカーなどの人物との出会い、絡みを通して感情を取り戻すことができたのでした。

この物語の結末が良いのか、悪いのか、人それぞれだと思います。

ぜひ、皆さんもドラマ『GIVER』を見てみてくださいね。

Sponsored Links

ドラマ『GIVER』内容がひどい、つまらないとの声も!実際の評判は?

ここでは、ドラマ『GIVER』がひどい、つまらないという声が出ている件について掘り下げていきます。

実際、ドラマ『GIVER』の評判はどうなのでしょうか。

Twitterなどの声をまとめてみました。

ドラマ『GIVER』について、実際は肯定的な意見は多くみられ、特に主演の吉沢亮さんの演技を高く評価するような声も多くみられました。

一方で、ドラマに関しては好きではなかったという意見もちらほらと見ることができました。

これらのことから、ドラマ『GIVER』は、賛否両論はありつつも、特に出演俳優さんたちの演技に関して高い評価がされているのではないかと思います。

そうなると、ますます本編がどうなっているのか、気になってきましたね。

Sponsored Links

まとめ

ここまでドラマ『GIVER』がどんなドラマなのか、あらすじ・ネタバレ、ひどい・つまらないなどの声は本当のところどうなのか、というところについてご紹介してきました。

ドラマ『GIVER』は、現在全話YouTubeにて無料配信中です。

気になった方は、ぜひご覧になってみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)