青のSP|9話ネタバレ考察と感想!岡部と木島に急展開!隆平に香里の死の真相が見えた?

前回の隆平(藤原竜也)の木島校長(高橋克実)への怒り爆発はものすごかったです!あまりの暴れように隆平も警察に連行されました。

木島が黒幕で終わるのか?香里(明日海りお)の死の真相はそんな簡単ではないはず。

新たなる事件が勃発する中、隆平は真相へと再び歩みはじめます。

青のSP9話ネタバレ

親と子供の希望の間?

隆平は香里の死にはまだ何か裏があると考えていますが、木島への暴行により警察に連行されました。

尾崎教育委員長(升毅)が赤嶺中学校にきて、木島が訴えなかったことで釈放された隆平の行動に異議を唱えます。

3年生のクラスでは高校受験の進路指導が始まります。

隆平は涌井美月(米倉れいあ)に香里と何があったのか聞きますが美月は何も話しません。その様子を尾崎香澄(鈴木梨央)が隠れて聞いています。

子役で活躍していた井上双葉(唯藤絵舞)と母親は涼子に三者面談を受けますが、役者をやめたい双葉は母親と意見が合いません。

また、帰国子女の相良恭子(石井薫子)も医者を継がせたい母親(堀内敬子)と進路のことで意見が合いません。

隆平は拘留されている木島に会いに行き、香里がなぜ暴行未遂事件を公表しようとしたのか聞きますが、木島は答えず、隆平は苛立ちます。

隆平は学校で涼子が進路について悩んでいると、以前、香里も悩んでいたことを思い出します。

楓(山口沙弥加)の英語の授業では恭子にとって授業が簡単すぎてやる気がなく、楓に注意された恭子は教室を出ていきます。

楓は恭子の反発は母親に対するものだと考え、担任の京子に相談します。

涼子は恭子を呼び出して話し合うと、恭子は母が進める医学部ではなく、英語を活かした進路に進みたいと話します。

放課後、美月の父親が面談にやってきて、涼子に美月の進路はどこでもいいと投げやりに話します。美月が父親に反発すると、父親は美月を押さえつけます。

すると、隆平が教室に入ってきて父親を止めます。父親が帰った後、涼子は隆平に美月が暴行事件を受けたことを父親は知らないと話します。

 

隆平は美月の家庭環境に疑問を抱いて美月を追跡します。すると、美月は図書館で香澄と会い、隆平は2人が楽しそうに話をしているところを目撃します。

隆平は三村翔子(吉柳咲良)と真田一樹(中川翼)に美月と香澄の関係を聞きますが特に仲が良いわけではないと2人は答えます。

隆平は涼子にも美月と香澄について聞きくと、涼子は美月が岡部(遠藤雄弥)に襲われた時、近くで香澄を見たと話します。

隆平は香澄に1年前の岡部の事件の事も聞きますが、香澄は答えを濁します。

その頃、岡部は過去の暴行未遂事件がバレて、予備校の講師を解雇され、婚約者とも別れます。

香澄は尾崎教育委員長と会います。尾崎は香澄を生んだのは自分の望みではなく、母親の望みだったと香澄に話して店を出ます。

美月と香澄の不穏な関係!

隆平は三枝に今の子供たちについて聞くと、三枝は「中身は未熟だが、ごくまれに大人顔負けの悪がいる」と答えます。

双葉は学園ドラマの撮影をしています。双葉の母は双葉が女優として活躍することを夢見ますが、双葉は乗り気ではありません。

一方、恭子の家では、恭子が涼子からもらった英語スピーチコンテストの案内を恭子の母が見つけると、母は怒って案内を破り捨てます。

朝、学校では双葉は男子生徒から女優業を馬鹿にされると、双葉は怒り、教室の窓を割って泣きながら、自分の頭を壁にぶつけ続けます。

双葉が頭に包帯を巻いて、隆平と涼子がいる保健室で寝ていると、慌ててやってきた双葉の母が双葉を連れて帰ろうとします。

隆平は双葉の母に「双葉は身勝手な母親の犠牲者だ」と話すと、母親は言い返すことができずに一人で帰ります。

 

恭子がナイフを涼子に預けに来ます。恭子はナイフで母親を刺そうと思ったが、双葉を見て怖くなったと涼子に話します。

隆平は「やりたいことに突っ走ればいい」と恭子に声をかけますが、その時、恭子の母が現れて恭子の行動を否定します。

涼子は恭子の母に「恭子を応援してください」と頼み、隆平も「このままだと、一生、あんたを恨むことになる、子供にも同じことをすることになる」と説得します。

恭子の母はコンテスト会場に行き、コンテストに落ちた恭子に「また来年頑張りなさい」と声をかけ、自分は祖母のせいで夢を諦めたことを話して、祖母を死ぬまで恨んだと話します。

恭子は母が自分の事を認めてくれたことを感謝します。

その頃、すべてを失った岡部は3Dプリンターで拳銃を作ります。

木島は不起訴になって釈放され、三枝は釈放された木島に香里の墓前で謝るように言いますが、木島は苛立ってその場を去ります。

夜道、岡部は釈放された木島に会い、1年前の事故の件で予備校を首になった事、結婚も破談となったと話します。

岡部は木島に「なんで話したんですか」と怒鳴り、銃で木島を撃ちます。

その頃、隆平は尾崎香澄の進路票を調べていると、涼子がやってきて香澄は美月と同じ高校の建築デザイン科を志望していることを知ります。

すると、三枝から木島が岡部に撃たれたと連絡が来ます。

隆平は岡部には木島を絶対に許せない理由があったにちがいないと考え、これまでの状況を振り返り、香澄と美月に騙されていたのかもしれないと考え始めます。

青のSP9話感想

三枝の「ごくまれに、大人か顔負けの悪がいる」という言葉が引っ掛かりますね。香澄と美月は何かとてつもなく悪いことを企んでいるのかもしれない。

私には岡部が木島を撃った理由もわかりませんが、隆平にはすべてがつながりつつあるようです。

少し残念だったのは今回、三枝の出番が少なかったことですね。そのためかやや拍子抜けした感がりました。やっぱり、このドラマでは隆平&三枝のコンビが見たいです。

この辺は次回に期待します!

ところで、今期のドラマは赤と青が目につきます。

今年の冬は赤と青から目が離せませんでした。もうすぐ春ですが、赤と青を最後まで楽しみましょう!

 

青のSP9話のネットの反応

最終回を嘆く意見が多い!特に、嶋田と三枝のコンビが名残惜しい人が多いようです。私もその一人です!最終回が楽しみであり、残念でもある。どーしたらいいんだろう。

最終回を見て、嶋田三枝コンビを目に焼き付けるしかない!

青のSP9話まとめ

とうとう、次回が最終回。中ボスの木島が小ボスの岡部に撃たれました。この二人の間には何か密約があったようです。

さらに、香澄と美月の関係も重要な要素となってきました。生徒が黒幕なのか!?この2人がラスボス!?と少しハラハラドキドキしながら第9話が終わりました。

ラスボスは誰だ!次の最終回が楽しみです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)