天国と地獄|8話ネタバレ考察あらすじ!犬から出てきた日高陽斗の乳歯?歩道橋、手錠、石、満月で彩子は元に戻るのか!

倒れた湯浅(迫田孝也)が日高の双子の兄・東朔也なのか?究極の入れ替わりエンターテイメントもいよいよ終盤!

彩子<日高>(綾瀬はるか)の「もうこれしかないと思うんですよ」の意味とは?セク原こと河原(北村一輝)も虎視眈々と起死回生を狙います!

※外見彩子で中身日高を彩子<日高>、外見日高で中身彩子を日高<彩子>(高橋一生)としています。

天国と地獄8話タバレ

攻守逆転!犬から出てきた歯は誰のもの?

新たなる殺人事件が起きて、殺害された久米幸彦の手にはΦの記号があります。

陸(柄本佑)は病院のベッドで眠る湯浅の手のほくろを確認します。河原は独自の調査で事件の謎に近づいていきます。

湯浅の意識が戻り、湯浅は陸に頼みごとをします。

八巻(溝端淳平)は日高<彩子>に久米幸彦が殺された事を伝えますが、幸彦が殺されたのは日高<彩子>が彩子<日高>を尾行していた時で、彩子<日高>には犯行は不可能です。

彩子<日高>が急いで湯浅の病室に戻りますが、湯浅の姿はなく、焦りながら湯浅を探します。

五木(中村ゆり)が日高に頼まれていた東の清掃会社の登録資料を日高<彩子>に渡します。日高<彩子>は攻守逆転の時が近いと考えます。資料を見ると東の顔が判明します。

警視庁では一連の事件の捜査会議が行われ、河原は捜査会議に潜り込んで捜査情報を入手します。河原は幅(谷恭輔)と東逮捕に意気込みます。

会議が終わり、彩子<日高>は八巻を連れてコ・アース社に来ています。その連絡を五木から受けた日高<彩子>は慌てて会社に戻ってきます。

彩子<日高>は日高<彩子>にコ・アースの社長を辞任するように言いますが、日高<彩子>は東朔也の事を話し始めます。

日高<彩子>はこれまでと違って彩子<日高>を追い込みます。彩子<日高>は東を庇うことをやめることと引き換えに、日高<彩子>に社長を辞任するように話します。

家に帰った日高は証拠の丸い石や漫画がなくなっていることに気づいて、陸に連絡すると、陸はクウシュウゴウと思われる人と一緒にいると話します。

陸は彩子<日高>から東(クウシュウゴウ)の写真を転送してもらうと、陸の中で師匠の湯浅がクウシュウゴウであることが確定します。

その頃、彩子<日高>は15分違いで生まれた双子の兄・東との過去を思い出していた。

彩子<日高>が防犯カメラの解析状況を新田(林泰文)に確認しに行くと、新田が席を立った隙に証拠品を盗みます。

警視庁で預かっている幸彦の殺害現場にいた犬の糞から骨らしきものが見つかります。

彩子<日高>は捜査を混乱させるために東が自殺したように見せかけ、警察では東が自殺したと思われる川の捜査が行われます。

彩子<日高>は日高<彩子>にも東が自殺したかもしれないと伝えますが、日高<彩子>には見破られます。彩子<日高>には少しの時間があれば大丈夫だと話します。

警察では犬の糞から出てきた骨の様なものについて重要なことが判明します。

捜査会議が行われると、河原が入ってきて東朔也について話し始めます。捜査に行き詰っていた五十嵐管理官(野間口徹)は河原の話に聞き入ります。

彩子<日高>の表情は河原の話を聞きながら曇り、彩子<日高>は河原から東について聞かれると、苦し紛れにごまかします。

捜査会議は河原のペースで進みますが、突然、新田が「犬から日高陽斗の乳歯が出てきた」と会議室に入ってきます。

捜査会議は騒然となり、彩子<日高>の表情は凍りつきます。捜査会議では日高陽斗と東朔也を確保することになり、2人を捕まえるために緊急配備がひかれます。

歩道橋、手錠、石、満月あの時と同じ!元に戻るのか?

彩子<日高>は何か手がないのか考えると、今日が満月の日だと気づきます。

その頃、陸は湯浅と福岡にいます。

さらに、八巻は日高<彩子>に緊急配備がひかれたことを連絡しますが、河原に見つかります。五十嵐が部下を連れてコ・アースに来ると日高<彩子>は逃げます。

日高<彩子>は居場所がバレないようにスマホを捨て逃亡し、彩子<日高>も家に走ります。

福岡では歩道橋で陸と湯浅がいます。湯浅はここから間違ったと陸に話します。

日高<彩子>は五木(中村ゆり)に会い、身の回りの荷物を受け取り、五木に自分が日高でないことを話します。

五木は信じられませんが、最近の日高の様子を見ていると日高<彩子>の話に納得します。五木は日高は彩子の事も助けてくれると思うと話します。

彩子<日高>は家に帰り、丸い石を手にして、日高<彩子>に歩道橋に来るように電話で指示します。

日高は彩子と入れ替わるつもりだと日高<彩子>は考えます。

日高<彩子>は元に戻れるのか?日高はそう考えているのか?と考えを巡らせながら歩道橋へと向かうと、彩子<日高>が歩道橋にいます。

彩子<日高>は「もうこれしかないと思うんですよ」と田所を殺した凶器の丸い石を日高<彩子>に渡して、田所殺害容疑で日高<彩子>を逮捕しようと手錠を出して詰め寄ります。

入れ替わると思っていた日高<彩子>は驚いて、後ろず去りします。日高<彩子>は彩子<日高>に階段まで詰め寄られて2人で転げ落ちます。

一方、福岡にいる陸は湯浅から奄美大島に行ってみないかと誘われます。

階段から落ちて目覚めた彩子は自分の顔を触ります。

天国と地獄8話感想

最後の最後で「どっち!」って叫んでしまう幕切れでした。彩子は元に戻ったのか、それとも失敗したのかどっちでしょう?気になって仕方ありません。

今回は日高<彩子>より彩子<日高>の方が焦ってましたね。やっぱり日高は悪い人ではないように思います。

彩子と階段から落ちる時も、彩子に悟られないように二人で落ちましたからね。もしかして真剣に落ちないと入れ替われないのかもしれません。

今回もハラハラドキドキでした。このドラマは凄いな!とつくづく思います。

早く次回が見たい。そんな気持ちで毎回、終わりを迎えています。

天国と地獄8話のネットの反応

ネットのコメントもドラマが面白過ぎで皆さんの生活の一部になっていることが伝わってきます。

特にHarunaさんはリアルとドラマが混ざり始めています。確かに今、入れ替わりの話を普通にされたらドラマを見る前とは受け入れスピードはかなり違うかもしれないです。

そんな日は来ないと思いますけどね(笑)。

天国と地獄8話まとめ

階段から落ちた彩子と日高は元に戻ったのか?東朔也(クウシュウゴウ)と行動を共にする陸はどうなるのか?

河原は日高と彩子の関係に気が付くのか?ドラマの焦点がかなり絞られてきましたようで、たくさんの面白どころが残っています。

まずは、彩子と日高が元に戻ったのかですよね。次回も目が離せない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)