青のSP|8話ネタバレ考察と感想!香里を殺したのは生徒?隆平が木島をボッコボコ!

スクールポリスの嶋田隆平(藤原竜也)が元恋人の音楽教師・小川香里(明日海りお)の死の真相に迫る!

そんな中、三枝(山田裕貴)が『監察医朝顔(16話)』にちょっとだけ出張していた!?

そんな面白ハプニングもありながら、『青のSP』はクライマックスへと加速していきます。

 

青のSP8話ネタバレ

レーザー照射は誰が?目的は?

隆平は三枝に音声データの送信元を探らせます。

学校では野球部が試合をしていますが、ピッチャー・矢島裕(長島令玖)にレーザー光線が当てられ、打球をよけることができずに脳震盪を起こします。

これをきっかけに、職員室では顧問の阿部(音尾琢真)が休みなしで規定以上に厳しく練習をさせていたことが保護者からのクレームで明らかになります。

木島校長(高橋克実)から厳しく言われた阿部は「生徒のためだ!」と職員室で他の先生がいる前で怒ります。

隆平は教室にいる三村翔子(吉柳咲良)と真田一樹(中川翼)を呼び出し、ぽびっと君のカバンを餌に阿部が恨まれているという情報を手に入れます。

前に、野球部の三上真司(木村聖哉)が阿部に平手打ちを受けて鼓膜を破っていたことがありました。隆平は阿部が恨まれてこの事件が起きた可能性があると考えます。

阿部は矢島の件で野球部の練習に出られなくなります。

隆平は三枝にレーザーポイントの件についても調べさせます。

夜、隆平は亡くなった香里が、熱中症になった野球部員が部活帰りに、事故にあった話をしていたことを思い出します。

隆平は涼子(真木よう子)に熱中症で事故にあった坂木司(山時聡真)について聞きますが、新たな情報は得られません。

隆平は指導ができない阿部に日常的に体罰をしていたのか聞きますが、阿部は根性論の必要性を盾にします。

隆平は三枝から何者かがグランドをずっと見ていた男がいた、翔子と真田からは阿部に恨みを持つ者はいないと報告を受けます。以外にも阿部は生徒から信頼されていた。

 

職員室で隆平が司の事を調べていると、木島校長がやってきて、隆平に当時問題はなかったと言い切ると、隆平は涌井美月(米倉れいあ)のセクハラ事件を持ち出します。

すると、木島校長の表情が険しくなり、「二度とあんなことが起きないように努めています」と強い口調で言い返します。その言葉を聞いた隆平は職員室から出ていきます。

隆平が不登校になっている司の家に行き、司から事故の時の様子を聞きます。司の顔には事故の傷跡が残っています。

司は阿部の事を信頼しているようで、悪く言いません。しかし、隆平は司が何かを隠しているとみると強く迫ります。すると司は「俺、殺されます」とこぼします。

隆平が「誰に?」と聞くと野球部OBの黒石の話が出ます。黒石は阿部が不在の時に厳しい練習をして、司は練習中に水を飲ませてもらえなくて熱中症になったと言います。

司はその話を小川先生にしたら、先輩が病院にきて司に「殺す」と言われその後、小川先生が亡くなった。

職員室で隆平が阿部に野球部のOB連中について聞こうとすると、木島校長が入ってきて、隆平の捜査を止めようとします。

レーザーを照射した者が判明したと三枝から連絡が来ます。その時、三枝は犯人と遭遇して追いかけた末に捕まえます。

男は金をもらってやっただけだと白状します。

香里を殺したのは生徒?そして、黒幕はあの男

隆平は阿部と司の家に行き、司の母に「レーザー照射したのはあんただ」と問いただすと、司の母は一度は否定しますが、阿部に文句を言い始めます。

司の母は司が事故にあう前に学校に過剰な練習をさせていたことを抗議したが聞き入れてもらえなかった。しかし、この苦情は阿部の耳に入っていなかった。

隆平は木島校長が握りつぶしたのだと考えます。

阿部は司の母に頭を下げ、子供たちがどれだけ熱中できるのかが人生の糧になると話し始めます。阿部は子供たちに、負けても逃げない強さを持ってほしかったと付け加えて土下座します。

隆平は阿部から野球部OBの黒石の住所を聞きます。

隆平は黒石に会って取り押さえると、三枝から連絡が来て音声データを送った者が松田宏太だと知ります。松田は黒石と一緒にいて、今、隆平の前にいます。

松田が逃げ出すと隆平は追いかけ、捕まえて抑え込みます。松田は小川先生が自分と黒石が坂木を追い込んでいたことをばらすと思って脅すつもりでやっていた。

松田は自転車のブレーキを切ったことを白状しましたが、殺す気はなかったと隆平に押さえつけながら答えます。松田は隆平が小川先生の墓に来ていていつかバレると思って音声データを送っていた。

松田は隆平の目を涼子に向けたかった。しかし、松田は小川先生を恨んでいたのは自分だけではないかったと隆平に言います。

隆平は赤嶺中学校に戻り、校長室に入るといきなり木島校長を殴り手錠をかけます。香里の自転車のブレーキを切らせたのは木島校長だった。

木島は松田の推薦入学を脅しに使ってやらせていた。隆平は木島を殴り続け、言い訳をする木島に隆平は松田と木島の会話の音声データを聞かせます。

さらに、木島は言い訳を続けますが、隆平の怒りは止まらず、木島を殴り続けます。

木島も「小川先生が死ぬとは思わなかった、生徒の人生の方が大切だった」と話すと、隆平ははさみで木島の腕を刺します。

隆平が木島の首を絞め、木島が苦しんでいると、三枝が飛び込んできて、馬乗りになって隆平を止めて木島を逮捕します。

木島は連行されますが、その連絡を受けた尾崎教育委員長(升毅)は先生たちに口止めをして情報が漏れないようにマスコミ対応をします。

落ち着いた隆平は「まだ終わっていない、この事件の裏にはまだ何かある。香里が何をしたかったのか、何を調べたかったのか知りたい」と涼子に話します。

その後、隆平は三枝に暴行の容疑で連行されます。

学校では木島校長が逮捕され、そのことを聞いた尾崎香澄(鈴木梨央)と美月が真剣な顔をして目を合わせます。

青のSP8話感想

木島校長が殴るけるのボッコボッコにされ、隆平のすごい剣幕に圧倒されました。はさみで刺すまで行くとは隆平は完全に怒りに任せて、暴れまわっていました。

見ていて、興奮を通り越して、恐怖を感じました!これが藤原竜也か!と思いましたね。

演技と分かっていてもあまりに凄すぎて、血を流し、首を絞められ苦しんでいる高橋克実さんが可哀そうでした。

三枝が止めに入っていなかったら、隆平は殺人を犯して、ドラマは打ち切りになるところでした。隆平を止めたのは三枝の大手柄です!!

ところで、最近、隆平がグフ(機動戦士ガンダム)に見えてきたんです。

隆平には「教師(ザク)とは違うのだよ!教師(ザク)とは!」と迫力満点で根こそぎ逮捕してほしい!

と思っていたら、自分が暴行の容疑で連行されました。今回は仕方ないですね。隆平も大切な人を殺された怒りは止めることはできなかったようです。

そうか、三枝はグフも止めるのか・・・・。

木島はネットでもボッコボコです。

青のSP8話のネットの反応

皆さん藤原竜也さんの迫力に驚いているのかな?と思っていたら、謎解きの反応が目立ったかな。

三枝は回を追うごとに目立ってきています。三枝の勢いは止まりそうにありません。

青のSP8話まとめ

香里を殺した犯人が判明しましたが、まだ、物語は終わりません。女子生徒の岡崎香澄と涌井美月が目を合わせていましたが、香澄と教育委員長の尾崎が同じ苗字。

もしかして・・・。と、また別の謎が急浮上。香里の死にはまだ何か隠されているようです。

隆平にはしっかりと、この事件の真相を明らかにしてほしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)