天国と地獄|7話ネタバレ考察あらすじ!日高陽斗の過去が明らかに!東朔也は意外なあの人?

最近、綾瀬はるかさんのCMを見ると中身が日高じゃないかと思ってしまうほど、このドラマにハマっています。

さて、ドラマの方はここからクライマックスに向かって盛り上がっていきます!

前話で突然浮上した東朔也(アズマサクヤ)とはいったい誰なのか?クウシュウゴウ(Φ)とは何を意味するのか?今回も目が離せません。

※外見彩子で中身日高を彩子<日高>、外見日高で中身彩子を日高<彩子>としています。

天国と地獄7話ネタバレ

東朔也を探す3人!

彩子<日高>(綾瀬はるか)が調べると東朔也の死亡報告はない。河原(北村一輝)も東朔也を探し始めます。

日高<彩子>と陸(柄本佑)も東朔也と陸に落書きを消す依頼をしてきたクウシュウゴウを調べます。

彩子<日高>は八王子市の火災事故で亡くなった人を見に行き、遺体を確認すると探している遺体は見つからず「まだ生きているのかよ」とつぶやきます。

日高<彩子>と陸は落書きをした若者に会い、落書きを依頼してきた人の手にほくろがあったことを聞きます。

日高<彩子>はクウシュウゴウのマンガを読みます。

主人公は清掃会社で働く影が薄い青年。ある日、その青年はミスターXから法で裁けない人を始末する闇の清掃人・クウシュウゴウというコードネームを与えられます。

クウシュウゴウは誰にも気づかれず、悪人を裁き(殺し)続けます。日高<彩子>はクウシュウゴウは東朔也ではないかと考えます。

夜になると、彩子<日高>が日高<彩子>たちが張り込む落書きのあった歩道橋に現れます。日高<彩子>は彩子<日高>に声をかけます。

日高<彩子>はストレートに東朔也が何者か彩子<日高>に聞きます。彩子<日高>は答えず、その場を去りますが、焦りは隠せません。

その時、日高<彩子>のもとに父親(木場勝己)から連絡が来ます。父は手紙の事も知っていました。

日高<彩子>は実家の福岡に戻り、優菜(岸井ゆきの)と手紙に書いてある歩道橋を探します。

彩子<日高>は病院で医療ソーシャルワーカーの千田に会うと、東朔也を探してもらいます。

陸は八巻(溝端淳平)とクウシュウゴウの待ち伏せしますが、送金が来て、見つからずじまいで終了となります。

陸はその事を日高<彩子>に連絡すると、日高<彩子>はなぜ消すときは陸に頼むか陸に聞きますが、陸もその理由はわかりません。

陸が日高<彩子>の家に戻ると、彩子<日高>がいます。陸は彩子<日高>に一緒に探すことを提案すると、彩子<日高>は突然陸にキスします。

彩子<日高>は日高<彩子>が持っていた東朔也の薬の名前・トルヒノームを確認し、その事を千田に連絡します。

陸は日高<彩子>から言われた言葉を思い出すと、頭の中にアルバイトの先輩の湯浅(迫田孝也)がよぎります。

陸は湯浅に会いに行きます。

その頃、日高<彩子>は優菜と実家に帰り父・満と会います。満は飲んでみんな思い出す!と日高<彩子>の頭を軽くたたきます。

陸は湯浅と仕事仲間たちと飲み屋にいます。陸は湯浅の人生を訪ねると、湯浅はつまらない人生だと言うだけです。

日高陽斗の過去が明らかに!東朔也は意外なあの人?

一方、日高<彩子>が満に手紙を見せると、満は双子の兄・東朔也からのものだと話します。朔也の事は優菜も初めて聞きます。

さらに、満と日高には血のつながりはなく、日高は満が好きになった女性(徳永えり)の連れ子でした。

その後、満はその女性と結婚してしばらく経ってから日高が二卵性の双子だったことを聞きました。朔也は父の東家に引き取られていた。

東家は裕福でしたが、四方という男に負債を押し付けられて、苦しい生活を強いられるようになりました。

その事を心配して、満は朔也を引き取りに行ったのですが、東(浅野和之)断られていた。朔也はどこからか弟の日高陽斗の事を知ってこの手紙を送ってきた。

その手紙に気が付いた母はこっそり陽斗の後を付けて陽斗と朔也が会っているところを見ていた。その時、朔也と陽斗は同じ場所の歯が抜けていた。

朔也は歯を失くした陽斗に自分の歯を渡した。母は陽斗が去った後、朔也に自分が母だと声をかけた。

朔也は弟がどんな奴か見たかっただけだと母に話して、朔也の帰り際、母は連絡先を朔也に教えていた。

陽斗は朔也が兄だと気が付いていたのかはわかりません。

その頃、居酒屋を出た湯浅が陸の前で倒れます。

日高<彩子>が日高の部屋で奄美の丸い石を見つけると、優菜はその石はお守りだと説明します。

東朔也はクウシュウゴウで、生き別れの双子の兄で、一連の事件の共犯だと日高<彩子>は考えます。

彩子<日高>は千田から朔也らしき人が救急搬送されたと連絡を受けて、急いで桜下病院へ向かいます。

その時、新たなる殺人が起きたと彩子<日高>に連絡が入ります。五十嵐(野間口徹)から久米正彦の息子・幸彦の息子が殺され、Φのマークがあると連絡を受けます。

彩子<日高>は叫んで、殺害現場に向かいます。

日高<彩子>は会社に戻り、五木(中村ゆり)に東朔也について聞くと、五木は日高が一緒に奄美に行くと言っていた人ではないかと答えます。

河原も東朔也が日高と会っていたことを居酒屋の店主から聞きます。

陸は病室で眠る湯浅の手の包帯を外そうとして、殺人現場についた彩子<日高>は犯人の証拠があったことに「もうだめだ」とこぼします。

天国と地獄7話感想

日高陽斗の思わぬ過去が明らかになりました。驚きましたね、サイコな2人は彩子と日高ではなく、日高陽斗と東朔也のようです。

いろんな事がいっぺんにつながりました。そして、東朔也は陸の仕事の先輩の湯浅なのでしょうか。もうクライマックスが近い感じですが、終わるにはまだ早い気もします。

これから、どんな展開が待っているのでしょうか。彩子と日高は元に戻るんですよね。連続事件の犯人は朔也?その理由は?

日高の過去が分かっただけではまだまだ謎は解けません。日高の過去が分かってハラハラドキドキが増してきました!

天国と地獄7話のネットの反応

どうも、まだいろんなことがまとまり切れていない。メガネさんの年齢はご意見は湯浅と陽斗が同い年に見えないってことでしょうか。年齢は見た目でわかりませんからね。

湯浅が東朔也の可能性は次回に持ち越しですね。いろんな角度からの皆さんのご意見は面白いです!

天国と地獄7話まとめ

日高の過去が明らかになりましたが、謎は深まったようにも思えます。湯浅は東朔也なのでしょうか?突然、メインステージに立った湯浅ですが、この後どうなるのかとても楽しみです。

もし湯浅が東朔也なら公式ホームページの相関図の湯浅の写真をもっと大きくしてほしい。

次回も目が離せない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)