24JAPAN|20話ネタバレ考察あらすじ!ビクターが生きていた?敵の奪還作戦に獅堂は殺されるのか?

残り数時間となった24JAPAN!

朝倉の選挙や暗殺計画が進むなか、獅堂の一家も危険な目に合う24時間。

そしてついに暗号化されていた停電される場所へついた獅堂は、何を見るのか?

またCTU内にもう1人スパイが…?

いったいどんな結末を迎えるのか?

Sponsored Links

『24JAPAN』20話あらすじとネタバレ

アレクシスとアンドレが停電させようとしていた場所についた獅堂と鬼束。

しかしその場所は、とても停電させて価値があるような場所には見えない。

「暗号なんて嘘だったんじゃないのか」

と鬼束は場所を確認すると帰ってしまった。

だが獅堂は「何もないからこそ、何かが起こるはずだ」

と鬼束が帰った後も捜索をする。


一方、六花は記憶を取り戻し、娘の美有がいなくなってしまい暗殺者に追われていることも思い出す。

その頃美有は、麻薬のおとり捜査の警察にその場所にいた関係者として、連行されてしまう。

CTUに父がいる、と訴えても、取引と関係があるからこそ、そのようなことを言うのでは、と取り合ってもらえない。



そしてついに、総選挙の終了時間が迫ってきていた。

朝倉は、会見で夕太のスキャンダルを告白し、国民からの理解を得ようとした。

だが、その姿を見た朝倉の夫は、「家族はこれで終わった」と言わんばかりに、朝倉に背を向け、朝倉から離れていく。



施設を嗅ぎまわっていた獅堂に近づいてきて、何者かによって気絶させられてしまう。

数分後目覚めた獅堂は、施設長と名乗る男性に挨拶を受ける。

その男性から、7時20分にある受刑者が輸送されることを知った。

獅堂は急いで、施設長から応援を頼むよう要請する。



そして、すぐに、停電の時間がやってくる。

だが獅堂の機転により、人員を多く見せ、停電は怒らなかった。

身元の分からない受刑者は、そのまま暗殺者に奪われることなく、施設へ入っていく。

獅堂はすぐに朝倉に電話をして、その受刑者なのが誰なのか、そしてすぐに獅堂と話ができるようにしてほしい、と依頼する。



獅堂は朝倉からの返事が来る前に、監視室に入り込んで、防犯カメラを眺めた。

するとそこに映ったのは、7年前の夜のとばり作戦で獅堂が殺したはずの男・ビクター林だったのだ!

アレクシスやアンドレは、ビクターが生きていることを知り、逃がそうとしている。

それに気が付いた獅堂は

「彼らが、ビクターを逃がしてしまえば、朝倉や俺たちを狙う」

と感じ、ビクターが逃げる前に、輸送しなければ、と焦る。



施設長から

「そもそもなぜ、殺せと命令されたビクターが国の指示でまだ生かされているんだ」

と聞かれると、獅堂は

「こいつを使って政治的な取引をしようとしている者がいるのかもしれない」

と明かす。

すると施設長のもとに電話がかかってきて、獅堂はビクターとの面会時間を5分もらった。


獅堂がビクターのいる部屋に入り、話を始める

「俺はあんたの奥さんと娘が、あの家にいたことを知らなかったんだ。」

しかしビクターにその声は届かず、ビクターは笑うだけだった。

そこへ施設長が入ってきて、

「ビクターを輸送する」

と獅堂に告げた。

急いで武装したスタッフたちを用意し、ビクターを連れた獅堂は、地図にはない経路をたどり、輸送しようとする。

だが、既にアレクシスたちはその道を抑え、ビクターの脱出のため、獅堂たちのすぐそこまで来ていたのだ!

Sponsored Links

まとめ

獅堂が殺したはずのビクターが生きていた!

まさか自分が目の前で殺したはずのビクターが生きていることに、困惑した獅堂だったが、どうして彼らが自分と朝倉を狙っていたのか、判明する。

ビクターを逃走させようと、ついに暗殺者たち(ビクターの息子)が近寄ってくるが、果たして獅堂は死んでしまうのか?

残り4話となり、急にスピードが速くなった展開に、ついていけません…!

そして次回は、ついに朝倉の選挙が終了。

日本初の女性総理は、息子の不祥事を明かしても尚、当選することができるのでしょうか?

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)