青のSP|7話ネタバレ考察と感想!三枝が臨時スクールポリスに?隆平が涼子を疑う!

恋人の香里(明日海りお)の死の真相に近づく隆平(藤原竜也)のもとに何者かからのメールが届き、隆平自ら何かを隠している涼子(真木よう子)の過去を調べます。

そんな中、三枝(山田裕貴)が隆平の代わりに赤嶺中学校のスクールポリスになります。

三枝と涼子が気にかけていた生徒の深山(田中奏生)の深刻な私生活が明らかになり、さらに深山が意外な行動をとります。

深山は何をしたのか?隆平は香里の死にさらに近づくことができたのか?今回も目が離せません。

青のSP7話ネタバレ

介護とネグレクトの末にコンビニ強盗!

朝、職員室で、隆平は涼子の事を調べてます。

涼子は香里が亡くなったのと同時に臨時教師から本採用になって、前の学校では責任感が強い涼子からは考えにくいが、1学期の途中に依願退職をしていました。

3年1組の教室では涼子は最近よく休んでいる深山を気遣いますが、深山は心配ないと笑顔で答えます。涼子はそのことを職員室で他の先生とも相談し、家庭訪問することになります。

深山は母・恵里香(中島亜梨沙)と祖母の3人暮らしで、恵梨香は家計を支えるために夜の仕事をしています。

深山は祖母の面倒を見ますが、お金がない深山はコンビニで万引きをします。深山が家に戻ると涼子が家に来ていましたが、深山は玄関にも入れることなく涼子を帰します。

三枝が子ども食堂に来ると隆平も一緒にご飯を食べていて驚きます。隆平は同じ学区にある辻ノ宮中学について三枝に聞くと、三枝は2年前に生徒の自殺未遂事件があったと話します。

隆平は三枝に赤嶺中学校のスクールポリスの代役を頼むと、次の日、涼子に好意を持つ三枝はご機嫌で学校に行きます。

三枝は涼子に学校を休んでいる深山の事を相談されます。深山は以前、母に捨てられて、三枝が保護したことがあることを話します。

刑事課では隆平が辻ノ宮中学の自殺未遂について調べます。生徒の名前は芦田薫。隆平は芦田薫に会いに行くと、芦田は涼子の顔は見たくないと話します。

給食の時間、深山が教室に入ってきて自分の分をタッパーに入れて持って帰ろうとしますが、三枝が深山を止めて相談に乗ります。

深山の母・恵里香は姿を消し、祖母も1ヶ月に階段で転んで寝たきりになっていました。三枝は深山に2万円を渡して抱きしめると、深山は力が抜けて涙をこぼします。

涼子と三枝は深山の母を捜しに行きます。

一方、隆平は辻ノ宮中学の元校長の茂木に会いに行きます。

深山が家に戻ると借金取りが待っていて、三枝からもらったお金を奪われます。

その頃、三枝と涼子は恵里香を探すために、恵里香が働いていた店に行くと、そこに恵里香がいます。恵里香は男に捨てられ、家に帰っても借金取りが来るので1ヶ月近く店に隠れていた。

涼子は家に帰るように恵里香を説得すると、恵里香は涼子に涙を流しながら謝って家に帰ります。

深山はコンビニに行き、再び万引きしますが、今回は店員に見つかります。店員は穏便に事を済ませようとしますが、深山が店員を押し倒すと店員はコンクリートに頭をぶつけます。

気が動転した深山はそのまま走り去り、家に帰った深山は叫ぶ祖母の息を止めようとしますが、苦しむ祖母を見て我に返ります。

コンビニでは警察が現場検証をしており、三枝もやってきます。三枝が防犯カメラを見ると店員を押し倒したのが深山だとわかります。

恵里香が家に帰ってくると、誰もいません。深山は祖母を連れて外に行っています。

最強のSP・嶋田隆平!?借金取りをあっという間に倒す!

校長室で涼子は木島校長(高橋克実)に隆平が岡部(遠藤正浩)の事を調べることはないだろうと報告して、校長室を出ると隆平がいます。

隆平は涼子に涼子が香里を脅迫している音声データを聞かせ、辻ノ宮中学で起きた自殺未遂の話をします。

当時、涼子のクラスではいじめが発覚して、生徒や学校とモメて学級崩壊を起こし、つるし上げられたいじめの首謀者が自殺未遂をしました。

涼子はそのことを非難されて前の学校を辞めて、赤嶺中学に臨時講師としてやってきました。

涼子は香里が岡部の事件が収まった後も涌井美月(米倉れいあ)に付きまとって、事件を調べいて、その行動を止めるために脅迫じみたことを言ったと話します。

涼子は香里や美月がバッシングを受けて辛い思いをしないように事を納めたかった隆平に説明します。

隆平は茂木から涼子に責任を押し付けてしまったことを後悔し、涼子の事を自分のために動く先生ではないと聞いていた。

涼子は香里が別れ際に「このまま、うやむやにしていいのかな」と言っていたことを隆平に話します。

その時、三枝から涼子に深山がコンビニ強盗を犯したと連絡が来ます。

深山は祖母を連れて河原に行き、人を殺したことを話して、心中することをほのめかすと、祖母は「いいよ」と涙を流します。

深山が祖母を背負い川に入ると三枝がやってきて深山を止めます。三枝は深山にコンビニの店長は生きていて、母親も帰ってきたと涙を流しながら怒ります。

恵里香もやってきて泣きながら謝る深山を抱きしめます。隆平は深山の顔にある傷を見て、借金取りに連絡してします。

隆平は借金取りのアジトに行くと、暴力をふるってくる借金取りに対して暴れまわり、公務執行妨害で全員逮捕します。

職員室に戻った隆平が涼子に隆平の元に送られてきた涼子と香里の会話をどこでしていたか聞くと、涼子は職員室だと答えます。

隆平は職員室の机の下から盗聴器を見つけます。隆平は誰が何の目的で音声データを送ってきたのか、香里の自転車のワイヤーを切ったのが誰か、まだ真相をつかめていない。

青のSP7話感想

これまで、多くの事件が起きてきた赤嶺中学校ですが、たくさんの事が起こりすぎて、もう忘れてしまった事件もあるかもしれない。

そこで、これまでの事件を見出しで復習しましょう。

見出しに書ききれない事件もあるので、かなり事件が多い学校であることは間違いありません。そんな中、私が一番印象に残っているのは第2話ですね。楓が受けたマタニティハラスメントです。

生徒の中に犯人がいると思ったら、意外なところから最低な人間が登場しました!見事に隆平が犯人を捕まえて、全校生徒の前で妊娠している楓の事を守るとバシッと言ってくれました。

凄くかっこよかったです!妊婦さんがいるご家庭や職場の方はぜひ見てほしいですね。

そんな多くの事件を解決しながらも第7話となりましたが、今回も事件が発生しました!

今回は母からネグレクトを受け、祖母の介護をする深山が万引きして、傷害罪を犯して、祖母と心中を考える。

かなり不幸な生徒の深山でしたが、三枝と隆平の活躍で深山を救うことができました!

ここまでくると、赤嶺中学校は事件の宝庫です。検挙数をあげたいお巡りさんは赤嶺中学校に集合しください!

青のSP7話のネットの反応

スターマンさんのコメントがいいですね。よく見ていますね。でも、隆平が子供食堂へ差し入れたとんかつ用の肉は5万円だったようです。2万円分は三枝の2万円かもしれないですね。

隆平はいいお金の使い方してますね。

青のSP7話まとめ

香里の死の真相について涼子への疑いが晴れましたが、そうなると、真犯人は誰なのか?隆平もまだ、霧の中を彷徨っているようです。

さて、盗聴器は誰が仕掛けたのでしょうか?全く予想が付きません。

次回からの終盤戦が楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)