アクアマン2(映画)ネタバレやあらすじ!海外の評判やキャスト・次の敵は誰だ?

DC映画歴代No.1のメガヒットを記録した「アクアマン」の続編が、正式に製作されることが決定!

米ワーナー・ブラザースは、「アクアマン2」の全米公開を2022年12月16日に行うと発表しました。

『アクアマン』続編の製作が決定!

DC映画として歴代No.1のヒットを記録した「アクアマン」の続編が、正式に製作されることが決定しました。

映画『アクアマン』は2019年に日本でも公開され、その後順調に稼ぎ続けた結果、世界興行収入が11億ドルを超えるメガヒットを記録しました。

これはDCコミックを原作とする映画のなかでは、史上最高の興行記録です。

アクアマン人気の理由は?

『アクアマン』は、海底帝国アトランティスの王女と人間の間に生まれ、地上人として育てられたアーサー・カーリーがアトランティスの地上侵攻の企みを察知し、争いを止める戦いへ身を投じていくという冒険活劇です。

活躍の舞台が海で海中でのシーンが多く、海中での加速する動きや水の表現が実に繊細でリアルに演出され、終盤では海中での何種類という巨大海洋生物大戦争は見ごたえ十分で、大迫力の戦闘シーンが映し出されました。

その戦いは、水中のスターウォーズ!

「アクアマン」で描かれた世界観と目を見張るような映像美は「水中のスターウォーズ」とも評されています。地底国アトランティスの世界も、本当に素晴らしい。!

「アクアマン」公開後は海外レビューでも大絶賛の声が寄せられ、ブラックパンサーに並ぶ最高のDC映画と評価されました。

特に、海中で展開するスリリングなアクションがいっぱいで、いままで見たことのない壮大なファンタジー・アドベンチャーに魅せられたというレビューが多く寄せられました。

また、普遍的な家族の物語が組み込まれているので、あらゆる人が共感できる要素も大ヒットの要因と思われます。

本作を手がけた『ソウ』シリーズで知られるジェームズ・ワン監督はヒーロー映画の側面を保ちながらも自身の作家性をいかしながら、新たな映像を作り上げることに成功したようです。

テレビアニメ版の製作も決定

映画版の他に、どうやらアクアマンを題材にしたテレビアニメ『アクアマン:キング・オブ・アトランティス』の製作が決定した模様です。
海外メディアによれば、本作は海外VODの「HBO Max」にて3話構成の配信予定で、アクアマンがアトランティスの王子になった当時の様子が描かれます。

続編の予想ストーリーは?

映画『アクアマン2』続編のあらすじは、まだ脚本も執筆されておらず今のところ内容はわかっていません。

予想されるストーリーは、『アクアマン』でサブヴィランとして登場していたブラックマンタとの戦いが予想されます。

またジ・アザーズは、アクアマンのコミックに登場する少数集団でアトランティスの古代兵器を発見した後、悪い者に渡らないように保護していたヒーローチームのような存在です。そんなジ・アザーズが、『アクアマン2』に登場するのではないか、という予想が海外を中心に考察されています。

キャスト

続編のキャストが正式に決定しているわけではないものの、アクアマン役はほぼ間違いなくジェイソン・モモアが続投予定です。

モモアはハワイ先住民とドイツ、アイルランド、アメリカ先住民と多種の血を引く俳優さんで、地上人と海底人のハーフであるアクアマンとも重なります。

屈強な肉体と野性味あふれるジェイソン・モモアは、まさにアクアマンを演じるにふさわしい俳優です。

『アクアマン』続編にはジェイソン・モモアのほか、ブラックマンタ役のヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世が続投予定です。

次の敵は誰?

前作の『アクアマン』にはオーシャンマスターのほかにサブヴィランとしてブラックマンタがいました。

前作で傭兵として活動するブラックマンタは父親と一緒に行動していたものの、アクアマンと偶然対峙した際に交戦し、その結果ブラックマンタの父親が亡くなりました。

その後、ブラックマンタはアクアマンに対して強い復讐心を持ちながら襲ってきましたが敗北した様子が確認されました。しかしながら生きているような描写があり、今後もアクアマンに対する復讐心に燃えている様子でした。

「アクアマン」続編での新たな敵は、復讐に燃えたブラックマンタが予想されますね。

まとめ

DC映画No.1のメガヒットを記録した「アクアマン」。

海中での海洋生物大戦争は、大迫力の戦闘シーンが映し出されました。

水中のスターウォーズとも言われる『アクアマン』の続編が、正式に製作されることが決定しました!

映画『アクアマン2』全米公開2022年12月16日・日本公開日未定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)