ハワイファイブオーシーズン1(22話)あらすじとネタバレ!親子の気持ちのすれ違いとチンの解決策!

ファイブオーのオープニングのBGMを聞くと、わくわくしてくるようになりました…!(末期)

1度見始めると止まらなくて、1日に4.5話ぐらい見ていますw

テンポがいいのと、アクションも多めで、見やすいので、友人にも紹介しています。

さて、今回ファイブオーはどんな事件を解決してくれるのでしょうか!

Sponsored Links

ハワイファイブオーシーズン1(22話)あらすじとネタバレ!

放火事件と動機

ハワイに撮影で訪れていたカメラマン・レニーと水着のモデルたち。

しかし休憩中にトレーラーにレニーが閉じ込められ、何者かが火を放った。

彼は直前に、婚約者のモデルにプロポーズしていたが、彼女の目の前でトレーラーは爆発し亡くなってしまう。

そしてまた、スティーヴのもとには、父の遺品が届けられていた。

捜査を始めると、モデルたちが言い争い始めた。

それは婚約者のアラナと、元カノのジョーダンだった。

アラナはジョーダンに、エコー写真を見せて、「私の彼と、お腹の子の父を奪ったのよ」と叫ぶ。

ジョーダンはレニーに未練があって、それを理由に殺したのではないか、とアランは疑っていた。

だが別々に話を聞くと、ジョーダンは未練があるようには見えなかった。

スタッフの女性は、現地採用で1週間前からレニーと一緒に仕事をしていて、その日、レニーのトレーラーにポルシェに乗った友人が会いに来ていた、と明かした。

チンの容疑はどうなる

捜査をしていると、チンに内部調査室から電話がかかってきた。

それは叔母がなくなったことで、叔父がお金を使用したことを白状し、審議するため再度、チンに話を聞きたい、と。

チンの汚名が晴れるが、叔父が有罪になってしまうかもしれない、と。

そうなれば警察官の叔父が逮捕してきた数々の犯罪者の、刑期に影響が出るかもしれないのだ。

レニーのお金は?

レニーの身辺を調べると、彼は賭けごとが好きで、お金の借主が返せないレニーに火をつけたのでは、と。

ポルシェを調べると、ハワイのギャンブルを扱っている1人・マーカムで、以前チンが取り締まったことのある人物だった。

そこでマーカムのオフィスに乗り込んだ。

しかしマーカムはレニーの死について知らなかった。

その日、マーカムはレニーにお金を貸すために訪れていたのだ。

チンの決意

チンは、審議に赴いていたが、叔父の名誉を守るため、「自分がやった」というつもりだった。

そして審議でも「私が金をとった」と言った。

だが、チンの口座に不審な動きがなく、調査室のメンバーは「チンが叔父をかばっているのでは」と言ってきた。

チンは「使ってない」と言い張った。

それならば、と調査室は「明日中にお金を持って来い」と言ったのだった。

それを聞いたコノは、「ウソだと言って」と説得しようとするが、チンはかたくなにそれを拒否した。

父が残したもの

放火したときに使用されたガソリンタンクに、ライターの破片が入っていた。

それは、以前の撮影にも使われており、レニーが持っていたはずだった。

そして、レニーの印税などの多くは、亡くなればある女性の、信託財産に預けられることになっていた。

その女性は、以前レニーが付き合っていたモデルの娘だったのだ。

その時、チンから電話がかかってきて、マーカムに借りたお金が、子供を18歳まで育てる養育費に当たる金額と、一致することが分かった。

そして、その娘を調べると、レニーの実子で、撮影現場にいた、アシスタントのエイミーだったのだ。

娘はエイミーという偽名を使って、レニーに近づき、火をつけた。

レニーが母と自分を捨てて、成り上がっていく様子に、いら立ちを感じていたのだ。

父を殺して、高飛びしようとしたエイミーを、ファイブオーは捕まえた。

最後に、父がエイミーのためにお金を残していたことを知ると、呆然とした表情でパトカーに乗り込んでいく。

翌日、チンはマーカムのもとを訪ねて、20万ドル借りにいっていた。

Sponsored Links

まとめ

チンがまさかのお金をかりに、マーカムのもとへ!

いやいや、そこまでしなくても、もう自分は無実だって言おうよ!!!

そうまでして家族を守りたい気持ちはわかるけど、だからって、市民の金貸しにお金をかりに行くのは違う!

何とかチンの気持ちを汲み取って、スティーヴとダニーはチンを止めてくれ…!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)