天国と地獄|6話ネタバレ考察あらすじ!クウシュウゴウとは?日高の本名が判明!

入れ替わりは日高(高橋一生)と彩子(綾瀬はるか)だけじゃない?そんなことを漂わす前話でしたが一体どうなのでしょうか。

日高は悪い人ではないかもしれないと考えはじめた彩子は日高の過去を探り始めます。

そして、No.9の男が殺されるかもしれない。9といえば、日高の過去を知る九十九(中尾明慶)ですが・・・。

※外見彩子で中身日高を彩子<日高>、外見日高で中身彩子を日高<彩子>としています。

天国と地獄6話ネタバレ

殺されるのはNo.9の男!クウシュウゴウとは?

日高<彩子>は手紙の差し出し主の”歩道橋の彼女”について探り始めます。

日高<彩子>は秘書の五木(中村ゆり)や日高の事が心配になって会社にやってきた優菜(岸井ゆきの)に日高の過去について聞きますが有力な手掛かりはつかめませんでした。

一方、北原(北村一輝)が連続殺人事件の発端となった3年前の事件で証言をした目撃者・戸田一希(橋本真実)を問い詰めていくと、戸田はうその証言をしたことを白状します。

北原が戸田に一ノ瀬の情報を売った相手について聞くと、戸田はネットでしかあったことがなくて、戸田は「Φ」の字のニックネームだったと話す。

その頃、八巻(溝端淳平)は賭博罪で逮捕した九十九(中尾明慶)から司法取引を持ち掛けられます。

彩子<日高>は熱が出て、最近の世情を鑑みて濃厚接触が多かった日高<彩子>に自宅待機するように指示します。

次の日、彩子<日高>は仕事を休み、八巻も五十嵐管理官(野間口徹)に言われて自宅待機を命じられます。

八巻は九十九から日高が人を殺すのは満月の夜だと聞いたことを電話で伝えます。今日は満月で八巻は彩子<日高>が仮病だと伝えます。

日高<彩子>は彩子<日高>の殺人を止めるように動きますが、日高の行動を監視すれば、この地獄の様な日々を終わらせるヒントがあるかもしれないと考えます。

一方、北原は戸田の通帳を見てクウシュウゴウからの15,000円の入金を確認します。

日高<彩子>は、陸(柄本裕)に彩子<日高>が帰ってきたら足止めしておくように指示しますが、彩子<日高>は帰ってきません。

日高<彩子>は殺人リストを思い出してロッカーの場所に行きますが、すでにリストはなく、日高<彩子>は新たな隠し場であるロッカーを探すように陸に頼みます。

日高<彩子>は彩子<日高>がロッカーに付箋を挟んでいることに気づくと、陸は仕事仲間に付箋がついているロッカーを探すように頼みます。

北原は新田(林泰文)の協力を得て、クウシュウゴウは十和田元であることに気づきます。

日高<彩子>は八巻を連れてある歩道橋にきて、この歩道橋に彩子<日高>が来る可能性が高いことを八巻に説明します。

彩子と日高が入れ替わった時も日高がこの歩道橋で誰かを待っていた可能性があります。

すると、男が来て赤のスプレーで壁に9の字を落書きます。八巻が男に注意すると、その男は別の男(おっさん)に日が落ちる前に書くように頼まれたと話します。

その頃、彩子<日高>は綜合警備保障会社代表取締役の久米正彦宅にクリーニング業者を装ってやってきます。

彩子<日高>は掃除しながら久米邸で何かを探し、ベランダの窓を少し開けて帰りますが、再び壁を登って久米邸に侵入します。

陸の仕事仲間が付箋の付いたロッカーを見つけますが、暗証番号が分かりません。

日高<彩子>と八巻は歩道橋を見張りますが日高<彩子>はやってきません。日高<彩子>は歩道橋の手すりに壁を監視するカメラがあることに気づきます。

陸は管理会社に暗証番号を忘れたと言ってロッカーを開けて、日高<彩子>にリストを手に入れたことを伝えます。

リストと一緒に誰かが書いた漫画があり、この漫画にはミスターXからの殺しの指令が数字で来ていいました。

陸がそのことを日高<彩子>に伝えると日高<彩子>はナンバー9の男が殺されることを察して、殺人リストの中から久米正彦の名前を見つけます。

彩子<日高>は再び殺人を犯すのか?日高の本名が判明!

日高<彩子>と八巻は久米邸を見張ります。日高<彩子>は八巻に日高は犯人じゃなく、真犯人を検挙したいと話す。

彩子は日高を信用したい。

その頃、彩子<日高>は久米邸に忍び込み、寝室で寝ている妻を見つめ、久米正彦の口を手でふさぎます。

朝になっても久米邸の様子に変化はありませんが、日高<彩子>は久米邸から出てくる彩子<日高>を見つけます。驚いた日高<彩子>は彩子<日高>を追いかけようとしますが逃げられます。

日高<彩子>と八巻はこれはどういうこと?と大きな不安を抱きながら考えていると、家から久米夫妻が頭が痛いと言いながら出てきます。

久米夫妻が無事だったことを知った日高<彩子>は「よかった」と道路に倒れて安心します。

彩子<日高>は「9」の落書きのところに行き、「来なかった、何があった?」と言葉をこぼします。

陸に落書きを消す仕事の依頼が来て、陸は何かに気づきます。陸が落書きのところに行くと彩子<日高>がいますが、彩子<日高>は陸に気づかず帰ります。

河原が十和田について調べると十和田は自殺していました。河原は不動産屋から十和田の部屋を清掃した業者を聞きだします。

陸が日高<彩子>のマンションに来ると、陸は歩道橋の落書きを消す依頼が来たのは、今回で3度目だと話します。

依頼人の名前はクウシュウゴウで、クウシュウゴウ(空集合)をネットで検索すると「Φ(ファイ)」を意味していた。

その時、日高<彩子>のスマホに奄美大島の”はまかぜ”の店主から連絡が来て、リピーターの客から日高<彩子>の名前は日高ではなく、東朔也であると聞いたことを話します。

当然ながら、彩子に東朔也は聞き覚えのない名前です。しかし、その頃、彩子<日高>は警察で東朔也の死亡届を調べています。

天国と地獄6話感想

ようやく折り返しとなった『天国と地獄』ですが、ここで、これまでの物語を振り返ってみるのもいいかもしれません。見出しを見ただけでもいろんなことがあったことが分かりますよね。

 

第1話の時に第6話までの展開が予想できたでしょうか?途中、八巻の命は短いなと思った人も多かったのではないでしょうか。

でも、1話で満月の夜に入れ替わりって書いてましたね。6話へ布石は1話にあったようです。

また、日高が意外にもいい人じゃないかと、高橋一生ファンの人たちは一安心したんじゃないかな。でもまだまだこれからですよ。

そして、最後に登場した東朔也という名前がこれからのキーワードになりそうです。終盤に向けて事態が急加速しそうです。

綾瀬はるかさんと高橋一生さんの演技が注目されてきましたが、これからは物語の展開にも大注目です!

天国と地獄6話のネットの反応

今回謎が深まった人は多いようです。クウシュウゴウ(空集合)って数学の時間を思い出しますね。また、彩子が優秀な刑事だったことを裏付ける行動がいくつかありました。

ネットの感想を見てもいろんな発見があります。

天国と地獄6話まとめ

彩子<日高>は久米夫妻を殺しませんでした。どうやら、誰かが来なかったようです。

そして、判明した日高の本名・東朔也。東は何者なのか、すると、日高は一体誰なのか謎が深まる第6話となりました。

ちなみに、9で九十九は関係ありませんでした・・・。

次回も楽しみです!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)