レッドアイズ|5話ネタバレ感想あらすじ!長篠が爆弾犯?犯人を生んだのは警察!

青いコートの男の正体は鳥羽和樹(高嶋政伸)でした。しかし、ドラマの公式ホームページの相関図を見ると、青いコートの男の映像が鳥羽になっていません。

響介(亀梨和也)の婚約者・美保(小野ゆり子)を殺した青いコートの男は別人の可能性が高い!

しかし、今回は長篠(趣里)に注目です!

Sponsored Links

レッドアイズ5話ネタバレ

長篠が爆弾犯?過去にいったい何が!

由梨(松下奈緒)は鳥羽(松下奈緒)のカウンセリングは必要ないと言いきりますが、鳥羽はうまく話を進めていきます。

いつの間にか由梨の脳裏に鳥羽の言葉が刷り込まれていきます。

響介ははるか(高橋ひかる)に会い、はるかが人質になっているときに蠣崎(忍成修吾)が先生と名乗る男と電話していたことを聞きます。

KSBC(神奈川県警捜査分析センター)に戻った響介が山崎(木村祐一)、由美子(シシド・カフカ)、小牧(松村北斗)に警察内に情報をリークしている者がいると話します。

夜の河原で、神奈川県警の警察官がある男にカバンを渡されると、そのカバンが爆発します。事件の報告がKSBCに来ると、事件現場をモニターで確認した長篠(趣里)の表情がこわばります。

被害者は神奈川県警の宇土刑事。また、連続して別の爆発事件も発生してその被害者は堅志田刑事でした。伏見は、小牧(松村北斗)に長篠の調査を指示します。

標的となった刑事たちに送られていたメールから、山崎は「ユナボマーだ、本名はセオドア・カジンスキー(アメリカの爆弾テロリスト)」と話します。

今回の犯人は警察に恨みを持ち、ユナボマーの模倣犯。長篠はKSBCの部屋を出て、そわそわし始めます。響介は挙動不審の長篠をマークします。

2人の刑事は病院に搬送後、死亡が確認されます。

長篠は女子更衣室に行き誰かに連絡を取ろうとしますが、由美子も女子更衣室にやってきます。

長篠はロッカーの陰に隠れ、由美子は長篠のロッカーであるものを発見して、その写真を響介に送ります。

響介は逃げる長篠を追いかけます。由梨は山崎と小牧から長篠が今回の爆弾事件にかかわっていることを知ります。

小牧の調べで、長篠が11年前に起きた拉致監禁事件の被害者で、当時この事件を担当していたのが、爆発事件の犠牲になった宇土刑事と堅志田刑事だったことが分かります。

長篠のカバンには爆弾の起爆装置が入っていた。もう一人、11年前の事件に関与していたのが長久手刑事(川瀬陽太)です。

由梨が長久手に連絡すると、長久手は長篠に連絡します。長篠は長久手に日本丸メモリアルパーク広場に来るように指示します。

小牧は長篠の居場所を突き止め、響介もパーク広場に急ぎます。

犯人を生んだのは警察?不幸すぎる長篠の兄!

長久手が長篠に会うと、長篠は「次はあなたの番です」と長久手に言います。その時、響介と由美子も到着します。

さらに、ドローンが爆弾を持って近づいて、爆発しますが、4人は危機一髪助かります。

長篠は県警に戻り、由梨から事情聴取を受けます。響介は長篠は犯人ではなく、犯人に狙われていることを伝えたかった、真犯人は長篠の兄ではないかと考えて、取調室にいる長篠に問いかけます。

すると、長篠は11年前の誘拐された時のことを話します。

11年前、長篠を誘拐した犯人はスマホで兄に家出をするメールをしていて、兄が警察に連絡しても家出とみなされ捜索されず、長篠を助けてくれたのは街中の監視カメラを独自で調べた兄でした。

しかし、その時犯人と遭遇して兄は犯人を殺してしまい、兄は傷害致死で逮捕されていた。兄を捕まえたときの刑事が宇土、堅志田、長久手でした。

長篠は今回の事件の監視カメラに兄・晋平(橋本淳)の映像が映っていたことに気が付いていた。長篠は由梨と響介に捜査を兄をかばうような行動をとったことを謝ります。

響介は長久手たち捜査一課と晋平を捕まえに家に行きますが、玄関で爆発が起きます。響介は近くで見ていた晋平に気づいて追いかけると、謎の男が行く手を阻みます。

響介と由美子は謎の男にあっという間に倒されます。謎の男は顔認証にもヒットせず、異常な強さから特殊な訓練を受けていることが分かります。

 

長篠の容疑は晴れ、長篠は通常業務に戻りますが、長篠のスマホに晋平から連絡が来て、長篠の机の上に晋平からのプレゼントの爆弾が入った箱があります。

長篠は晋平の指示でテレビ電話に切り替え、晋平は長篠以外の全員を外に出すように指示します。晋平は警察官になり、長久手を救った長篠を恨んでいます。

由梨は部屋に残り爆弾処理班とともに爆弾解除を画策し、響介は新平の捜査を行います。

長篠が涙を流しながら晋平を説得しますが、晋平は後にはもう戻れないと起爆スイッチを押そうとしますが、その時、響介が晋平を見つけて取り押さえて、爆破を阻止します。

響介は晋平が由梨が外に出てきていないことを疑ったことで、晋平が近くのビルの屋上にいることに気が付いていた。

晋平は捕まりますが、長久手は晋平に11年前のことを謝ります。

小牧が晋平のスマホを調べたら”先生”と名乗る男からのメールが届いており、発信元の住所も判明します。

鳥羽のスマホに”M”から”奴が来ました”とメールが来ます。

響介がある場所に行くとその映像は鳥羽の家のモニターに映っています。敷地に侵入した響介の前に再び謎の男が現れて響介を倒します。

Sponsored Links

レッドアイズ5話感想

今回は趣里さんに焦点!前から思っていたのですがゲゲゲの鬼太郎に登場する猫娘に見ていますよね。

松下奈々さんが出演していたゲゲゲ(の女房)でつながりました。

さて、今回は長篠に犯罪に巻き込まれた過去があることが判明しましたが、かわいそうなのは兄の晋平でした。

この件は警察が悪い!警察が生んだ犯罪といえるでしょう。しかし、晋平も誰かの差し金で今回の事件を起こしたようです。

怪しいのは鳥羽なのか。謎の強い男も登場して、ドラマの行方がさっぱり分からなくなりました。黒幕が誰なのか本当に楽しみです。

Sponsored Links

レッドアイズ5話のネットの反応

今回の皆さんの感想なのですが、私が思っていたより趣里さんネタが少ない感じがしました。

やっぱり、主役の亀梨君や人気者の松村君には勝てないのか・・・。趣里さんの涙は特徴的なのにな~。

Sponsored Links

レッドアイズ5話まとめ

謎の強い男が登場して、ドラマの展開が全く予測不能となりました。謎の男は響介と由美子をあっという間に倒すほどの強さ。

響介はこの男を倒すことができるのでしょうか。最後に捕まっていましたが、次話は響介の大ピンチからスタートです。

 

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)