ハワイファイブオーシーズン1(21話)あらすじとネタバレ!潜入捜査の行方と意外な黒幕!

チンの男らしさとかっこよさが見えた、20話。

スティーヴ推しだったのが、急にチンが更にかっこよく見えてきた…!

私のなかで勢力図が変わりそうですw

シーズン1も残すところ4話!

果たして父の死の真相を握るウォーを捕まえることができるのか?

Sponsored Links



ハワイファイブオーシーズン1(21話)あらすじとネタバレ!

潜入捜査の代償

その日もまた、スティーヴの自宅には、父の遺品が届けられていた。

そこに、事件の連絡が入る。

潜入捜査をしていた刑事・レジーが家族に会いに来ていた。

しかしそこへ潜入していた組織の一味がやってきて、次々と人に銃を撃ち込んだ。

だが、亡くなったのは妻だけで、他のメンバーは生き残った。

レジーが潜入捜査していたのは、ジミーという闇組織だった。

レジーの正体を知ったが、レジーが生き残ったことを知れば、また襲ってくるだろう。

現場を捉えた防犯カメラがあり、それを調べると逃げていったSUVがいた。

スティーヴはダニーと一緒に、ジミーに会いに行くが、レジーはジミーを殺人しようとしたことを、知らばっくれた。

レジーの襲撃の現場からは、ジミーの銃弾が残っていた。

捜査をしようとするが、レジーは病院から抜け出していて、ジミーに報復しようとしていたのだ。

その後、追いかけていくと、事件に関わった関係者が1人殺されていた。

するとレジーから電話がかかってきて、「俺は殺していないぞ」と言ったのだ。

レジーもまた彼に事件の情報を聞きに行ったが、既に殺されていた、と。

その後、レジーを確保。

ジミーに報復する、と予測していたが、レジーは「ジミーは妻を殺していない」と言った。

レジーはなぜ、そのことを知っているのか。

本当の黒幕は誰だ

レジーはずっとジミーのそばで、仕事を見てきて、ジミーが何かを解決するときに、腕のいい殺し屋を雇う、と考えていた。

だが今回は、妻以外の人間は致命傷とならず、生き延びてる。

では何故なのか。

それは、レジーの警護に当たっていたFBIの捜査官こそが、今回の事件に手をかした人物だったからだ。

その証拠に、銃弾の火薬は半分で、殺すためではなく、怪我をさせるだけでよかったのだ。

ファイブオーは生き延びた捜査官のもとに、レジーと共に向かう。

捜査官は、何者かに雇われており、その雇い主の名前を打ち明けた。

スティーヴはレジーと共に、その名前の主のもとへ。

彼は2人の姿を見ると逃走したが、FBIとスティーヴから逃げられるはずがない。

彼が吐いたのは、ジミーではなく、ジミーの息子の名前だった。

大事なものはお金

ジミーと息子のもとへ向かう。

息子は、レジーが潜入捜査していることを知り、このままでは家業が潰され、財産が危うくなる、と考えたのだ。

こうして息子は逮捕。

レジーはケビンと共に、ニューヨークに戻ることに。

そして、今度はジミーを逮捕するため、地道に捜査をすることを誓った。

 

まとめ

今回ははじまりが幸せそうな絵だったので、それから一転!

まさかの協力者と黒幕にびっくり。

さすがFBIということもあって、レジーの身のこなしが軽やかで、これもまたスリルがありましたね!

息子・ケビンは今回の件で、警察になりたくなるのでは…と思いました。

シリーズ最新作ぐらいでは、警官になってないかなw

 

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)