知ってるワイフ|7話ネタバレあらすじ!書き込みの犯人は沙也佳?ついに澪が元春に告白!

元春が澪を車に乗せたことで激昂した沙也佳が、鬼のような目をしてパソコンに向かう。

そんな最後を迎えた6話では、視聴者からは「全部元春が撒いた種だぞ…」という声が。

沙也佳は本当に、澪のことを書き込みしたのか?

そして元春は、書かれた澪をかばうのか?

Sponsored Links

「知ってるワイフ」7話ネタバレあらすじ!

澪の母・久恵を探すために、澪を車に乗せたことが、沙也佳にばれてしまう。

沙也佳は激昂するあまり、澪の悪口を、掲示板に書き込み、その夜は寝てしまった。

翌朝、元春が出社すると、すでに騒ぎになっていた。

書き込みの内容から、銀行の信用問題にかかわると、不安そうな顔をする同僚たち。

元春はその書き込みを見て、沙也佳の仕業なのではないかと疑うが、澪との関係で喧嘩になった為、聞けないままでいた。

一方沙也佳は、翌朝には自分の行いを責めていたが、削除の仕方が分からず、途方に暮れる。




さらに日が経つと、掲示板の投稿がどんどん広がり、同僚たちがこっそり撮影され、ネットにアップされてしまう。

自分のことだけなら、黙っていた澪だったが、被害が同僚に及んだことで、怒る。

ついには「投稿者を突き止める」と言って、津山と共に調査会社に出向いてしまう。

そのため、津山の残業を肩代わりした元春が、沙也佳に電話をかけ「今日は遅くなる」と伝えた。

沙也佳はそれを聞いて、自分の行いだとばれてしまう、と焦りだす。

するとそこへ、先日たまたま公園で会った花屋の店員・邦光がお花を届けにやってきた。

沙也佳は邦光に泣きついて、投稿を削除することに成功する。

調査会社に行った澪たちだったが、投稿が削除されたことで、書き込んだ人を見つけることも出来なくなってしまう。


残業を終えた元春が帰宅するが、パソコンの閲覧履歴に、あの掲示板があるのを発見する。

やはり、沙也佳の仕業なのでは、とさらに疑う元春。



それから数日後の夜、元春のもとになぎさから電話がかかってくる。

「明日、母さんが白内障の手術をする」

沙也佳の両親を優先していると分かっていながらも、なぎさはどうしても黙っておけず、元春に電話をしてきたのだ。

その週末は、さやかの父も授賞式があり、家族で出席することになっていたが、手術の日は準備のために美容院へ行く予定だった。

元春は沙也佳に事情を話し、翌日は沙也佳と共に、病院に向かった。

だが、お見舞いも早々に、沙也佳は帰ってしまい、元春の家族たちは嫌な顔をする。




一方、澪は認知症の母の検査のために、病院に来ていた。

それは、元春の母が入院している病院と同じだった。

久恵が病院を徘徊している時に、元春の母の病室に来てしまい、そこで彼らはばったりと出会う。

久恵が元春を気にいっていることもあり、母の病室でみんなでトランプをしながら過ごす。

みんなが帰った後、元春の母は

「澪さんはいいお嬢さんね。

理想のお嫁さんだわ。」

とポツリと言葉を漏らした。




病院から帰ろうとする澪と、ロビーであった元春。

そこへ調査会社からの連絡が入る。

澪は、消された投稿のIPアドレスを継続して調べてもらっていたのだ。

電話を切った澪は泣きそうな声で振り向くと、

「全然知らない人でした。」

と笑った。

元春は、その我慢している澪の顔を見て、悟った。

書き込みをしたのが沙也佳だった、とその顔で気付いたのだ。

「ごめんなさい、そしてありがとう」

と澪に向かって頭を下げた。

それを聞いて、澪は

「ごめんなさい、そして感謝してます」

と笑って病院を去っていった。



病院に泊まった元春は、母の退院準備をしていた。

するとそこに、なぎさから電話が。

なぎさの娘が熱を出してしまったので、元春が母をなぎさの家まで送ることになったのだ。

その電話を、沙也佳にすると、

「命のかかわる病気じゃないでしょ。

絶対間に合うようにきて、間に合わなかった別れる。」

と言って、電話を切ってしまった。

何とか会場への道を、急いで向かう元春だったが、途中で気持ちが変わり、缶ビールを持って、謎の男・小池に会いに行ってしまう。

小池の隣に座るが、何も言わず、ただビールを飲み続ける元春。



元春が家に帰ると、暗い顔をした沙也佳がいた。

パーティーでの自分のメンツを話す沙也佳に、

「手術の結果がどうだったのか聞かないのか」

と話始めた元春。

話始めると、言葉が止まらず、ついに掲示板に書いた悪口のことを沙也佳に突き付ける。

すると沙也佳は

「書いたのは私よ。

でも最初にウソをついたのは元くんじゃない。」

と寂しそうに言った。

そして、沙也佳は家を飛び出すと、邦光の働く花屋へ駆け込むと

「どこか遠いところへ連れていって」

と頼んだのだった。

Sponsored Links

まとめ

書き込みの犯人が沙也佳だとばれてしまったにも関わらず、澪の大人な対応によって、何とか体裁は保った元春。

だが、入院が重なり、両親への態度の差があからさますぎる沙也佳に、いら立ちを感じた元春は、「見て見ぬふりをする夫婦生活」に自分からメスを入れてしまいました…。

そしてそれにダメージを受けた沙也佳は、花屋の邦光といい雰囲気に。

「学園の女神様」の座をあれほど嫌がっていた沙也佳ですが、邦光に頼むときも「遠い所に連れてって」とどこか他人任せ。

ここで「遠い所に行こう」じゃない辺りが、沙也佳の絶妙な女神感を醸し出すセリフですね。

また、次回予告ではついに澪が元春に告白するシーンが!

来週は8話となり、物語も終盤です。

告白された元春は沙也佳と別れる道を選ぶのでしょうか?

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)