アンモナイトの目覚め(映画)ネタバレやあらすじ!海外の評判やキャストの紹介も!

『見つけて、泥の中の私を。』

アカデミー賞主演女優賞『ケイト・ウィンスレット』『愛を読むひと』

アカデミー賞4度ノミネート『シアーシャ・ローナン』『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』

圧巻の共演!

監督・脚本『フランシス・リー』『ゴッズ・オウン・カントリー』待望の新作!

2020年『カンヌ国際映画祭』『テルライド映画祭』『トロント国際映画祭』数々の映画祭で絶賛!

孤独の中に埋もれた自分を発掘していく女たちの物語を繊細かつ大胆に描く!

アンモナイトの目覚め(映画)ネタバレやあらすじ!海外の評判やキャストの紹介も!

紹介していきたいと思います。

『アンモナイトの目覚め』ネタバレ・あらすじ

1840年代。

イギリス南西部、海沿いの町『ライム・レジス』

この町に住む、古生物学者『メアリー・アニング』

人間嫌いで、世間との繋がりを絶ち、老母と暮らしていた。

かつて、メアリーの発掘した化石は、大発見として一世を風靡。

大英博物館に、展示される事になる。

しかし、女性であるメアリーの名声は、すぐに世の中から忘れ去られる。

今は、観光客の土産物用アンモナイトを発掘しては売り、細々と生計を立てていた。

そんなある日、裕福な化石収集家で地質学者『ロデリック・マーチソン』が、メアリーの元にやって来る。

『ヨーロッパ旅行に出ている間、しばらく妻『シャーロット』を、預かって欲しい』と、頼み込んできた。

化石発掘に専念したかったメアリーだったが、高額な報酬に目がくらみ、引き受けてしまう。

当初、異なる価値観で生きてきた2人は、衝突するばかりだった。

美しく可憐で奔放、何もかもが正反対のシャーロットに苛立ち、冷たく突き放すメアリー。

次第に、お互いに孤独を抱えている事を知り、徐々にその距離は縮まって行く。

メアリーは、シャーロットに惹かれる気持ちをどうする事も出来ずにいた。

いつしか、2人の間には、恋愛感情が芽生える・・・

監督・脚本フランシス・リー(Francis Lee)
出身イングランド・ウェストヨークシャー・カルダーデール・ソイランド
生年月日1969年
経歴2017年『英国インディペンデント映画賞』デビュー脚本家賞
監督賞・脚本賞(ノミネート)
2017年『ストックホルム国際映画祭』監督賞
『ゴッズ・オウン・カントリー』

主な監督作品
2012年『The Farmer’s Wife』(ショートフィルム)兼脚本・製作
2013年『Bradford Halifax London』(ショートフィルム) 兼脚本
2014年『The Last Smallholder』(ドキュメンタリー・ショートフィルム)
2017年『ゴッズ・オウン・カントリー』兼脚本
2020年『アンモナイトの目覚め』兼脚本

『アンモナイトの目覚め』キャスト

メアリー・アニング『ケイト・ウィンスレット』

名前ケイト・ウィンスレット(Kate Winslet)
出身イングランド・バークシャー州・レディング
生年月日1975年10月5日
経歴『ロンドン映画批評家協会賞』英国主演女優賞
『乙女の祈り』
『第68回 アカデミー賞』助演女優賞(ノミネート)
『第53回 ゴールデングローブ賞』助演女優賞(ノミネート)
『第49回 英国アカデミー賞』助演女優賞
『第2回 全米映画俳優組合賞』助演女優賞
『いつか晴れた日に』
『第70回 アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)
『第55回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ドラマ部門)(ノミネート)
『第11回 ヨーロッパ映画賞』観客賞(女優賞)
『タイタニック』
『第74回 アカデミー賞』助演女優賞(ノミネート)
『第59回 ゴールデングローブ賞』助演女優賞(ノミネート)
『第55回 英国アカデミー賞』助演女優賞(ノミネート)
『第27回 ロサンゼルス映画批評家協会賞』助演女優賞
『第15回 ヨーロッパ映画賞』観客賞(女優賞)
『アイリス』
『第77回 アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)
『第62回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)
(ノミネート)
『第58回 英国アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)
『第10回 放送映画批評家協会賞』主演女優賞(ノミネート)
『ロンドン映画批評家協会賞』英国主演女優賞
『エターナル・サンシャイン』
『第58回 英国アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)
『第10回 放送映画批評家協会賞』助演女優賞(ノミネート)
『ネバーランド』
『第79回 アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)
『第64回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ドラマ部門)(ノミネート)
『第60回 英国アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)
『第12回 放送映画批評家協会賞』主演女優賞(ノミネート)
『リトル・チルドレン』
『第81回 アカデミー賞』主演女優賞
『第66回 ゴールデングローブ賞』助演女優賞
『第62回 英国アカデミー賞』主演女優賞
『第14回 放送映画批評家協会賞』主演女優賞
『第15回 全米映画俳優組合賞』助演女優賞
『第22回 ヨーロッパ映画賞』女優賞
『ロンドン映画批評家協会賞』主演女優賞
『愛を読むひと』
『第66回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ドラマ部門)
『第62回 英国アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)
『ロンドン映画批評家協会賞』主演女優賞
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』
『第69回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)
(ノミネート)
『第25回 ヨーロッパ映画賞』女優賞(ノミネート)
『おとなのけんか』
『第71回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ドラマ部門)(ノミネート)
『とらわれて夏』
『第88回 アカデミー賞』助演女優賞(ノミネート)
『第73回 ゴールデングローブ賞』助演女優賞
『第73回 英国アカデミー賞』助演女優賞
『第21回 放送映画批評家協会賞』助演女優賞(ノミネート)
『ロンドン映画批評家協会賞』助演女優賞
『スティーブ・ジョブズ』
『第21回 ハリウッド映画賞』主演女優賞
『女と男の観覧車』
『第37回 セザール賞』名誉賞

主な出演作品
1994年『乙女の祈り』
1995年『タイムマスター/時空をかける少年』『いつか晴れた日に』
1996年『日蔭のふたり』『ハムレット』
1997年『タイタニック』
1998年『グッバイ・モロッコ』
1999年『ホーリー・スモーク』
2000年『クイルズ』
2001年『エニグマ』『アイリス』
2003年『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』
2004年『エターナル・サンシャイン』『ネバーランド』
2005年『Romance & Cigarettes』
2006年『オール・ザ・キングスメン』『リトル・チルドレン』
『ホリデイ』
2008年『愛を読むひと』
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』
2011年『コンテイジョン』『おとなのけんか』
2013年『ムービー43「The Catch」』『とらわれて夏』
2014年『ダイバージェント』
2015年『ヴェルサイユの宮廷庭師』『ダイバージェントNEO』
『スティーブ・ジョブズ』『リベンジャー 復讐のドレス』
2016年『トリプル9 裏切りのコード』『素晴らしきかな、人生』
2017年『女と男の観覧車』
2019年『Blackbird』
2020年『アンモナイトの目覚め』
2022年『アバター2』

シャーロット・マーチソン『シアーシャ・ローナン』

名前シアーシャ・ローナン(Saoirse Ronan)
出身アメリカ・ニューヨーク州・ニューヨーク市・ブロンクス区
生年月日1994年4月12日
経歴『第80回 アカデミー賞』助演女優賞(ノミネート)
『第65回 ゴールデングローブ賞』助演女優賞(ノミネート)
『第61回 英国アカデミー賞』助演女優賞(ノミネート)
『第13回 放送映画批評家協会賞』若手女優賞(ノミネート)
『つぐない』
『第63回 英国アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)
『第15回 放送映画批評家協会賞』主演女優賞(ノミネート)
『第15回 放送映画批評家協会賞』若手俳優賞
『第36回 サターン賞』若手俳優賞
『ラブリーボーン』
『第17回 放送映画批評家協会賞』若手俳優賞(ノミネート)
『第38回 サターン賞』若手俳優賞(ノミネート)
『ハンナ』
『第40回 サターン賞』若手俳優賞(ノミネート)
『わたしは生きていける』
『第88回 アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)
『第73回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ドラマ部門)(ノミネート)
『第69回 英国アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)
『第22回 全米映画俳優組合賞』主演女優賞(ノミネート)
『第21回 放送映画批評家協会賞』主演女優賞(ノミネート)
『第81回 ニューヨーク映画批評家協会賞』主演女優賞
『第41回 ロサンゼルス映画批評家協会賞』主演女優賞(次点)
『第18回 英国インディペンデント映画賞』女優賞
『ブルックリン』
『第90回 アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)
『第75回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)
『第71回 英国アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)
『第24回 全米映画俳優組合賞』主演女優賞(ノミネート)
『第23回 放送映画批評家協会賞』主演女優賞・コメディ映画女優賞(ノミネート)
『第83回 ニューヨーク映画批評家協会賞』主演女優賞
『レディ・バード』
『第92回 アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)
『第77回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ドラマ部門)(ノミネート)
『第73回 英国アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)
『第25回 放送映画批評家協会賞』主演女優賞(ノミネート)
『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』

主な出演作品
2007年『I Could Never Be Your Woman』
『The Christmas Miracle of Jonathan Toomey』
『つぐない』『奇術師フーディーニ 〜妖しき幻想〜』
2008年『エンバー 失われた光の物語』
2009年『ラブリーボーン』
2010年『ウェイバック -脱出6500km-』
2011年『ハンナ』『天使の処刑人 バイオレット&デイジー』
2012年『ビザンチウム』
2013年『ザ・ホスト 美しき侵略者』『わたしは生きていける』
2014年『グランド・ブダペスト・ホテル』『ザ・マペッツ2 ワールド・ツアー』
『ロスト・リバー』
2015年『Stockholm, Pennsylvania』『ブルックリン』
2017年『レディ・バード』『追想』
2018年『The Seagull』『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』
2019年『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
2020年『アンモナイトの目覚め』
2021年『ザ・フレンチ・ディスパッチ』

『アンモナイトの目覚め』海外の評判やキャストの紹介!

本作は、批評家から、好意的に評価されています!

『間違いなく最もアカデミー賞に近い』デッドライン

『「道ならぬ」愛が、土臭く抒情的でひりつく感情へ昇華されていく』ローリング・ストーン

映画批評集積サイト『ロッテン・トマト』

現在、214件のレビューがあります。

平均点『10点満点/6.70点』批評家支持率『68%』

トマトメーターが60%以上の『フレッシュ』です!

批評家見解の要約です。

『シアーシャ・ローナンとケイト・ウィンスレット(後者の演技は特に素晴らしい)のケミストリーのお陰で『アンモナイトの目覚め』は、歴史恋愛ドラマが陥りがちな罠を回避することに成功した』

映画・ゲーム・テレビ番組・ミュージックの評価レビュー集積サイト『メタクリティック』

現在、38件のレビューがあります。

『メタスコア』(加重平均値)は『73/100』

スコア指数は『概ね好意的なレビュー』との評価です!


『ケイト・ウィンスレット』経歴

1975年10月5日生まれ、イングランド・バークシャー州・レディング出身

祖父母、両親、叔父、姉、妹が俳優の芸能一家。

テレビドラマ・舞台・CMなどに出演。

1994年公開『乙女の祈り』監督『ピーター・ジャクソン』※映画初出演

クライストチャーチの女子高に通う、イギリスからの転校生『ジュリエット』を演じる。

『ロンドン映画批評家協会賞』英国主演女優賞

1995年公開『いつか晴れた日に』監督『アン・リー』

貴族の夫を亡くした『ファニー・ダッシュウッド』の3人の娘『マリアンヌ・ダッシュウッド』を演じる。

『第68回 アカデミー賞』助演女優賞(ノミネート)

『第53回 ゴールデングローブ賞』助演女優賞(ノミネート)

『第49回 英国アカデミー賞』助演女優賞

1997年公開『タイタニック』監督『ジェームズ・キャメロン』

ヒロイン『ローズ・デウィット・ブケイター』を演じる。

興行収入世界第3位(※2020年現在)の大ヒットとなり、知名度が一気に上がる。

『第70回 アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)

『第55回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ドラマ部門)(ノミネート)

2000年『グラミー賞』『Best Spoken Word Album for Children』受賞。

2001年公開アニメ『クリスマス・キャロル』『ベル』の声を担当、主題歌『What If?』をリリース。イギリス初登場6位、アイルランド初登場1位を記録。

2001年公開『アイリス』共演『ジュディ・デンチ』

イギリスの女性作家『アイリス・マードック』を演じる。

『第74回 アカデミー賞』助演女優賞(ノミネート)

『第59回 ゴールデングローブ賞』助演女優賞(ノミネート)

『第55回 英国アカデミー賞』助演女優賞(ノミネート)

2004年公開『エターナル・サンシャイン』共演『ジム・キャリー』

恋人と喧嘩をして、傷心した事を忘れる為、記憶消去の手術を受ける『クレメンタイン・クルシェンスキー』を演じる。

『第77回 アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)

『第62回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)(ノミネート)

『第58回 英国アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)

2006年公開『リトル・チルドレン』共演『ジェニファー・コネリー』

成功したビジネスマンの夫、3歳の娘と共に、ボストン郊外の閑静な住宅街ウッドワード・コートに、引っ越してきた専業主婦『サラ・ピアース』を演じる。

『第79回 アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)

『第64回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ドラマ部門)(ノミネート)

『第60回 英国アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)

2008年公開『愛を読むひと』共演『レイフ・ファインズ』

第二次世界大戦後のドイツ。

体調が優れず気分が悪かった、15歳のマイケルを偶然助ける、21歳年上の『ハンナ・シュミッツ』を演じる。

『第81回 アカデミー賞』主演女優賞

『第66回 ゴールデングローブ賞』助演女優賞

『第62回 英国アカデミー賞』主演女優賞

2008年公開『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』監督『サム・メンデス』

1950年代アメリカ。コネチカット州『レボリューショナリー・ロード』

夫フランクと、子供に恵まれ幸せに暮らす『エイプリル・ウィーラー』を演じる。

『第66回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ドラマ部門)

『第62回 英国アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)

2011年3月27日~4月10日放送、HBOドラマ・ミニシリーズ『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』

『第63回 エミー賞』主演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)

2015年公開『スティーブ・ジョブズ』監督『ダニー・ボイル』

1980年代、マッキントッシュ、ネクスト・キューブの開発チームメンバー『ジョアンナ・ホフマン』を演じる。

『第88回 アカデミー賞』助演女優賞(ノミネート)

『第73回 ゴールデングローブ賞』助演女優賞

『第73回 英国アカデミー賞』助演女優賞

『タイタニック』『ハムレット』『クイルズ』『ネバーランド』など、

コスチューム・プレイの作品が多い事から『コルセット・ケイト』(Corset Kate)と言うニックネームが名付けられる。

2012年、大英帝国勲章第三位『CBE』叙勲。

2014年現在、33歳で6回のアカデミー賞ノミネートは、最年少記録。

2014年3月17日『ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム』2520番目の星を獲得。


『シアーシャ・ローナン』経歴

1994年4月12日生まれ、アメリカ・ニューヨーク州・ニューヨーク市・ブロンクス区出身

両親は、共にアイルランド人。

父親は『ポール・ローナン』俳優。

3歳の時に、アイルランド・カーロウ県に、移住する。

9歳の時に、子役として俳優のキャリアがスタート。

アイルランドのテレビシリーズなどに出演。

2007年公開『つぐない』監督『ジョー・ライト』

小説家を夢見る13歳の『ブライオニー・タリス』を演じる。

13歳で、アカデミー助演女優賞にノミネート。

史上7番目の若さで、注目を集める。

『第80回 アカデミー賞』助演女優賞(ノミネート)

『第65回 ゴールデングローブ賞』助演女優賞(ノミネート)

『第61回 英国アカデミー賞』助演女優賞(ノミネート)

2009年公開『ラブリーボーン』監督『ピーター・ジャクソン』

主役に抜擢され、天真爛漫な性格『スージー・サーモン』を演じる。

『第63回 英国アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)

『第15回 放送映画批評家協会賞』主演女優賞(ノミネート)

『第15回 放送映画批評家協会賞』若手俳優賞

2015年公開『ブルックリン』監督『ジョン・クローリー』

アイルランドの田舎町から、ニューヨークへ就職する『エイリシュ・レイシー』を演じる。

『第88回 アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)

『第73回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ドラマ部門)(ノミネート)

『第69回 英国アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)

2016年3月(7月17日迄の限定上演)演出『イヴォ・ヴァン・ホーヴェ』作『アーサー・ミラー』『るつぼ』

邪悪な少女『アビゲイル・ウィリアムズ』を演じ、ブロードウェイ・デビュー。

2017年、人気シンガー『エド・シーラン』のミュージックビデオ『Galway Girl』

エドの恋人を演じて、話題になる。

2017年公開『レディ・バード』監督『グレタ・ガーウィグ』

カリフォルニア州サクラメントのカトリック系高校に通う『クリスティン・”レディ・バード”・マクファーソン』を演じる。

『第90回 アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)

『第75回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)

『第71回 英国アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)

2019年公開『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』監督『グレタ・ガーウィグ』

1860年代のマサチューセッツ州に暮らす、マーチ四姉妹の次女『ジョー・マーチ』を演じる。

ジェニファー・ローレンスに続き、史上2番目に若い、4度のアカデミー賞ノミネート女優。

『第92回 アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)

『第77回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ドラマ部門)(ノミネート)

『第73回 英国アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)

アイルランド・アカデミー賞(IFTA)には、10度ノミネートされ、9度受賞。

9度の受賞は、IFTA受賞者内最多となり、理事にも選出。

名実共に、アイルランドを代表する女優。

まとめ

映画『アンモナイトの目覚め』を、まとめてみました。

『2021年4月9日』TOHOシネマズシャンテほか全国順次ロードショーです!

主演『ケイト・ウィンスレット』『シアーシャ・ローナン』の演技を、堪能してください!

生涯独身で、47歳で亡くなった『メアリー・アニング』

歴史に隠された、古生物学者の心の痛みと恍惚を繊細かつ大胆に描く、美しきヒューマンドラマ作品です。

私を、見つけ出す。

読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)