Arc アーク(映画)ネタバレや原作あらすじ!不老不死を得た理由や芳根京子の演技力も調査

『私は世界に触れる』

主演『芳根京子』

共演『寺島しのぶ』『岡田将生』『倍賞千恵子』『風吹ジュン』『小林薫』

監督『石川慶』『愚行録』『蜜蜂と遠雷』待望の最新作!

世界的作家『ケン・リュウ』の原作『円弧(アーク)』実写映画化!

人類初、永遠の命を得た女性の物語!

死を抗い続ける人類は、不老不死を手にする!

すべての人に捧げる物語!

Arc アーク(映画)ネタバレや原作あらすじ!不老不死を得た理由や芳根京子の演技力も調査

紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

『Arc アーク』ネタバレ・原作あらすじ※ネタバレあり

17歳で生まれたばかりの息子と別れ、放浪生活を送っていた『リナ』

19歳で師となる『エマ』と出会う。

リナは、大手化粧品会社エターニティ社で『ボディワークス』という仕事に就く。

最愛の存在を亡くした人々の為に、遺体を生きていた姿のまま保存出来るように施術『プラスティネーション』するもので、悲しみを乗り越えたい人々からの依頼は絶えることがなかった。

一方、エマの弟で天才科学者の『天音』は、その技術を発展させ、姉と対立しながら『不老不死』の研究を進めていた。

30歳になったリナは、天音と共に『不老不死』の処置を受ける人類史上初の女性となり永遠の命を得た。

やがて、不老不死が当たり前となった世界は、人類を二分化していくこととなり、同時に混乱と変化を産み出していった。

果たして、不老不死が生み出した未来の先にリナが見たものとは・・・

原作『もののあはれ ケン・リュウ短篇傑作集2』所収『円弧(アーク)』

15歳の『リーナ』は、恋人『チャド』との子どもを、お腹に宿していた。

その後、チャドとは破局。

両親からも、出産を反対されていた。

リーナは、16歳で息子『チャーリー』を出産。

しかし、チャーリーを『愛おしい』と思えないリーナ。

両親の家から追い出され、チャーリーと2人の生活が始まる。

そこへ『ジェイムズ』という男性が現れる。

リーナは、ジェイムズの荒っぽさや自由さに惹かれていく。

チャーリーを両親の家の前に置き去りにし、リーナはジェイムズと車で放浪する日々を送る。

4年後。

ジェイムズは、リーナの元を去る。

リーナは、1人ぼっちになってしまう。

生きる希望を失い、路頭に迷うリーナ。

そんな時『ボディワークス』という会社の求人広告を発見。

リーナは、ボディワークスに入社する。

それから、10年以上が経過。

リーナは、防腐処理した遺体を立体造形に仕上げる『プラスティネーション』を担当。

アーティストとして、活躍していた。

『プラスティネーション』を依頼するのは、美術館や最愛の存在を亡くした人達。

チーフの『エマ』は、無口な女性だったが、リーナの才能を認めていた。

そんなエマも、自らの老いを認め、死者を生きているように見せる嘘に疲れたと言い引退。

エマが去ったことで、リーナはチーフに昇進。

リーナは、35歳になっていた。

ある日、生まれた日に亡くなった子どもを『プラスティネーション』して欲しいという依頼が舞い込む。

依頼主は、母親だった。

子どもの遺体を前にして、リーナは自分の息子のことを思い出す。

手が震えて、施術が出来なくなってしまう。

退職を決意したリーナの前に『ボディワークス』のオーナー『ジョン』が現れる。

リーナに、新たな事業のことを話す。

生きている人間の肉体を、健康で若いまま止める、不老不死を可能にする医療。

仕事から離れたリーナは、38歳にして大学に通い始める。

そして、不老不死の処置を受け、30歳の肉体を手に入れた。

ジョンとリーナは、互いに惹かれあい結婚。

ジョンは、リーナとの子どもを望んでいた。

無限の時間を持ったリーナは、子どもを持つことは、急がなくても良いことになる。

しかし、不老不死の処置を受けているはずのジョンが、急激に老い始める。

ジョンには遺伝子異常が有り、若返りの処置によって、老化を加速させてしまっていた。

あっという間に、ジョンは亡くなる。

リーナは、ジョンの遺体を10年以上掛けて『プラスティネーション』する。

ジョンの冷凍保存した精子を使って、リーナは、71歳で妊娠。

平穏を求めて海辺のバーへやって来たリーナに、50代半ばの男性が声を掛ける。

ナンパだと思い追い払おうとするが、リーナは、彼の手に見覚えがあった。

彼の手は、チャドが良くしていたポーズを取っていた。

リーナが幼い日に置き去りにした、息子のチャーリーだった。

リーナの両親に育てられたチャーリーは『母親は死んだ』と、聞かされていた。

12歳の時に、修学旅行で訪れた『ボディワークス』で、リーナを見かけ、母だと確信したチャーリー。

仕事が忙しくて、自分を置いて行ったんだろうと納得しようとしていた。

しかし、いつまで経っても、リーナが迎えに来る気配は無かった。

その後、リーナの両親は亡くなる。

チャーリーは、リーナを待つのを諦めて、存在を忘れる為に漁師の仕事を始める。

リーナのパートナーであるジョンの訃報を聞き、今ならリーナのことを許せるかもしれないと思い、会いにきたと語る。

50数年を経て、リーナはようやくチャーリーを見ることが出来た。

リーナの第2子であるキャシーのことを、チャーリーはとても可愛がった。

チャーリーは、若返りの処置を拒み、老いて亡くなる。

リーナは、チャーリーの体から、人生に充された香りを感じる。

100歳近くになって、リーナは再び恋をする。

相手は、不老不死を否定している青年『デイヴィット』

デイヴィッドは『死を意識することで、大事な選択をすることが出来る』と語る。

リーナは、ディヴィッドと共に老い、死んでいくことを選ぶ。

リーナの老いの記録は『ボディワークス』で記録。

興味を抱いた記者達が、連日リーナの元を訪れる。

不老不死が当たり前の世界で育った『キャシー』

リーナの選択を『死のない人生=変化のない人生』ではないと反対。

しかし、リーナの意思は、揺らぐことは無かった。

リーナは、皺だらけになった手で、同じく皺だらけのディヴィッドの手を握る・・・

監督・脚本石川慶
出身日本・愛知県・豊橋市
生年月日1977年6月20日
経歴『第39回 ヨコハマ映画祭』森田芳光メモリアル新人監督賞
『2017年 新藤兼人賞』銀賞
『第27回 日本映画プロフェッショナル大賞』新人監督賞
『愚行録』
『第41回 ヨコハマ映画祭』監督賞
『第74回 毎日映画コンクール』監督賞
『蜜蜂と遠雷』

主な監督作品
2017年『愚行録』
2019年『蜜蜂と遠雷』
2021年『Arc アーク』

監督『石川慶』コメント
不老不死をテーマにした物語は古今東西あれど、ケン・リュウが提示するテーマは全く新しいものでした。
そこにあるのはありきたりな不死への警笛ではなく、不死を得た新しいカラダに僕らの価値観がついていけるのかを強く問うてきます。
アンチエイジングが発達した今、ストップエイジングは必ずしも遠い未来の話ではないのです。
この大きなテーマを背負う主人公を、芳根京子さんがまさに体当たりで演じてくださいました。
役とともに本当に生きることができる芳根さんと、この映画を作れたことは自分にとって大きな幸運です。
他に寺島しのぶさん、岡田将生さん、倍賞千恵子さん、風吹ジュンさん、小林薫さんら名優たちが、一見荒唐無稽に見えるこの物語に大きな説得力を与えてくださいました。
ぜひ劇場まで足を運んでいただけたら幸いです。

Sponsored Links

『Arc アーク』キャスト

リナ『芳根京子』

   

名前芳根京子
出身日本・東京都
生年月日1997年2月28日
経歴『第1回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞』新人賞
『第86回 ザテレビジョン ドラマアカデミー賞』主演女優賞
『表参道高校合唱部!』
『第13回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞』助演女優賞
『高嶺の花』
『第42回 日本アカデミー賞』新人俳優賞
『累-かさね-』『散り椿』

主な出演作品
2014年『物置のピアノ』
2015年『幕が上がる』『向日葵の丘・1983年夏』『先輩と彼女』
2016年『64 -ロクヨン- 前編・後編』
2017年『心が叫びたがってるんだ。』『わさび』
2018年『累 -かさね-』『散り椿』
2019年『居眠り磐音』『今日も嫌がらせ弁当』
2020年『記憶屋 あなたを忘れない』
2021年『ファーストラヴ』『峠 最後のサムライ』『Arc アーク』

『芳根京子』コメント
はじめにこのお話を聞いた時、あまりの難役にどうして石川監督は私にリナを託してくださるのか、嬉しさもありましたが、疑問、不安、恐怖が大きく即答することが出来ませんでした。
お時間を頂き、正直に自分が思ってることをお伝えしました。
監督は真っ直ぐ向き合ってくださり、私の不安を取り除き、そして『最高のスタッフを集めました』と言ってくださいました。
監督から背中を押してもらい、この世界に飛び込ませてもらいたいと決意しました。
“生きている”ことに対して無意識、というか、当たり前、というか、それが日常になっていたものが、この作品と出逢って特別なものと思えるようになりました。
タイトルの“Arc”からも、人生の始まりと終わりは一直線上の対極ではなく、弧を描いた隣同士だと感じました。
もしも自分のこれからの人生の選択肢の中に“人生を終えない道”があるとしたら、自分はどういう選択をするだろうかと、この作品に出会わなければ出てこない発想・想像力をたくさん膨らまして、自分の人生をより一層濃いものにしてくれました。
観てくださった方も、自分の人生を今までとは少し違う角度の視点から感じられるような、新しい発見のきっかけになっていただけたら嬉しいです。
たくさんの方に届きますように。

エマ『寺島しのぶ』

   

名前寺島しのぶ
出身日本・東京都
生年月日1972年12月28日
経歴『第27回 日本アカデミー賞』主演女優賞
『第46回 ブルーリボン賞』主演女優賞
『赤目四十八瀧心中未遂』
『第16回 東京国際映画祭』最優秀女優賞
『第13回 日本映画プロフェッショナル大賞』主演女優賞
『ヴァイブレータ』
『第29回 日本アカデミー賞』助演女優賞(ノミネート)
『東京タワー』
『第31回 日本アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)
『愛の流刑地』
『第60回 ベルリン国際映画祭』銀熊賞(女優賞)
『第34回 日本アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)
『第53回 ブルーリボン賞』主演女優賞
『キャタピラー』
『第36回 日本アカデミー賞』助演女優賞(ノミネート)
『ヘルタースケルター』
『第33回 インディペンデント・スピリット賞』主演女優賞(ノミネート)
『オー・ルーシー!』

主な出演作品
2000年『シベリア超特急2』
2001年『DRUG』
2003年『ゲロッパ!』『赤目四十八瀧心中未遂』『ヴァイブレータ』
2004年『クイール』『機関車先生』
2005年『Tokyo Tower』『大停電の夜に』『男たちの大和/YAMATO』
2006年『単騎、千里を走る。』『やわらかい生活』『アキハバラ@DEEP』『待合室』
2007年『愛の流刑地』『茶々 天涯の貴妃』
2008年『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』『ハッピーフライト』
2009年『ラッシュライフ』『守護天使』
2010年『人間失格』『キャタピラー』
2012年『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』『ヘルタースケルター』
2013年『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』『千年の愉楽』『日本の悲劇』『R100』
2014年『蜩ノ記』
2016年『シェル・コレクター』『秋の理由』『ぼくのおじさん』
2017年『母 小林多喜二の母の物語』『幼な子われらに生まれ』
2018年『オー・ルーシー!』『のみとり侍』『止められるか、俺たちを』
2020年『さくら』
2021年『バイプレイヤーズ 〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら〜』
『Arc アーク』

『寺島しのぶ』コメント
台本を読んだ時、内容がよくわからないけれど全ては監督の頭の中にあるのだなと思いました。
私はそこに飛び込み、ただ身を委ねました。
不思議な作品になっていると思います。
永遠に生きるとは・・・。
そう遠くない未来、世界はそうなっているかもしれません。

天音『岡田将生』

   

名前岡田将生
出身日本・東京都・江戸川区
生年月日1989年8月15日
経歴『第33回 日本アカデミー賞』新人俳優賞
『ホノカアボーイ』『重力ピエロ』『僕の初恋をキミに捧ぐ』
『第52回 ブルーリボン賞』新人賞
『第34回 報知映画賞』新人賞
『第31回 ヨコハマ映画祭』最優秀新人賞
『ハルフウェイ』『ホノカアボーイ』『重力ピエロ』『僕の初恋をキミに捧ぐ』
『第34回 エランドール賞』新人賞
『魔法遣いに大切なこと』『ハルフウェイ』『ホノカアボーイ』『重力ピエロ』
『僕の初恋をキミに捧ぐ』

『第22回 日刊スポーツ映画大賞』新人賞
『重力ピエロ』『僕の初恋をキミに捧ぐ』
『第19回 日本映画批評家大賞』新人賞
『ホノカアボーイ』
『第34回 日本アカデミー賞』優秀助演男優賞
『告白』『悪人』

主な出演作品
2007年『アヒルと鴨のコインロッカー』『天然コケッコー』『ROBO☆ROCK』
2008年『ブラブラバンバン』『魔法遣いに大切なこと』
2009年『ハルフウェイ』『ホノカアボーイ』『重力ピエロ』『僕の初恋をキミに捧ぐ』
2010年『告白』『瞬 またたき』『悪人』『雷桜』
2011年『プリンセス・トヨトミ』『アントキノイノチ』
2012年『宇宙兄弟』『ひみつのアッコちゃん』
2013年『劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL』『謝罪の王様』
『潔く柔く』『四十九日のレシピ』
2014年『偉大なる、しゅららぼん』『オー!ファーザー』『想いのこし』
2015年『映画 ST 赤と白の捜査ファイル』『エイプリルフールズ』
『ストレイヤーズ・クロニクル』
2016年『秘密 THE TOP SECRET』『何者』
2017年『銀魂』『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』
2018年『伊藤くん A to E』『銀魂2 掟は破るためにこそある』『家族のはなし』
2019年『そらのレストラン』
2020年『星の子』
2021年『さんかく窓の外側は夜』『Arc アーク』『ドライブ・マイ・カー』『CUBE』

『岡田将生』コメント
後悔のないように必死に生きる姿は、やはり尊くそして綺麗でした。
生きること、死ぬこと。
命とは何か。
それくらい壮大なお話で、命がめぐるように僕たちもこの世界で必死に回っている感覚に陥りました。
多分僕はこの脚本、この映画の本質を今も100%は理解出来ていません。
この脚本を理解するのにとても苦労したことを覚えてます。
しかし、石川監督なら絶対大丈夫。
安心して身を任せられると思いました。
石川監督の演出はとても独特で、監督とキャストだけで何度もリハーサルをし、撮影の仕方も他の現場と異なる感じで、カメラの前にいることを忘れるほど集中して現場に立っていた感覚でした。

『風吹ジュン』コメント
『Arc アーク』は近未来のお話ですが、死生観を問うような面白い脚本でしたので、石川監督にお会いするのを楽しみにしておりました。
小林薫さんとの共演も・・・。
監督に“Arc“ってなんですか?って聞いたことがありました。
『弓のような形』と答えてくださいました。
でも見えているのはもしかしたらほんの一部で、大きな丸が隠れて居るのでは。
それはきっと亡くなっても、何かは続いていて円周を一回りしたら又“Arc”の線につながってる?
そんなイメージが湧いてきました。
見終えたときに幸せを受け取れる不思議な力がある作品です。

『小林薫』コメント
近未来の世界に不老不死。
どんな映画になるのか、どんな仕上がりになるのか、全く見当がつきませんでした。
ただワタシの役は自然に歳を取った老人でしたので、役にすんなり入ることができましたが、コロナがじんわりと広がりつつあった3月初頭の撮影で風邪をひいてしまいまして、ビビリましたね。
共演の風吹さんから濃縮のビタミンをいただきましたらこれでケロっと治りまして、ホント風吹さんには感謝しております。

Sponsored Links

『Arc アーク』不老不死を得た理由や芳根京子の演技力も調査

リーナが、不老不死を得た理由は『プラスティネーション』が、深く関わっています。

リーナは、若くして生んだ息子を愛することが出来ずに、捨てるようにして自らの自由を選択。

『ボディワークス』社で、師と仰ぐチーフ『エマ』の引退理由。

子どもの遺体を前にして、息子のことを思い出し、施術が出来なくなる。

『プラスティネーション』を通じ生死を考え、不老不死の処置を受けたのではないでしょうか。

2013年4月11日~6月20日放送、フジテレビ系ドラマ『ラスト♡シンデレラ』

『武内咲』役にて、16歳で女優デビュー。

『遠山桜』役で、主演を演じた『篠原涼子』(事務所の先輩)を、憧れの人として挙げています。

2014年9月27日公開、映画『物置のピアノ』

東日本大震災から1年が過ぎた、2012年、福島県の小さな田舎町の桃農家。

物置に置かれたピアノを巡って繰り広げられる、姉妹の葛藤や成長を描いたヒューマンドラマ映画。

福島・東京で行われたオーディションにて選ばれ、映画初出演・初主演。

2014年8月25日~9月27日放送(第22~26週)NHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』

『花子』(吉高由里子)の親友で『蓮子』(仲間由紀恵)の娘役『宮本富士子』役にて、朝ドラデビュー。

2015年2月28日公開、映画『幕が上がる』

『本広克行』監督の青春作品。

地方高校の弱小演劇部、1年生『袴田葵』役を演じる。

2015年7月17日~9月25日放送、TBS系ドラマ『表参道高校合唱部!』

原宿・表参道にある『表参道高等学校』が舞台の青春学園ドラマ。

1000人以上参加のキャストオーディションにて『香川真琴』役にて、ドラマ初主演。

本作での演技が評価され、各ドラマ賞を受賞。

『第1回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞』新人賞

『第86回 ザテレビジョン ドラマアカデミー賞』主演女優賞

2016年10月3日~2017年4月1日放送、NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』

2016年1月~2月に、ヒロイン・オーディションが開催。

4月6日、2261人の中からヒロイン『坂東すみれ』役に選ばれたと発表。

アパレルメーカーファミリア創業者の1人である『坂野惇子』がモデル。

昭和時代の兵庫県神戸市・大阪・近江などが舞台。

戦後、焼け跡の中で子ども服作りに邁進する姿を描いた作品。

19歳の時に、10代の少女から50代の祖母まで、ヒロインの半生を1人で演じています。

2018年1月15日~3月19日、フジテレビ系ドラマ『海月姫』

主人公、クラゲオタク女子『倉下月海』役にて、月9ドラマ初主演。

月海は、イラストレーターを志して、鹿児島から上京。

月海が住むのは、住人は全員腐女子で、風呂・トイレ共同、男子禁制の昭和レトロな外観のアパート『天水館』

2018年9月7日公開、映画『累 -かさね-』

『土屋太鳳』とのダブル主演で『淵累(丹沢ニナ)』役を演じる。

ヒロイン・累は、醜い顔でありながら卓越した演技力を持っていた。

口づけをした相手と顔と声を入れ替えることが出来る口紅の力を使い、他人の顔を奪いながら舞台女優として活躍していく姿を描いた作品。

『第18回 ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭』観客賞受賞。

本作と『散り椿』での演技が評価され『第42回 日本アカデミー賞』新人俳優賞受賞。

2つの性格・上手下手2つ芝居、異なる2人を演じる、芳根京子の表現力・存在感・演技力が鑑賞出来る作品です。

芳根京子は、キャストオーディションの合格を次々と勝ち取る実力者で『オーディション荒らし』の異名を取ると報じられています。

しかし本人は、そのことを強く否定しています。

『べっぴんさん』で、朝ドラヒロインの役を得るまでは、オーディションに受からない事が多く、

べっぴんさん以降も、落選したオーディションが有ったことを語っています。

『オーディション荒らし』報道の翌日に受けた『とと姉ちゃん』のオーディションは、一次審査で落選しています。

Sponsored Links

まとめ

映画『Arc アーク』を、まとめてみました。

『2021年6月25日』全国ロードショーです!

主演『芳根京子』の演技を、堪能してください!

17歳から100歳以上までを、芳根京子が熱演しています!

永遠の人生で彼女が見たもの

生と死・始まりと終わり。本作が描くアークの意味とは・・・

結末は、原作通りになるのか?是非、劇場で鑑賞下さい!

読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)