ハワイファイブオーシーズン1(19話)あらすじとネタバレ!もう1つの事件と間違われた被害者!

悲しくて切ない気持ちになった18話、果たしてダニーは気持ちを切り替えることができるのか、と親のような気持ちです。

それでもスティーヴやレイチェルに支えられて、きっとマットと会える日がくるといいな…

さて!そんな傷心ダニーたち、ファイブオーに新たな任務が!

何と今度の被害者は、スーパーヒーロー?!

Sponsored Links

ハワイファイブオーシーズン1(19話)あらすじとネタバレ!

人違いで殺された?

CIAの刑事が、スティーヴを訪ねてきて、父の事件の資料を全部よこせ、と言ってきた。

そして、日本のヤクザ・ヒロ・ノシムリの名も。

上から圧力がかかっているので、と考えたスティーヴは、その日の夜までに資料を用意しておく、といって、一旦帰らせる。

その日、あるホテルの窓から、スーパーヒーローのコスプレをした男性が落下し死亡。

多くのホテル利用者たちがそれを目撃する事件が起こる。

 

携帯には、コスプレをした女性の写真付きで、

「気をつけて、彼が狙っている」というメッセージが届いていた。

アレックスが泊まっていた部屋の、真上の階の部屋の窓ガラスが割れていて、アレックスはそこから落ちたことが分かる。

その女性を調べると、コスプレイベントに参加していることが分かるので会いに行く。

女性は、インターネットでアレックスと知り合って、今日初めて会うはずだった。

だが、女性の元夫のトレバーが彼女のメールを盗み見て、「アレックスに会うな」と逆上していた。

トレバーの居場所を突き止めると、トレバーはスティーヴとダニーを見るなり、逃走。

スティーヴが走って彼を捕まえるが、彼はツアーに参加していて、アリバイがあった。

チンとコノが捜査をしていると、被害者のアレックスは今朝泥酔していて、部屋を間違えて入室してきたのでは、と。

本来、1つ上の階に住んでいる者を探していた犯人が、間違えてアレックスを殺害したのだ。

現場に残されていた時計は、盗難届が出されたもので、そこの家の主人は、今夜出張で戻ってくる、とのこと。

CIA・ジェナは何者か

同時に、スティーヴは今朝やってきたCIAの調査員・ジェナについて調べていた。

調べてもらった結果、ジェナは現在休暇中で、仕事をしている期間ではなかったのに、やってきたことがわかる。

そして、ジェナが追っていた事件の対象者には、「ウォー・ファット」の文字が。

それは、ヒロ・ノシムリを逮捕したとき、一緒にゴルフ場にいて、不可解な笑みを浮かべた、あの男の名だった。

 

スティーヴはそれを見て、ジェナの滞在先を突き止め、押し入った。

私服姿でくつろぐジェナの部屋の壁には、事件の写真や地図が飾ってあった。

ジェナはヤクザについて調べていた。

スティーヴはジェナに

「出会いは最悪だったが、事件については俺も知りたい。

これからCIAの長官に電話して、ファイブオーとして全面的に支援したい、ということを伝える」

と言って、電話をかけ始めた。

コールしているスティーヴの後ろ姿に向かって、ジェナが大きな声で

「やめて!」と言った。

ジェナは分析官で、正式な事件でもないのに、ウォーファットを調べたくて、勝手に休暇中に捜査していたのだ。

スティーヴは、ジェナにウォーの情報を共有するように求めた。

ジェナが知っている情報では、ウォーは何年もCIAに追われているが、いつもあとちょっとのところで逃げられてしまう。

しかし数か月前、刑務所に入っているヘスの面会にきていたことが分かったので、ジェナが追いかけてきたのだった。

ヘスも、ヤクザも、ウォーの手下だった。

ジェナは、過去に武器の密輸の事件を調べていた時にウォーを知り、取引現場へ警察を派遣した。

だがそれは罠で、全員犠牲になってしまっていた。

ジェナの婚約者もそのなかにいて、警察の規則通り、事件から外されてしまい、休暇中に調べるほかなかったのだ。

スティーヴはジェナに資料を提供することに決め、自分は捜査に戻った。

ジョニーが盗ったもの

コノとダニーは、まず時計を盗んだ犯人・ジョニーを探すことに。

ジョニーは、ストリップクラブに何度も出入りしていたため、ストリッパーに成りすまして連絡をし、おびき寄せた。

そこへジョニ―がやってきて、ファイブオーによって確保。

犯人は本当ならば、このジョニーを殺すはずだったのだ。

犯人は、きっとジョニーが盗んだものが目当てなのかもしれない。

ジョニーの自宅で、盗品を見ていると、スノードームの中から、SDカードが見つかる。

SDカードには動画ファイルが1つ入っていて、過去に殺害されたリンジーという女性が映っていた。

それは事件の前にとられた動画で、うつっていた犯人が、証拠を取り戻そうと、ジョニーを殺そうとしていたのだ。

リンジーを殺したのは誰

リンジーの遺族に、写真を見せた。

それはリンジーの上司・リチャードだったのだ。

また、そのリチャードは、時計がなくなった、と盗難届を出していた人物でもあった。

彼はもう出張から、自宅に戻っているはずだ。

リチャードをファイブオーは連行するが、リチャードは「殺してない」と言い張る。

不倫を認めたが、撮影も殺害も否定。

すると、1つの事実が分かる。

それは、リチャードの妻・アンが、夫の不倫を撮影し、殺し屋を雇い、リンジーを殺害した、ということだった。

アンも殺し屋もファイブオーは確保し、事件をすべて吐かせた。

やはり、人違いで、殺害してしまったのだ。

現れたのはジェナじゃない

事件が収束し、ジェナを待つスティーヴ。

だがそこに現れたのは、ウォーだった。

ジェナが人質に取られていたため、スティーヴは手を出すことができない。

ウォーは

「私なら家族の過去はほじくらない。

嫌なものが出てくる」

と言って、立ち去った。

 

Sponsored Links

まとめ

宿敵ウォーが現れたけど、ジェナを人質にとられてしまい、撃つことが出来なかったスティーヴ!

ウォーはかなり頭がキレる相手っぽいですよね…

今回は逃げられてしまいましたが、今後まだスティーヴはウォーを追うことになるのでしょう。

ヘスが黒幕だと思っていたのに、そのうえにヤクザがいて、さらにその上がいるとは!

父の死でスティーヴが傷つくような情報があるのかも?

そして、不倫はやめろ。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)