24JAPAN|16話ネタバレ考察あらすじ!立花が記憶喪失に!潜入捜査でアレクシス林に忍び寄る!

立花の妊娠が判明するも、水石との不倫が立花にばれてしまい、不安な立花。

さらには、まだ暗殺者たちは、獅堂の家族を狙っているため、油断してはいられない!

暗殺計画の動機は7年前に行われた「夜のとばり作戦」

果たして彼らは、暗殺計画を死守することができるのだろうか?

「24JAPAN」16話ネタバレ考察あらすじ!

獅堂と朝倉が狙われた理由は、7年前に行われた「夜のとばり作戦」のせいだと気付く。

協力者としてその作戦の指揮をとっていた番場に、連絡をとっていた獅堂だが、何者かによって番場が殺害されてしまう。

しかし亡くなる直前に、番場は獅堂にあるデータを渡していた。

そこには、3人の殺し屋のデータが入っていた。

そのうちの1人、アレクシス・林は、夜のとばり作戦で死亡した、テロ組織のリーダーの息子だということも分かる。


まもなく朝倉は、スタッフの三保が、アレクシスと密会していることを突き止める。

獅堂はその裏をかいて、アレクシスの動向を追跡するが、それをCTUの本部長・鬼束が知り、指揮をとることになる。



水石によって事情聴取を受ける立花と美有。

しかしアレクシスによって、着々と2人への殺害準備が進められていた。

次々とSPたちは、アレクシスたちの仲間によって、殺害されていく。

そして獅堂はアレクシスの動向をうかがうため、スタッフだった三保をCTUに呼んだ。

鬼束と共に、三保に話を伺うことに。

獅堂はさっそく、アレクシスとの出会いを軽くきくと、監視をつけるので、アレクシスと会ってほしい、と頼む。

一度は断る三保だったが、情報を伝えてしまったことを後悔していた三保は、「やらせてください」と頼んできた。


動き出す車と脅された証拠

立花たちは、次々と忍び寄る敵によって、ついに隔離場所を逃げ出した。

だがその後ろを車に乗って、敵が追いかけてくる!

護衛していたはずの水石は、立花の気持ちを逆なでしてしまうことから、その場を離れ、CTUに戻ってきてしまっていたのだ。


敵が追ってこないか車を降りて、山道を見に行った立花。

車にひとり残された美有だったが、何と車が動き出してしまい、坂道の下に転落した車。

そして何と美有ののった車は、立花の前で火をあげ、燃えだしてしまう!

気付いた立花は、慌てて叫びながら車に駆け寄るが、火があがった衝撃で、倒れて気絶する。



カウンセラーが殺されたことで上州に話を聞きにいった、夕太。

そこで、自分にカウンセラー殺しの罪が、なすりつけられているかもしれない、と気づく。

上州は

「母親に見習って、この件から手をひけ」

と夕太を脅した。

上州はすぐにその場を去ったが、夕太はその会話を録音。

上州が自分を脅した会話を証拠にしたのだった。



爆破された車を見て、気を失った立花だったが、すぐに目を覚ました。

しかし、車のもとへは行かず、道を歩いていってしまう。

公道の横で、ぼーっと立っている立花を見かねた女性が、立花に声をかける。

「名前は?」

すると立花は、気の抜けたような声で

「分からない」

と答えて、ぼーっとしている。

女性は立花を車に乗せると、走り去ってしまった。

何と立花はあまりのショックで、記憶がなくなってしまい、美有のことを思い出せなかったのだ!



だが爆破された車に美有は乗っていなかった。

車が動き出してすぐに、車から飛び降りて、気絶していたのだ。

目を覚ました美有は、急いで立花を探すが、そこに、既に立花の姿はなかった。


まとめ

いくら立花に申し訳ないからって、勝手に帰ってきてしまった水石が怪しい~!

まだCTU内に内通者がいる、ということになっていますが、水石なのでは…?

アレクシスたちも立花と美有を狙っていますし、場所や管理体制を密告していてもおかしくありません。


そして、ここにきて立花の記憶喪失!

美有がなくなった、と思い込んでしまったショックなのでしょうか。

暗殺者たちに気付かれることなく逃亡できたのはよかったですが、美有がまたもや一人になってしまいました。

まだ暗殺者たちは美有たちを探しているので、見つかってもおかしくないですよね。

どうやって美有が彼らから逃げるのかも楽しみです!

また、次は潜入捜査で、アレクシスに近づく獅堂。

こちらも動きが楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)