ウチの娘は、彼氏が出来ない|3話あらすじとネタバレ!碧がゴンちゃんにフラれる?次の男は有名ミュージシャン?

長身でかっこいい整体師とデートすることになった、オタクの空はいったいどうなる?

そして同じように恋をしなければ、小説が書けない碧。

渉を空に譲ったら、碧は小説はどうなるのか?

新たな恋の出現が?

「ウチの娘は、彼氏が出来ない」3話あらすじとネタバレ!

初めてのデートにいった空だったが、渉の鼻から鼻毛が出ていたことで、最悪なデートとなる。

一方、ゴンはお見合い話を持ち掛けられていた。

その話を聞いた碧は、ゴンが結婚したら今までのような関係ではいられないことに気付き、ちょっとだけ複雑だった。

そんな碧を見かねて、小説のネタも欲しい担当の漱石は、ゴンとのデートを持ちかける。


そのころ光は元家庭教師の未羽との関係に悩んでいた。

未羽に片思いをしていたが、自分の学歴のことを未羽にも認めてもらえず、自分でも傷ついていた。


碧が色んな思いを抱えて、小説を書いていることを感じた空。

空の気持ちを汲んだ碧は、こう言った。

「誰かのために頑張れることは幸せだ」

その日の夜は、空と碧が小学生の時の思い出話をして眠りについた。



空は先日、光からもらったガチャガチャのおもちゃを、廃校になった小学校に行ったときに、落としてなくす。

それを謝ろうと、ゼミ終わりに光に話しかけた。

「謝りたいことがある」

普段人と交わろうとしない空が、いきなり光に話しかけたことで、光の周りにいた友人たちの空気が止まる。

隠している漫画やアニメの話かと、光は声が聞こえないように、空と友人たちのもとから離れた。


その日、おだやに、評判を聞いて甘いものを食べに来ていた、沙織が急に泣き出してしまう。

漱石とGPSのことで昨夜喧嘩になった、と泣き出した沙織の話を、俊一郎が聞く。

俊一郎に話を聞いてもらっていた沙織は、だんだん心が落ち着いてきた。

そして最後に

「抱きしめてもらってもいいですか、私の安定剤になって下さい。」

と言って、俊一郎にハグを求める。

言いくるめられて、俊一郎は何故かハグをしてしまい、その様子をゴンに見られる。




ゴンとデートに行った帰りに、碧は2人で小学校による。

そこは、ゴンと碧の卒業した小学校でもあった。

取り壊してマンションになる小学校で、碧はゴンにこういった。

「嫁に行くのやめませんか?」

結婚したら、この関係が崩れると思った碧が、ゴンに何とかかけた言葉だったが、言葉を間違えて言う。



だがゴンは、既にお見合いの話を進めており、

「ごめん」

という言葉で失恋の痛みを味わうことになる。



そして、光も未羽に別れを告げられていた。

自分の気持ちをしっかりと伝えることも出来ないまま、一方的に。

別れ話をされた帰りに、光は再び空が落としてしまったガチャガチャのおもちゃを手に入れようとしていた。

それはまるで運を引き寄せたいかのように。



おだやでバイトをしていた空は俊一郎に、写真を撮ってくれ、と頼まれた。

カメラを向けようとすると、俊一郎が撮ってほしかったのは、鼻毛。

何とそれは、接骨院に行ったときに見つけた「つけ鼻毛」だった。

それを聞いた空は、バイト終わりに急いで接骨院に向かう。

そして面と向かって渉に

「何でつけ鼻毛をつけてデートにきたんですか?」

と泣きそうな顔で聞いた。




一方、告白をしていないのに何故かふられた碧。

そこへやってきていたのは漱石。

漱石が言うには、碧の過去の作品を、ある有名歌手が主演となり、映画化が決まりそう、という報告だった。

そしてその歌手は、碧も知っていた。

碧は漱石にこう告げる。

「私この人と恋をして、ゴンを見返す!」

その顔には、失恋の痛みなど、微塵も感じられないほど、すがすがしい笑顔だった。


次の男は有名ミュージシャン?

次回、有名ミュージシャンで、碧の書いた小説を映画化するにあたり、主演を務める予定の男性!

「彼と恋をする!」

と宣言をした碧。

そんなミュージシャンを演じるのは、赤楚衛二さん。

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』や、『仮面ライダービルド』に出演していた俳優さんです。

2020年から、ドラマでゲスト出演することが多くなり、最近よく見る俳優さんですね。

今回はチャラそうなミュージシャン役ということもあり、いつもの好青年の雰囲気とは少し違う印象です。

果たしてそんなチャラそうな有名ミュージシャンと、碧は恋に落ちるのでしょうか?

まとめ

ゴンと恋をするかと思われていた碧でしたが、ゴンがお見合いすることになり、その話もなくなってしまいました。

渉とも、ゴンとも、恋が発展しなかった碧。

となると、ここはもう漱石で落ち着くのでしょうか?

そして漱石の恋人で、ストーカーのように漱石の後を追っていた沙織は、なぜか俊一郎を心の安定剤替わりにしようとしていました…。

俊一郎もマッチングアプリをしていたり、恋人を求めている様子を見ると、

碧と漱石がくっつき、俊一郎と沙織がくっつくのか…?

と考えてしまいます。

果たして、碧の恋の行方はどうなるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)