青のSP|3話ネタバレ考察と感想!指紋採取に先生たちは猛反対!窃盗とドラッグ混入の犯人は?

この学校は守る価値があるのか?と嶋田隆平(藤原竜也)は赤嶺中学校で起こる事件の犯人が中学生であろうと容赦なく逮捕していきます。

今回は校内で窃盗事件が発生!隆平は全校生徒と先生の全員の指紋をとります。そんな中、突然、奇行をとる生徒が現れてドラッグの疑い。

隆平は1年前に自殺した音楽の先生・小川香里(明日海りお)の死の真相にも疑問を持っていて、多くの事件が渦巻く赤嶺中学校で、今回も隆平は犯人を見つけ出します。

青のSP3話ネタバレ

指紋採取に先生たちは猛反対!

夜の学校で何者かが備品を盗みます。

朝、職員室ではパソコンやその周辺機器が盗まれて騒ぎになり、水野楓先生(山口沙弥加)がフリマで出品されていることに気づきます。

隆平は犯人は校内の者だと断言し、フリマに記載があった出品者の住所をネットで調べると空き地になっています。

隆平は3年の副担任になったばかりの柴田透先生(泉澤祐希)のスマホで出品物を購入します。

楓は廊下を歩きながら涼子(真木よう子)にこの学校がここまで問題を抱えているとは思わなかったとこぼします。

隆平は柴田から出品物が発送されたことを聞くと、全生徒と先生の指紋を採取すると言いますが、先生たちは猛反対します。

しかし、木島校長(高橋克実)が先生たちを強引に説得して指紋採取が始まります。反抗する生徒もいますが、そんな生徒には隆平が強引に指紋をとらせます。

そんな中、3年3組の教室では突然、生徒の仲村紀明(藤本哉汰)が笑い出して、服を脱ぎながら廊下を走り、泡を吹いて倒れます。

隆平が駆けつけて、仲村の様子からドラックだと考えます。

隆平は病院で担任の阿部裕亮(音尾琢真)先生に仲村がドラッグを使用していると忠告しますが、阿部には信じがたい。

その頃、学校では仲村と同じサッカー部の後輩が同じ症状で倒れます。

隆平は病院のベッドで目を覚ました仲村にドラッグについて聞きますが、仲村には身に覚えがありません。

職員室ではサッカー部にドラッグが蔓延しているのか?と議論になります。木島校長はサッカー部を活動停止にして、この件が外に漏れないように先生たちにくぎを刺します。

しかし、生徒の間ではサッカー部がドラッグを使用していたと噂になります。

隆平がサッカー部の部室を調べていると、涼子がやってきます。倒れた3人は仲村の水筒を回し飲みしていた。

隆平は何者かがサッカー部の活動を停止させるために、仲村の水筒にドラッグを仕込んだと考えます。

隆平はサッカー部に恨みを持つ者を生徒の真田一樹(中川翼)と三村翔子(吉柳咲良)に調べるように頼みます。

窃盗とドラッグ混入の犯人は?

夜、麺飯食堂「王様の味」で涼子は柴田、楓とラーメンを食べながら窃盗とドラッグの件で頭がパニックになっているとこぼします。

一方、隆平は三枝弘樹(山田裕貴)に仲村の水筒を調べるようにいつものように強引に頼みます。

隆平は三村と真田から怪しげな生徒を聞き出します。

三村は角田が怪しいと報告しますが、真田は元サッカー部の佐々木が怪しいと報告します。佐々木は練習中に仲村のスライディングでケガをして部活を辞め、仲村が代わりにレギュラーになっていた。

出品物が職員室に届くと隆平は指紋の採取を始めます。隆平は角田と佐々木の指紋を持ってくるように先生たちに言いますが、角田の指紋は不一致。

佐々木の指紋は仲村の騒動で採取できなかったので、隆平が教室に行きますが、佐々木は逃げ出します。

隆平は佐々木のノートから指紋を採取すると出品物にあった指紋と一致します。涼子は佐々木を擁護しますが、隆平は容赦なく佐々木を犯人扱いします。

弘樹の調べでは水筒には南米で流行っているドラッグ・スノーシャワーが付着していました。隆平は弘樹に組対(組織犯罪対策部)が目を付けいてる人を教えるように無言の圧力をかけます。

佐々木は息を切らしながら高山スポーツ店の前に着きます。高山スポーツ店には佐々木が慕うサッカー部のOBの高山先輩がいます。

涼子が佐々木の親からその話を聞くと、涼子も高山スポーツ店に行きます。

涼子は店で不審な客が来て、ドラッグに気づきますが、涼子にバレたことに気づいた高山は涼子にどこまで知っているか詰め寄ります。

そこへ隆平が現れ、高山を取り押さえます。隆平は店内を探し、サッカーボールを破って中からドラッグを取り出します。

隆平は店高山から薬を売った者のリストを手に入れます。

夜、隆平と涼子がバドミントン部の部室にいくと、ドラッグを水筒に入れようとしていた生徒の長田彩花(豊嶋花)を見つけます。

長田は佐々木の恨みを晴らすために仲村の水筒にドラッグを入れ、隆平は佐々木のノートに書かれた、別の人の字(長田の字)が怪しいと考えていた。

長田が佐々木のためにやったと話すと、隆平は大きく笑い飛ばします。

実は、長田は佐々木にフラれて、ストーカーになっていた。

長田は佐々木が慕っている高山に目を付け、高山がドラッグを扱っていることを知り、佐々木に振り向いてもらうためにドラッグでサッカー部に復讐しようとしていた。

長田が佐々木に振り向いてもらえないなら死んだほうがましだと開き直ると、隆平は長田の額に拳銃を突き付け、「死んだら全部終わりだろう!」と叫びます。

長田は恐怖で泣き崩れ、そばにいた涼子も急な出来事に腰砕けになります。

職員室では木島校長が長田の事を他でしゃべらないように先生たちに言い、佐々木もムシャクシャして窃盗をしてしまったと素直に謝ります。

涼子は何もできなかった自分に無力感を感じ涙を流します。

音楽室で、隆平は奈良橋英里(長澤樹)から1年前小川香里が転落事故で亡くなる前、「ピアノの音が揺れていた、先生を殺したのは私」と告げられます。

青のSP3話感想

ドラッグか・・・。マジでヤバイ!赤嶺中学校はどんな学校やねん?と思うぐらいに事件が発生しています。

犯人は佐々木かと思っていたのですが、騙されました!真犯人はかなりの変化球でやってきました。

隆平は変化に惑わされることなく犯人逮捕!

私は「こりゃ、スクールポリスいるわ。先生じゃ無理!」と心の中で叫んでいました。

1年前の音楽教師・小川里香の死の真相が隆平が赤嶺中学校に来た理由に関係あるのかも?

小川先生の死と日々起きる事件が錯綜しながらの展開にハマってます。

おまけに、先生と警察の立場の違いが見事なスパイスになってます!

青のSP3話のネットの反応

ネットの感想もいろんな角度からの感想があって面白いですね。隆平は「ライオンになりたかった」ってこれ好きです。

緊張感の中にとんでもないボケが入っているのが凄いです!ボケても、だれも突っ込めない隆平の迫力がいい!

青のSP3話まとめ

今回はマジにやばい!中学生がドラッグ、隆平が銃口を生徒の額に当てる!話が進むほどに犯罪や隆平の行動がエスカレートしているように思います。

涼子が先生としての無力さを感じる一方、隆平は力強く鋭い視線で事件の真相を暴いていく!

次回は何が起きるのか、だれが捕まるのか注目です!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)