それでも僕らは走り続ける(Netflix)12話ネタバレあらすじ!イエジュンの好きな人は?ソンギョムとミジュが別れる?

11話でソンギョムはミジュを誘ってマラソン大会に出場しようとします。

一方ダナはヨンファと改めて絵の契約を交わします。

私が好きなの?尋ねられたヨンファはダナに好きだったと過去形で答えます。

そんなヨンファにダナは諦めないでとキスします。

「それでも僕らは走り続ける」12話ネタバレあらすじは?

ヨンファの返事を待つダナは?

ダナはそうみたい、描いたのがあなただからと言います。

これにヨンファは決断したことを覆せと、あきらめた僕に惹かれたんでしょうと泣きます。

そして俺を弄ばないでくれと帰ろうとします。

ダナは帰ろうとするヨンファを引き止めます。

2人はチキン屋で食事をします。

ダナは返事を聞くまで眠れないとヨンファに言います。

しかしヨンファはそうですかと帰ろうとします。

そしてドライブに行きたいと言います。

ソンギョムはウシクと一緒に清掃のバイトをします。

そしてそのあと一緒に練習をします。

ダナはヨンファを家まで送ります。

そして返事を聞かせてと言います。

ヨンファは僕が諦めなかったらどうなるんですか?答えを待ってます、僕は代表が何をしようと嫌いになれませんとその場を去ります。

ダナはそんなヨンファを見つめます。

そこへソンギョムが帰ってきます。

ソンギョムはヨンファと住んでいるとダナに話します。

1人で飲んでいるダナのもとへテウンがやってきます。

そして美術館をあげようかと言います。

ダナはいつか私の味方をして、重要な時に味方して欲しいのと話します。

ミジュはマラソン大会に向けて練習をします。

ソンギョムはウシクとの練習を続けます。

そこにヨンイルがやってきます。

ミジュの元にソンギョムの姉のウンビがやってきます。

ウンビは父親であるキ議員がソンギョムを監視していると言います。

そしてミジュとソンギョムの関係を知っていることを伝えます。

ダナはヨンファに電話します。

ヨンファは誰ですかと尋ねます。

ダナは私の番号を登録してたのにと言います。

ヨンファは削除させられたのでと言い、先日の答えは?と尋ねます。

選択式なら当たるかも、会って話そうというダナにヨンファはいま会うと僕が不利です、別の日にと冷たく答えます。

しかしヨンファは友人のイエジュンの前では明るく振る舞います。

イエジュンは機嫌良く帰るヨンファの姿を見つめます。

そしてその姿をダナは離れたところで見ていました。

ミジュの元に訪れるキ議員

ミジュはソンギョムから食事に誘われますが、断ります。

ダナはヨンファと会います。

忙しいのにきてくれて嬉しいというヨンファにダナは来なきゃよかった私ばかり必死でと答えます。

そしてあなたの絵を見ると会いたくなるのというダナをヨンファは抱きしめます。

ソンギョムはウンビが父親の接待に付き合わされていることをダナから聞かされます。

それを聞いたソンギョムはウンビの元に行きます。

そして僕たちを巻き込まないでくれとウンビの手を取りその場を去ります。

しかしウンビはほっといてと怒ります。

ソンギョムは僕のせいで気の毒だ、何度も助けてくれた、だから僕も助けると言います。

その夜ミジュの元へキ議員がやってきます。

そしてソンギョムと交際しているのか、息子をダメにしているとミジュを責めます。

ミジュはまた来たら警察に通報しますと家に入ります。

家に入ったミジュは泣きます。

ソンギョムはキ議員の元を訪れます。

キ議員は私は愛する息子には手を出さない、だがこのまま道を外れるつもりならあの女を痛い目に合わせると怒鳴ります。

ソンギョムは間違えないであの人は僕の強みなんだと答えます。

その後ソンギョムはミジュの元へ行きます。

謝るソンギョムにミジュは私は自分が大事なのだから諦めると言います。

「それでも僕らは走り続ける」12話感想は?

ダナとヨンファが結ばれました。

抱き合う2人は可愛すぎました。

しかしその一方でソンギョムとミジュの間が微妙なことになります。

このまま本当に別れてしまうのでしょうか。

またヨンファの友人のイエジュンが気になります。

ダナと上手くいきそうなヨンファを切ない目で見つめていました。

もしかしてイエジュンの好きな人はヨンファなんでしょうか。

まとめ

ここまで「それでも僕らは走り続ける」12話をお送りしました。

次回本当に2人は別れてしまうんでしょうか。

続きが気になります!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)