24JAPAN|14話ネタバレ考察あらすじ!麗は移動中に襲われる?獅堂と麗がご対面?

2クールにわたって、リアルタイムに進むストーリーを追いかける「24 JAPAN」

原作は全世界で人気になったというだけあって、注目度の高い作品です。

ついに獅堂は妻子と再会が出来ましたが、日本初の女性総理候補・朝倉の暗殺計画はまだ終わっていない!

そして新たに現れた刺客とは?

「24JAPAN」14話ネタバレ考察あらすじ!

獅堂はついに、立花と美有と再会を果たす。

病院に2人を送ると、自身は取り調べを受けるためにCTUに残るが、まだ気持ちは落ち着かない。

水石に、立花と美有を見に行くように頼む。

「病院に行く」とは言えない水石は、一旦家に帰らせてほしい、と班長に伝えるが、部下をつけるといわれたので、本当のことを伝える。

すると嫌な顔をした小畑だったが、最終的にはそれを許し、水石の仕事を南条に引き継ぐよう指示する。


カウンセラーの葵が死んだことを夕太には伝えないでおこうと思った朝倉だったが、秘書が漏らしてしまう。

「火事があって、先生は亡くなった」

と朝倉の口から伝えると、夕太は呆然として泣きそうな顔をする。

そしてそのあと

「本当に事故なの?殺されたんじゃないの?

もしそうだったら、僕が原因ってことだろ?」

と動揺しだす。

続けて

「それは…日奈の事件の日に起きたことを、僕が打ち明けたからだ。

このタイミングで先生が死んだなんて、普通じゃない。

警察に話す。」

と言って、部屋を出ていこうとするが、朝倉は止めた。

「先生は僕の恩人なんだ。

先生がいなかったら、僕は立ち直ることが出来なかった。」

そう続ける夕太だったが、朝倉はさらに止めた。

「まだ行ってはだめなの。時間を頂戴。

こうするのがあなたのためなの。」

そういった朝倉は、ゆっくりと夕太に近寄って、優しく抱きしめた。



病院に様子を見に行った水石は、立花と美有の病室を訪ねる。

するとそこには、警察を名乗る男性が1人いた。

「事情を聴きたい」

と言って、病室にいたが、立花たちは病室を変更になっていた。

水石が病室を訪ねた後、その男性を探しに行くが、既に男性の姿はそこにはなかった。

水石はその時、獅堂の言っていた「胸騒ぎ」の原因が分かった気がした。

彼らはまだ、立花と美有の命をあきらめてはいなかったのだ。



CTU内にスパイはまだいる?

新本部長によって取り調べを受けていた獅堂だったが、警察に引き渡されることになる。

だが、その時水石からの電話がかかってくる。

水石は、

「もしかしたら、CTUのスパイは菫以外にもいるのかも。

病院に怪しい人がいたの。」

といった。

それを聞いても、獅堂にできることはなく、南条と一緒に対処してほしい、と返すほかない。



一方、獅堂によって暗殺計画が止められたと思われていた朝倉だったが、新たな刺客が朝倉を狙っていた。

その情報はCTUの南条によって判明し、すぐに新班長の小畑にそれを伝える。

だが小畑は「朝倉を避難させるべきだ」という南条の助言を無視する。

秘書からもらった獅堂の情報を見ていた朝倉のもとに、「CTU」と名乗る人から連絡が入る。

電話が終わった朝倉は、

「命を狙われる可能性があるから、本部を移動する」

とスタッフたちに伝える。

朝食会のようなことが、ここにいては起きるかもしれないので、移動したほうがいい、という電話だったというのだ。



朝倉は獅堂の情報を再びしっかりと確認すると、7年前の事件の件で、獅堂が朝倉を逆恨みしているのではないか、と推測する。

その頃、怪しい男が現れた病院では、水石が立花と美有を逃がそうと急いでいた。

怪しい男はきっとまだ病院内部にいると推察した水石は、車で2人を連れて、走り去った。

それを窓から見ていたのは、あの怪しい男。

男は電話を手にとると、「いま出た」と誰かに報告していた。



そして朝倉も、本部を移動させることと並行して、SPを連れて、CTUにやっていたのだ。

朝倉はいまだに獅堂が、自分の命を狙っていると考え、直接獅堂に会いに来たのだった。

まとめ

ついに獅堂と朝倉が対面するときが!

朝倉はいまだに獅堂が自分の命を狙っている、と思っていますが、実際に狙っているのは他の人。

ですが、CTUから電話が来たことで移動するのは危険だと感じたのでしょうか?

獅堂の息がかかった部下たちの判断のもと、移動をしたほうがいい、と言われているのだとしたら、普通は怪しみますよね。

それを確かめるためにも、CTUにきた雰囲気ではなさそう。


そして、3人目のスパイ・アレクシスは今回これといった出番はなかったですね!

今後は、さらに出番が増えて、朝倉の命を狙ってくるのを期待しましょう!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)