美しかった私たちへ(Netflix)6話ネタバレあらすじや考察!ついにホンがソリに想いを伝える!?三角関係が切なすぎる!

5話でソリは演劇祭のグループにホンを誘います。

しかし人数が足りないということでホンはヒジのグループに入ります。

演劇祭当日ソリはひょんなことから制服を汚してしまいます。

そんなソリにホンはジャージを持っていくとソリはすでにデソンの服を着ていました。

ホンはソリに救いようがないと言います。

「美しかった私たちへ」6話ネタバレあらすじは?

ホンに救いようがないと言われたソリは落ち込みます。

ソリは部屋に閉じこもり泣いて週末を過ごします。

ホンはその時を思い出しため息をつきます。

翌日学校に行ったソリはホンに顔を合わせられないでいました。

ソリはクラスでセヒョンに演劇祭のことをからかわれます。

そんなソリをデソンはかばいます。れ

そしてデソンはソリに困った時な俺に言えと言います。

これをホンは複雑な表情で見ます。

その他ジンファンはハヨンもクラスメイトにからかわれるソリをかばいます。

しかしソリは教室を出て行きます。

図書室へ行ったソリはクラスメイトに声をかけられます。

しかしその席にはホンがいました。

ソリは仕方なくホンの隣に座ります。

ホンはソリを気にして、問題の間違いを教えようとします。

ソリはそんなホンに答えを見るから気にしないでと冷たい態度をとります。

そんな時クラスメイトがソリに本当に好きな人はいないの?と尋ねます。

ソリはそんなのいない、教室に戻ると答えます。

学校からの帰り道ホンはソリを気にしながら帰ります。

ホンが家に帰ると母親と弟が帰ってきていました。

その夜ホンはソリにメールしようとしますが、することができません。

一方ソリは両親から話があると言われます。

両親は先生からソリが勉強に集中できていないと連絡があったと話します。

母親は悩んでいるなら言って欲しいと言います。

これにソリは転校したいと答えます。

翌日登校するソリにデソンが声をかけます。

デソンは具合が悪い?とソリを気遣います。

そんなデソンにソリは私が転校したらどう思うと尋ねます。

驚くデソンにソリは冗談だと答えます。

デソンはそんなソリにサプライズを用意します。

プールに呼び出されたソリなデソンと楽しく遊びます。

しかしそれを監督に見つかってしまいます。

デソンは監督に怒られて罰を受けます。

ホンは家でソリの母親がソリが転校したがっていることを母親に話しているのを聞きます。

そのことをメールしようとしますが、出来ませんでした。

学校でソリは担任に呼ばれます。

ホンはソリの両親も学校に来ていることをしります。

そしてジンファンたちにソリが転校するかもと伝えます。

転校の相談をしに来た両親に担任はソリは友達に恵まれている、新しい学校に行けば慣れるのに苦労しそうで心配ですと話します。

その時職員室にホンがやってきます。

国語の課題を取りにきたというホンにある先生が1人では無理だからソリに手伝うように言います。

2人で課題を運んでいる時、ホンがソリの方に振り返ります。

そしてソリに行くなと言います。

「美しかった私たちへ」6話感想は?

ラストのホンの「行くな」は胸キュンでしたね!

ソリの行動にやきもきするホンは可愛すぎました。

そしてデソンの優しさにも涙です。

このままソリはデソンの想いに気づかないままなんでしょうか。

それはそれで切なすぎます。

まとめ

ここまで「美しかった私たちへ」6話をお送りしました。

次回はソリたちが旅行に行くようです。

そんな展開になるのか楽しみです!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)