私は確信する(映画)ネタバレやあらすじ!海外の反応や評判は?キャスト一覧も!

一夜にして忽然と姿を消した妻の殺害容疑をかけられた夫は、裁判にかけられた。

疑惑だらけの証人たち、嘘をついているのは誰なのか? でも、私は彼の無実を確信する!

映画『私は確信する』は、フランス全土で議論を巻き起こした話題のサスペンス裁判劇です。

実際の未解決事件を映画化!

2000年2月、フランス南西部トゥールーズに住む38歳のスザンヌ・ヴィギエは3人の子供たちを残して忽然と姿を消した・・・。

その後、殺害されたと思われる数々の証言や疑惑によって夫である大学教授のジャックに殺人容疑がかけられ、彼の殺人罪を問う裁判が始まる。

本当に殺されたのかも判然としない”殺人事件”をめぐる裁判は、フランス中の注目を集め様々な物議を醸し出しました。

ジャックは妻殺害の容疑で第一審では無罪となるが、すぐに検察に控訴され翌年の第二審で再び裁判が行われました。

本作は、2000年にフランスで実際に起こった失踪事件” ヴィギエ事件“をモチーフに、遺体・証拠・そして動機もないことから彼の冤罪を確信した一人のシングルマザーが敏腕弁護士とタッグを組み、事件の真実を探る姿が描かれます。

映画は裁判と事件の調査が同時進行で描かれ、リアルで緊迫感溢れるストーリー展開となっています。

あらすじ

3人の子供たちを残して、母親のスザンヌ・ヴィギエは忽然と姿を消した。

夫である法学部教授のジャックに殺人容疑がかけられるが明確な動機がなく、決め手となる証拠は見つからない。

センセーショナルな報道が過熱するなか、ジャックの殺人罪を問う裁判が始まる。

彼の無実を確信するシングルマザーのノラは、敏腕弁護士デュポン=モレッティに事件の弁護を懇願し、そして自らアシスタントとなり真実を探すことになる。

ノラはヴィギエの家族でもないが、自分の息子の家庭教師であったヴィギエの娘との縁で動いたのだったが、事件の真実を探りはじめるとその事件にのめり込んでいくのだった。

スザンヌは、本当に夫に殺害されたのだろうか? 

ベビーシッターや刑事、愛人たちの食い違う証言で事件の真相は混迷を究めていく。

その後ノラは250時間の通話記録を調べるうちに、新たな真実と疑惑に気付く・・・。

裁判の内外で繰り広げられる人間模様・・・果たして、事件の真相とは?

Sponsored Links

キャスト

実在の敏腕弁護士デュポン=モレッティに、『息子のまなざし』などで知られるフランスの名優オリヴィエ・グルメ。
ヒロインのノラ役には、フランスではコメディエンヌとしても人気の高い演技派マリーナ・フォイス。

他にも、ローラン・リュカ、フィリップ・ウシャン、インディア・ヘアなど芸達者な俳優人が顔を揃えています。

オリヴィエ・グルメ

オリヴィエ・グルメはヨーロッパを代表する名優として知られ、1996年にダルデンヌ兄弟の『イゴールの約束』で映画デビューし、以降は数多くの監督作に出演しました。
2002年には『息子のまなざし』では初主演を飾り、カンヌ国際映画祭男優賞を受賞。

また近年では、黒沢清監督の『ダゲレオタイプの女』で、写真家ステファン役を怪演。

マリーナ・フォイス

主人公のノラを演じるのは、コメディグループも結成しコメディエンヌとしても人気の高い演技派マリーナ・フォイスが、シリアスな演技を披露しています。
近年でも夫婦の離婚を描いたコメディ「Papa ou Maman」は、フランス国内で大ヒットを記録しました。

監督:アントワーヌ・ランボー

今作で長編デビュー作となるアントワーヌ監督は、映画の編集に携わりながら監督としても短編映画を製作し、国内の数々の映画祭でも賞を獲得!

実際の裁判からヒントを得て構想を練った本作は小規模ながら口コミでひろがり、フランス国内で40万人上の観客動員数に達しました。

海外の反応や評判は?

本国フランスでは「息をのむ展開に目が離せないサスペンス」(マリアンヌ誌)、「裁判映画の傑作」(プレミア誌)と、多くのメディアや辛口の批評家も絶賛しています。

映画レビューのコメントでも、「正に映画的なクーデター」、「マリーナ・フォイスを演じるノラの熱狂的な決意の力強さが凄まじい」、「アントワーヌ監督は長編デビュー作を一流のサスペンスに仕上げた」等の数々の好評価が寄せられています。

特に法廷劇としての裁判シーンが劇的で、見ごたえ十分の作品に仕上がっています。

Sponsored Links

映画『私は確信する』まとめ

完全犯罪か、それとも冤罪か? “嘘”をついているのは誰なのか?

失踪事件を巡りねじれた裁判の行方は、一体どうなるのか・・・。

フランス映画『私は確信する』は、フランス全土の関心を集めた未解決事件を完全映画化!
スリリングな臨場感に満ちた、法廷のバトルが繰り広げられます。

映画『私は確信する』2021年2月12日(金)より公開予定

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)