美しかった私たちへ(Netflix)4話ネタバレあらすじや考察!ハヨンが好きなのは?ジンファンとハヨンも三角関係に?

3話でソリは学級委員に立候補します。

デソンは応援しますが、ホンはありえないと言いソリに投票しませんでした。

ソリは結局、委員長にはなれず副委員長になります。

ある日ソリはクラスの集金をなくしてしまいます。

ホンはそんなソリに冷たい態度をとりますが、その集金を取り戻してくれます。

「美しかった私たちへ」4話ネタバレあらすじは?

ソリはホンの誕生日にプレゼントを買いたいのにお金がなくて悩んでいました。

ハヨンはお父さんのプレゼントが買えないと悩んでいます。

そんな時セヒョンがスポーツ大会の優勝賞金が150万ウォンだという情報を持ってきます。

1人5万ウォンもらえると聞いてソリたちは張り切ります。

ソリはハヨンたちと障害物競争に出場することにします。

しかし最終走者のソリはハードルが上手く飛ぶことができません。

デソンが教えると言いますが、上手く出来ません。

ソリとデソンは図書館に行きます。

デソンはハードルに関する本を読みます。

その時ホンが図書館にやってきます。

ソリはハードルが得意なホンに教えてほしいと言いますが断られます。

ソリはデソンとハードルの練習をします。

ジンファンはハヨンの練習に付き合います。

しかしハヨンはセヒョンのせいで足首をひねってケガしてしまいます。

その夜ソリはホンに電話します。

そして今日起きた出来事を話します。

翌日ソリの練習をホンも見学します。

そんなホンにハヨンはソリがホンの誕生日プレゼントを買うために頑張っていることを伝えます。

ホンは練習するソリの元に行きます。

一方、デソンは監督に水泳に集中していないと怒られます。

スポーツ大会当日、障害物競争に出場することソリにホンはリラックスする様に声をかけます。

最終走者のソリは着ぐるみのクマに応援されながら走ります。

そして一位になります。

ソリは着ぐるみのクマにお礼を言います。

実はそのクマはデソンでした。

しかしソリはそのことに気づきませんでした。

ソリのクラスは優勝しますが、賞金は150万ウォンではなく15万ウォンの間違いでした。

プレゼントが買えないとソリは嘆きます。

その時ハヨンは外国にいく父親に会いにいくと言います。

まだ帰宅の時間ではないため先生に捕まってしまうとハヨンは止められますが、今会わないとしばらく会えないと言います。

これにホンが保健室の裏の門を超えろと答えます。

ソリたちはハヨンを裏門から逃がします。

その時先生に見つかってしまいますが、ジンファンが先生を止めます。

なんとか門を超えたハヨンの目の前に保健の先生が現れます。

怒られるとハヨンは身構えますが、保健の先生は捕まるなよと優しくハヨンに言います。

「美しかった私たちへ」4話感想は?

今回のホンはデレが多めでした。

ソリを見て微笑むホンは可愛すぎます。

またハヨンは保健の先生が気になるみたいです。

まさかのジンファンとハヨンも三角関係になるのでしょうか!

まとめ

ここまで「美しかった私たちへ」4話をお送りします。

新たな三角関係も生まれてますます次回が楽しみです!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)